西嶋の内川

May 16 [Mon], 2016, 13:07
婚活という言葉が話題ですね。

結婚相談所というと相談所まで足を運んで相談所の方と面談するのが普通でした。
ですが、それも時代と共に変わりました。
現在はネット上の婚活サイトを通じて結婚相手と出会うことができます。電車の移動時間などを利用して、スマホ一つでやりとりできますから、出会いの場に出かける時間がないという方も時間に縛られず婚活を行うことができます。



友達に誘われて、数年前に初めての婚活パーティーを経験しました。パーティーに行ったことのある女友達は数人居ましたが、男性となると、私の周りでは経験者がいませんでしたから、どんなタイプの人が参加しているのか分からず、ドキドキしていました。



自分勝手な想像ではありますが、話が苦手なタイプや、陰気な印象の男性が多いのかと思っていましたが、実際は、全くそうではなく、人当たりが良い人がほとんどでしたので、それまで想像していた婚活パーティーの印象が全く違う事が分かりました。良く耳にする話ですが、婚活を続けてもなかなか終わりが見えてこないと、徐々に焦りが生まれてきますよね。しかし、誰でもいいから結婚する、というように早まった決断をしてしまうと思うような結婚生活にならず、離婚する事になると思います。

結婚は人生の分岐点ですから、後から失敗だったと悩まないためにも、婚活では焦って早急な決断を下さないように注意しましょう。出会いの中から、自分に合った結婚相手をじっくりと探してみましょう。


諦めずに婚活を続け、運命的な出会いで幸せになった人も沢山います。もし自分の婚活に不安を感じてしまったら、こういう方の話や体験談を聞いてみるのも励みになるのでお勧めです。
これは婚活中の方におススメなのですが、最初から婚活に割く期間をきっちりと割り切っておくことです。

その理由は、婚活での出会いが増えるほど、さらに上の相手との出会いの可能性を求めて繰り返し婚活を続けて、いわゆる婚活難民と呼ばれる状況になりかねません。



こうならないためにも、婚活を始める段階で期間を設定しておくと優柔不断にならない前向きな婚活が出来ると思います。

多くの方が利用している結婚情報サイト。しかし、その中にも女性会員はほぼサクラというような酷いサイトもあるので、常に警戒しておいた方がいいでしょう。結婚詐欺や美人局(つつもたせ)といった犯罪に遭ったケースも稀に報告されていますので、サクラには警戒し過ぎるくらいが丁度いいでしょう。婚活サイト自体を利用しないように、といえば本末転倒ですが、しっかりと男女ともに有料のシステムを取っている信用の置ける結婚情報サイトを選ぶのを推奨いたします。近頃、色々なタイプの婚活を目的としたイベントが増えているようです。
話題のウォーキング婚活やバーベキュー、寺社巡りなど、アウトドアを重視したイベントや、室内で楽しむボルダリングや料理教室などのインドアで楽しむものまで、楽しみながら婚活が出来るという内容の婚活イベントが増えています。

結婚相談所も近年では色々な需要に応えており、離婚経験者の再婚をサポートするプランも存在しています。

バツイチ以上の方は、やはり未婚の方と比較すると、残念ながら条件面の不利は否めません。再婚のお相手を探すにあたっては、相応の戦略やテクニックが必要です。担当の方と綿密に相談する必要もあるでしょうから、どこの相談所を利用するか選ぶ際には、スタッフさんと直接話して、どんな方か見極めた上で決めることに成否が掛かっていると言えるでしょう。ネットの結婚情報サービスに登録する人は、沢山あるサイトの中から、条件を検討して最も良いサイトを選ぶ方がほとんどでしょう。

そこでポイントとなるのが、男女それぞれの登録人数です。こうした情報が得られれば、マッチングできるお相手の数のみならず、お相手がどのくらいの競争相手とマッチングしているかも計算できて、たいへん大事な手がかりになります。

覚えておいてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陸
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l4oaisubtvt1o1/index1_0.rdf