た、大変です・・・初節句が 

2014年05月02日(金) 15時52分
初節句というはじめてのお祝いについては、誰に贈ったか贈らなければならないかといったことについて気負いすぎ、贈ること自体を忘れてしまうといったようなミスも考えられます。
着るだけで勇猛な印象を与えてくれる陣羽織は、記念撮影に使っても想い出に残ります。
このお餅は、和菓子屋さんなどで「祝い餅」「力餅」として販売されて、初誕生の日のために作ってもらうことができます。
その時に、日本各地でお餅をついてお祝いをする習慣があったということです。
武田信玄をモチーフにしている鎧が流行している理由のひとつは、子どもに対する親の願いです。
専門の写真館では、すでに小道具や衣装などを揃えて待っています。
誕生してからお七夜や初節句を終えて、一区切りがついた初めての誕生日は盛大にお祝いがされていたのです。
ただし、初めて迎える誕生日は別で、盛大にお祝いをしていました。
水引は紅白の蝶結びにします。
でも、実情は親類や祖父母が一堂に会して、赤ちゃんを囲んで楽しい時間を過ごすのが、初節句の実質的な目的になってきています。
昔ほど赤ん坊の死亡率が高くなくとも、無事に育っている事を喜び、これからも健やかな成長を願ってお祝いをしたいものです。
実際の初節句のお祝いの様子や、その人から頂いた人形を飾っている様子などのスナップ写真を同封すると、さらに気持ちが伝わります。
子どもの成長に役立つような、おもちゃや絵本やアルバムなどが定番となっています。
子供が生まれて七日目の夜に祝う「お七夜」は、子供の命名式を行う儀式です。
初節句デイズ
初節句ウェブログ
初節句図説
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l5jr5z98
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる