民主、連合が政策協定を締結 参院選での全面支援を約束(産経新聞) 

June 18 [Fri], 2010, 11:05
 民主党の枝野幸男幹事長は17日午前、最大の支持団体である日本労働組合総連合会(連合)の古賀伸明会長と都内で会談し、参院選に向けた政策協定を締結した。協定には、消費税率引き上げを念頭に「税制の抜本改革を検討し、中期的財政再建への道筋を明示」と盛り込まれた。

 会談では、枝野氏が「参院選を乗り越えることで、衆参の両院で安定した力を与えてもらい、国民生活の安心を作り上げていきたい」と述べた。古賀氏は「希望と安心作りのためには、安定した政権運営が必要だ。参院選勝利のため全力を尽くすことを約束する」と応じ、参院選で民主党を全面的に支援する方針を改めて打ち出した。

【関連記事】
マニフェスト 「大風呂敷は厳に慎むべき」
候補者じっくりチェック 有権者の観察眼が問われる参院選
菅首相、衆院解散「念頭にない」
通常国会閉会、与野党の反応は両極端
新党改革 消費税率は「32年ごろに10%以上」

高1、同級生刺し重傷負わす=殺人未遂容疑で逮捕―横浜・清心女子高校(時事通信)
荒井氏の「主たる事務所」自民有志が視察(読売新聞)
「経済成長」と「財政再建」で意見交換−民主議連・国家財政考える会(医療介護CBニュース)
精神障害による労災請求件数が過去最高―目立つ医療、福祉(医療介護CBニュース)
主人かばい脚失う…「サーブ」銅像、命日に除幕(読売新聞)