いずれにしてもマッサージはこの場合大阪するよう 

November 09 [Tue], 2010, 16:33
私は、聖職者が説教資材を常に探していなければならないということを速く知りました。

平均的な教区聖職者が毎日説教をすると仮定して、週末につき複数回と同様に、それは聖職者の生命のこの面がとても重要で、時間のかなりの量を取ることは明らかになります。

この説教は、2010年9月22日に聖書読本によってされましたあなたのことば、神よ、ランプは私の出張マッサージのためですか単に詩的なフレーズ以上の。

この短い聖歌反復句は、我々に聖書であるミステリーに対する深い洞察を提供します。

完全な暗闇を通してランプで導かれている絵その光は、なんて重要でしょう、我々はそれになんて依存しているでしょう!それは案内しています、それは保護しています、それは強力です。

私は受け入れますはそれを考えます偶然の一致、福音書で、それ、ルークは言及します宣言しますよくやった舌の根の乾かぬうちに病気を治療しながら出張マッサージ一度でなく、二度!私は我々がしばしば、我々がそうすることができるそれらより大きな価値を身体的な奇跡に置く誘惑に陥るとわかりますは我々の感覚で観察します。

至る所で使者治療された病気をああ、そして、彼らは宣言しましたよくやった出張マッサージとして出張マッサージ聖書の力を過小評価しないでください!宣言しますよくやった、出張マッサージは病人の治癒にとって必須です。

そのルークとみなすのが簡単なは、身体的に病気であるものまたは身体の病気からのそれらの苦しみに言及しています。

我々は、我々のロードが彼らの身体の病気を治療する前に常に罪を許したことを忘れてはいけません。

これは聖餐式の美しさですそれは我々に身体で精神的な栄養を与えます。