城山の朱里

April 05 [Tue], 2016, 10:39
病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、看護師の不足が浮き彫りとなっています。



日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師がものすごい激務に追われているのです。少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスが蓄積されたり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう看護師も多いというのも納得できる話でしょう。



交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日祝日の休みをとることもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。
何か不測の事態による緊急の出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、診療科にもよりますが、たいてい土曜、日曜、祝日は、お休みです。看護師の方々が活躍する場と言われるとまずは病院が頭に浮かぶのが多いでしょう。
でも、看護師として活躍できる場は、病院のみならず、他にも沢山あります。
保健師と連携して保健所に勤務し、健康に関する様々なケアを地域の住民のためにしてあげることも看護師の方々の役目のうちのひとつです。


また福祉の施設では常に医師が駐在しているところは少なく、医療のほとんどは看護師によって行われます。
交通事故により救急搬送された際に、医師が気付けなかった私の鎖骨の骨折を発見して処置をしてくれたのは若い看護師さんだったのです。

通院中に知ったのですが、とてもお若い人なのに看護師長の地位でした。


能力評価が正しくされた結果なのだと思います。どのようなやり方だと、希望に近い条件で他の病院に、看護師が転職できるかといえば、専門の業者に依頼するのが近道であり、安心な方法でもあります。

ネットで検索をかけてみると、様々な転職サイトがみつかりますから、登録を行い、情報を手に入れることが早道になるでしょう。



複数の看護師転職サイトに登録しても良いので、気負わずに、試してみると良いでしょう。



残業すればちゃんと残業代が出るというのは常識です。
しかし、看護師の場合、その時々の状況次第では残業代が出ないことがありえます。



特に転職をしてきたばかりで新しい医療現場に慣れていない場合には、残業の申請が出しにくい雰囲気があるものなのです。



看護師の労働環境を改善するためには、残業代がしっかりと受け取れるようにする必要があります。看護士の求人は多数ありますが、自分の理想通りの条件の求人がある訳ではありません。看護師の資格を取得している方で就職すればそれで良いという人は少ないはずです。給与や労働条件が整っていて、夜ではなく日中の勤務をしたいと多数の人が考えているものです。希望の条件を満たした職場に転職するには、多くの情報を入手しなければいけません。



高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。
ですから、結果的に転職率が高いと言えます。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども増えています。
このような転職サイトを活用すれば、手際よく自分の希望する条件の求人を探せますから、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。

最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも合わせて活用すると、さらに便利だと思います。
職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。



勤務している今の職場で扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、身体が辛いのにどうしても休めない、など、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。



私の友達にも、看護師をしている人がいて、給料がいいと羨ましいと言われています。

しかし、看護師の仕事は、夜間の勤務も含んでいることが多く、生活サイクルが一定にできませんし、女性が多い特殊な職場環境でもあり、ストレスを抱えている方も多いようです。

こういったことを考慮したら高い給料は当然のことだと思われます。
働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、極力、放射線を浴びないようにすることです。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、細心の注意を払ってほしいところです。

それからまた、薬の取り扱いについても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、気をつけないといけません。

立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。
自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。

必ず適度な休憩を取るようにします。
短期大学では保健師と看護師、助産師を受験するための資格を得るための総合的なカリキュラムがあります。大学だと看護の高度な知識を身につけられるので、専門性の高いスキルを持つ看護師を目指している方にはいいと思います。大学というのは、専門や短大に比べて1年長いため、保健士の勉強も行えます。

「看護のお仕事」という名前の転職情報サイトは、求人情報に記入されている休みの日、手厚い経済的保障、そして年齢などの求めるものがみやすいと言われているのではないでしょうか。なので、希望条件に合っている転職先を、スムーズに発見することができるとになるでしょうか。看護師が転職したいと思っても、自分で待遇面の交渉をするのは難しいケースもあると思いますが、そういう時には、看護師用の転職サイトを通すと待遇の交渉もしてくれて、より良い条件での転職が可能です。
転職が初めての人には、履歴書とか職務経歴書の記入の仕方を指導してくれることも役に立つでしょう。結婚相手として男性から人気が高い看護師が、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると両極端だという事が言えますね。

晩婚になる理由を挙げるとすれば、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:聖
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l4acaigylgdarf/index1_0.rdf