韓国語能力試験

December 17 [Tue], 2013, 9:02
大韓民国語能力テスト1級 ハングル検定6級この二つだと、どっちを受ければいいと思いますか? 私は今、ハングルがつっかえつっかえ読める程度の中1である。 NHKのハングル講座と、本は10月分からあって、あとどちらか受ける方のドリルを買って学習しようと思いますが… 部活、生徒会、学校のテスト、日本漢字能力検定などがあり、なかなか時間が取れないだ。12月から学習して、4月の大韓民国語は無理だかね? ハングルの方が気楽だそうであるが、できれば大韓民国語を取りたいだ。どちらか決まれば1日とりあえず30分は学習するつもりだ。 どちらがいいと思いますか? また、それぞれの難易度も教えて下さい。 宜しくお願いします !

大韓民国語のテストで、主なるところでは、大韓民国政権(大韓民国教育財団)主催の「大韓民国語認定テスト」と「日本国内に適応の「ハングル検定テスト」が御座います。 「大韓民国語認定テスト」は全世界30各国同時で、問題も大韓民国語で書かれていまして、一番易しい1級で150文字程度の作文もございます。日頃から一行二行程度の日記で作文に慣れておくことが肝心であります。作文に自信がなければ、最初は「ハングル検定テスト」の5級をお薦めします。この作文を別にしますと、どちらのテストも似たようなフィーリングである。 「ハングル検定テスト」は「日本語母語話者のためのハングル能力テスト」と言われており、大韓民国語(ソウル方言を標準語とした大韓民国語)でも、ピョンヤン方言を標準語とした「朝鮮民主主義共和国」の朝鮮語での回答も可としておりますので「大韓民国・朝鮮語」と言い方をしています。 一番易しい5級の目安は 60分講習を40回受講した程度。大韓民国・朝鮮語を習い始めた初歩の段階で、基礎的な大韓民国・朝鮮語をある程度理解し、それらを用いて表現できる。 •ハングルの母音(字)と子音(字)を正確に区別できる。 •約450語の単語や限られた文型からなる文を理解することができる。 •決まり文句としての挨拶やあいづち・気楽な質問ができ、またそのような質問に答えることができる。 •自ら自身や家族の名前、特徴・好き嫌いなどの私的な話題、日課や予定、食べ物などの身近なことについて伝え合うことができる。 ☆100点満点 【筆記60点(60分)聞取40点(30分)】で60点以上合格 ※マークシート使用 ハングル能力検定協会のHPは↓ http://www.hangul.or.jp/ なのだ。 どちらのテストに対しても、書店に行きますとかつて問題集、解説本、模擬問題集の類の本沢山ございます。どちらのテストも「聞き取り問題」がありますので、CD等で、ネイテブ発音に耳を鳴らしておくことが肝心だ。 ご自身の実力を試されるのであれどちらのテストでも結構だが、将来大韓民国社会で就職、留学を志しておられるのであれば【大韓民国認定テスト】の合格資格が御座いますと通用し、有利だと思います。 열심히 해 주십시오. !!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l40s1v6
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/l40s1v6/index1_0.rdf