車の買い換えをする時に人それぞれやり方はあると思いますが

May 03 [Tue], 2016, 22:34
車の買い換えをする時に、人それぞれやり方はあると思いますが私自身は、得ができるということを人から聞きましたので、下取りに出さず、中古車買取の専門業者に頼むようにしています。



利用方法が簡単だということもあります。

パソコンかスマホで一括査定サイトの画面を出し、車種や年式、電話番号他必要な項目を入力し登録を済ませると、業者から連絡がくるはずです。







例外もあるかもしれませんが、多くの場合、4つか5つくらいの業者から連絡があります。



電話がきたらその時、大体自分の車がいくらで売れるものなのか、相場を聞きます。





そのようにして大体の値段の目安を知り、良さげな会社を三つほどリストアップしまして、他の業者は電話できっぱり断ってしまいます。買い取り業者を利用した車査定もだいぶ認知されてきたようですが、業者に査定を頼む前に車検を済ませておいた方がいいのかどうか、判断しかねて迷う人も多くいるようです。



実は、査定額が良くなることを期待して、車検切れが迫ってきている車の車検を律儀に通したところで、その車検にかかる費用総額よりも車検を済ませたことによるプラス査定分が大きくなる、ということはあり得ません。

車検が切れようとしている車なら、その状態のままで業者の査定を受けて、売却してしまった方がお得だということになります。







車の査定をお願いしたいけれど、個人情報は出来るだけ知られたくないと思うのもうなづけます。







特に、ネットの一括査定サービスを通した場合、複数の買取会社に自分の個人情報が提供されるのが心配になりますよね。しかし、法律でどのように個人情報を扱うかは厳しく定められているので、基本的には心配しなくても大丈夫です。

車を買取に出す際の流れというと、一括査定サイトを利用して、買取に出す業者を選び、現物の査定に来てもらうというのが普通の流れだといえるでしょう。







一括査定は半ば機械的であり、変動の余地が少ないですが、現物査定は実際に対面しての手続き、つまり、生の交渉で買取額が変動する場合が考えられます。

少し手間をかけてもいいなら、複数の業者の現物査定を受けた上で、それをもとに価格交渉を行ってもよいでしょう。車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出しているようです。







下取りはすべておまかせですが、買取は査定に来てもらう手間があります。

手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、年式なりの状態の良し悪しで、下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。





私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、買取のほうがダントツで高かったんです。買取業者は即日で現金で払ってくれたので、ひとつ上のグレードの車を買えたのは嬉しかったです。



下取りを値引きだと思っていると損ですよね。