葛城哲哉だけど厳(げん)

July 09 [Sat], 2016, 2:49
介護士としての技能を高めたいと望むのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、というものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、実地に経験していくしかない、ということです。



そうした中、「介護士としてもっと上を目指したい」という理由で別の仕事先を探す人も一定数います。規模の大きい介護施設に移ってさらに能力をアップさせたいと願う、ポジティブな考え方の転職ですね。数年前までは介護士は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、昨今はだんだん男性が介護士になる割合も高まっています。


看護の際、患者を移動させたりお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、力のある男性介護士は重宝されます。給料の点からみると女性と変わらないのですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、その分より職業的な高みを目指していけるということです。一般的に、介護施設は症状によっていくつかの科に分けられていますが、部署が違えば、介護士として必要になる技術や処置の方法が変わってくるのです。

ローテーション研修は一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、多くの意見を参考にしながら総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。

今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、新人介護士の前向きな気持ちも高まります。介護士を志したのは中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、体験先の介護施設の介護士の方に心を動かされたのが契機となりました。
大人になったら、こんな風に働きたいというように思い続けて高校卒業後、看護学校を経て今は介護士です。


確かにつらいこともあります。しかし、おおむね満足した日々を過ごしています。

資格取得の難しさですが、介護士資格の場合はどのくらいのレベルになるのでしょうか。

受験生全体の介護士国家試験合格率は90%前後となっています。


実際の試験の内容も、学校の授業を普通に勉強していた人だったらそれほど苦労なく合格できるものですから、全く介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。



働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、勤めている職場の人間関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。

一般的に介護士の多くが女性なので、複雑な人間関係がつくられているところも少なくありません。

他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。

問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも選択肢に入れておきましょう。


事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい介護士の能力評価ですが、最近ではこれを行っている介護施設は多いです。



介護施設で働く介護士各自の、今の能力レベルを測ることを目的に、指標をはじめから作っていったところもあります。そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。



自分の能力評価を受け続けることで、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、やる気や、スキルのある介護士にとっては、とても良いシステムでしょう。

昔の介護士といえば、大多数が女性でした。しかし今日ではどこでも介護士の名称が使われ、男女共に働く職業となってきました。

現場で求められる介護士の能力を考えた場合、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、今の介護士に求められる大切な能力だと言えます。

介護施設で介護士としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子供がいる介護士にしてみれば大きな不安要素となり得ます。
未就学児であれば、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、介護施設に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。そのため、パートで働く形に変えていくという介護士も相当数いると思われます。介護士は良い給料をもらってはいますが、内実は夜勤手当があることによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。

ですので、より高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、どこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤で働けるところにしましょう。
夜勤帯に働くかどうかでかなり手取りが左右されます。

介護士の勉強をするための学校には介護系の大学または専門学校を選択する必要があります。

大学の特色は何かというと最先端介護の知識など高度な技術に触れることができることや、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。


専門学校では、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、そういった経験を生かして即戦力になれます。加えて、学費の面についても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。介護士の資格のある人は法律では、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。
基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師から指示された場合は、可能な場合もありますしかしながら、患者さんの容体が突然変わってしまったり、緊急事態には、介護士の経験や知識にもよりますが、介護行為も少しぐらいは許可されてもいいのではないかと考えています。
健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、このところ次第に介護施設を利用する必要のある人たちが増えていっています。



そうなってくると、医師と介護士ももっと多くの人手が必要とされているのですが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。
しかし、人材が不足している、ということはつまり、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、転職を希望している介護士にとっては、転職先を見つけやすい等の利点を挙げることができます。資格の面からみると介護士の資格というものの最大の利点は、なんといっても働いていない期間が長くあったとしても、再度職に就くことが可能だということでしょう。


理由として、介護士が専門職だからということと現場の人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ上手くいけば五十代でも復帰できます。

一般的に、介護士という職業は高収入だというイメージが強いです。

現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務などハードな職業ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて安定して高給だということが見て取れます。
景気に左右されないのも強みでしょう。
このような高給で安定した職場という面では介護士はメリットの多い職業だと言えます。



国外で助けを求めている人に、介護に携わる者として何かできる事がないのかと考えている介護士の方も多いのではないでしょうか。海外でも介護士の需要は大きくなる一方で、困難を抱える人を救うことの出来る介護士という人材が要求されています。
海外においては患者とやりとりをするうえで英語を話せることが絶対条件になります。海外で介護士として活躍したいのであれば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。病棟勤務に就いている介護士の勤務形態ですが、文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により誰もが夜勤を経験します。日勤と違って夜勤は現場から医師や介護士も減ってしまいますし、また、夜中になって眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。

当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おそらく日勤を超えるでしょう。
介護施設という場所で働く介護士はなかなかリラックスできる暇などなく、これが続くとどうしても大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、心にも大きな負担がかかるということになります。

ストレスを和らげ、自らをケアする手段を持っているということは大きな利点であり、介護士というハードな仕事を続けていくためには重要なキーポイントになり得ます。

みなさんご存知のように、介護士の休日については勤めている現場で違っています。3交代勤務の場合、先にシフトが組まれていますので、休日勤務や平日休みになることがよくあります。

一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。



看護士と介護士、いったい何が違うのでしょう。
読み方はどちらも同じですが、漢字だと、この二つになります。

過去には「看護士」が男性、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。法律が変更された2001年を境に、男女分け隔てなく使用できる介護士の呼び名に一本化されました。

仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例としてカタカナでエッセンと書く言葉があります。
食事をとってきます、と勤務している他の人に知ってもらうために現場でよく使われています。



ところで、エッセンという言葉ですがこれは、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。昔は、介護現場でドイツ語がよく使われており、そんな時代の名残ですが、とにかく便利に多用されているようです。



治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、介護士がいなければ介護施設内で仕事が回らないほどであり、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。


病棟のある介護施設では当然、24時間体制ですから、24時間切れ目なく介護士もいる必要があります。そのため、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、人員を交代させながら業務につくことになります。
他の交代制のお仕事と同様、多少強引にでも時間の調整をしなければ思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。

少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。


なので、今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。

年々多くの介護士が輩出されているのに、それでも介護士が足りていないのは職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も要因となっています。



介護士になるための手段として、皆さんご存知のように、二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。

カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。

対する専門学校の利点は何でしょうか。

それは、学費が大学に比べて安いということと実習に多くの時間を割き、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。

介護施設の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、医師や介護士が不足していることが問題視されているようです。
夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患対応も行い、介護士の大半はものすごい激務に追われているのです。男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、いまだに女性の方が多い職場なので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、行きたいときにトイレに行けない介護士が便秘に悩まされがちというのも頷けます。実は、介護士にはちゃんとした階級が存在するのです。階級が高いものは、もちろん、それぞれの介護施設によっても異なりますが、一般的には総介護士長ですとか、看護部長といわれる人ですね。実際に階級を上げるためには、長い間同じ介護施設に勤めて実績を残しておき、周りの人間の信頼を得るように努力することが重要でしょう。

階級が上がれば上がるほど、より多くの給料を受け取れるはずです。


介護士をするきっかけとしてとても現実的な理由として一般的に給料が高いという点が挙げられます。例えば、一年目の給料で見てみても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にもより高収入といえるでしょう。


しかし、そんなに高いお給料ももらえるのですから、それだけ自分の知識や技術を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。人間関係について言えば、介護士の世界は最悪に近いと、当たり前のように囁かれたりしていますが、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。
俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。それは協調性の高さの表われでもありますが、そうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。



職場がそんな人間関係ばかりだとあまり良い気分もしないでしょうが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。給料についてですが、介護士の場合は大介護施設や個人介護施設など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。
では、退職金についてはどうなっているかといえば、国立や公立の介護機関の場合は、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それを支払ってもらえるでしょう。個人介護施設はどうなっているかというと、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立介護施設を選ぶと良いでしょう。そこそこ昔のことではあるものの、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られる専門職であることが、よく知られるようになっております。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。介護士の給料と言えば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。



そう、つまり介護士は給料の高い専門職だということです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:雫
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l59luifracn5ae/index1_0.rdf