ベンガルのいとこ煮?

July 02 [Mon], 2012, 17:04
昨日作ったおかずが残っているけれど、少し足りない気がしたので、お昼にベンガル料理を1品作り足してみました。
今日試作したのは、じゃがいもかぼちゃいんげん豆のドライカレーアルクムロビネールトルカリ。
昨日に引き続き、ビジョンムカルジーさんのレシピで作りました。
和食にも、豆腐と油揚げを炊き合わせて夫婦炊きとか、かぼちゃとあずきを炊き合わせていとこ煮なんて、似たもの同士の煮物がありますが、これまた、こんな組み合わせよく考えたねと感心する組み合わせ。
じゃがいもとかぼちゃは小口切りと指定されていたので、1cm角くらいに切ってみました。
最近ポリヤルやサブジを作る時にも思うことなのですが、野菜の大きwaiwa jpさは手食で食べやすい大きさが良いんだろうなって。
スターターは青唐辛子も一緒に炒めるように指示されているけど、ホールスパイスの水気が飛んでからの方がよいと思ったので、青唐辛子は後から入れました。
煮込み時間は25分ほどと指定されているのでその通りに蒸し煮してみたけれど、かぼちゃの方が先に煮崩れて、汁気がほとんどない状態になり、レシピの写真とは少し違うできあがりになりましたそれでも美味しかったですが。
写真のイメージで作りたかったら、かぼちゃは後から投入して、じゃがいもに火が通ったらレシピよりたぶん早い、汁気を残した状態で仕上げた方が良いかもしれませんね。
でも、これまた美味しいカレーでした。
今まで食べたことない美味しさだなー。
多めの塩としょうがが、野菜の自然の甘さを引き立てるんでしょうか。
ほんわか甘いなと思っていると、後から青唐辛子のさわやかな辛さが利いて、バターもほんのり香って。
ごはんと食べても美味しいけれど、きっとチャパティなんかも合いますね。
dそれにしても、ベンガル料理のスパイス使いも個性的ですね。
昨日も思ったけれど、パンチホロン、ベイリーフやクミン、しょうがが大活躍する割に、コリアンーパウーが控えめに思いました。
このカレーにもコリアンーパウーは全く使っていないし。
カレーって一口に言ったって、インドって一言で言ったって、ほんとに多彩なんだなぁって、つくづく思いました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l66fe0sbvm
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l66fe0sbvm/index1_0.rdf