毎日ヨーグルトを食べる

August 21 [Fri], 2015, 11:18
乳酸菌を体内にに入れるといろんな効果があります。内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、お腹を良くしていきます。



結果、免疫力が上がり、多くの健康効果を実感することが出来ます。

例えば、アトピーに対しても改善効果があったり、インフルエンザにも予防の効果があります。


乳酸菌図らだの健康をより良い状態にする効果が高いとされているのです。
アトピーは乳酸菌の性質により、よくなるかもといわれています。


腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという抗体が出来る性質があります。


ただ、このIgEが数多くの数、発生してしまうことにより、過剰反応となり、アレルギーを起こす結果になるのです。これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌は、IgEの大量の発生を抑えるといわれています。

乳酸菌を選ぶ方法としては、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試してみることが良いと思います。
最近は、変な味のし内、乳酸菌ドリンクもあるほか、サプリメントも出回っています。
私は腸まで届くような乳酸菌飲料を試しに、飲んでみ立とき、あくる日は、便所から出られなくなったので、休日前に試すといいでしょう。いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、約40℃に上がって体調が悪かったので、翌日病院で診察して貰いました。先生はインフルエンザかどうか調べられますよとすすめられました。

もし、インフルエンザに感染していたら、それにあったお薬を選んで貰えるので、チェックしたいと念じました。


ここ最近、乳酸菌がアトピーの皮膚炎によいことが解明されてきました。

アトピーの起因となるものは様々ですが、感じるストレスや乱れた食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)によって引き起こされるケースもあります。

アトピー患者の大体は腸内環境が整っていないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することが克服するはじめの一歩となるのではないでしょうか。事実、アトピーで出る症状は大変にきびしい症状になります。暑い寒いを問わず1年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。


汗をかく夏場は痒みが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。また、アレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸が困難になってしまう事もあります。
お腹が便で膨れて苦しんだ事って永い人生のうちに必ず一度は誰もが体験することの一つだと思います。私もその経験があり、酷いと一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。

便通を良くする薬もありますが、個人的にはを飲むのに抵抗があるので、出来るだけ自然に便が出るオリゴ糖を愛用しています。効き方が穏やかなのが安心ですね。便秘に良い食べ物は、食物繊維、乳酸菌を内蔵する 発酵食物などであります。

頑固な便秘の人は、とにかく便が固く腸内に 滞った状態に到達しています。少しでも早く、この状態を解放して、便を出やすく柔らかくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うもの言われているようです。

症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、急に高熱にまで達し、3日から7日程度それが続きます。


タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に、小さなちがいがあります。


時として、肺炎を併発したり、その上脳炎や心不全を起こす場合もあり、油断できない感染症です。私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、今ではだんだん改善されてきています。効果があった方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。この方法で、長年の便秘を改善し立という話を知ってから、、実践してみようとヨーグルトを買いまくって、毎日食べてみたのです。コレステロール 下げる

毎日食べているうちに、お通じが改善されてきて、便秘をすることがなくなりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l5d3ki2
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l5d3ki2/index1_0.rdf