片思いに歳の差なんて関係ない!

July 31 [Thu], 2014, 19:49
私の初恋は小学6年生の時です。
相手は35歳の舞台の大道具さんでした。
当時、ませていた私は同級生が子供に見えて、通っているバレエ教室の発表会の度に、ゲストで来る男性舞踊手の方や裏方の大人の男性たちの仕事をしている姿にときめいていました。
もちろん相手にされることは無いですし、気持ちを伝えることもありません。
ただ時々スタジオに来た時に遠目から姿が見えるとその日はとてもハッピーな気分になる。
それだけで毎日がとても楽しかったです。
あるときに私の通っていたバレエスタジオが持っているバレエ団の公演に私も子役として出演しました。
そしてその演目がヨーロッパに招待され、夏にヨーロッパで三回公演をすることになったのです。
二週間の日程でのヨーロッパ公演には裏方の方々も一緒でした。
そしてふとしたきっかけで私が好きだった大遠具さんと話をすることがありました。
それからは挨拶だけでなく毎日二言三言言葉をかわすようになり。
二週間後に帰国して解散するときもお互いに「お疲れ様でした」と笑顔でお別れをしました。
その後もバレエ教室の発表会に大道具として来たりすると、普通の知り合いのようにいろいろ話をしました。
そしてその年の年末に、その大道具さんは舞台監督の女性と結婚しました。
馴れ初めはヨーロッパ公演だったので、私達子役も結婚式に招待されました。
これが中学生や高校生だったら複雑な気持ちに鳴ったと思います。
でも他愛のない子供の片思いなので、結婚式に出席できるのも楽しかったです。
私の初恋は楽しいばかりの大切な思い出です。

恋人の尊敬できるところ

July 09 [Wed], 2014, 20:08
自分の恋人に会って尊敬できると思ったところはやっぱり周りの友達を大切にしているところです。

恋人の友達が悩んでいたり、困っている時に真っ先に相談に乗りに行って誰よりもその人の事を考えてあげられる人だと分かった時にとても尊敬できると思いました。

普段は自分中心な人だけれど、本当に困った時にはちゃんと自分そっちのけで周りのために動ける人だと分かった時とてもすごいと思いました。

自分はなかなかそういうふうに動けないし自分も周りより自分中心に動いてしまうことが多いので恋人の行動はすごいと思うし、尊敬できると思いました。

人を大切にできるからこそそういう行動が出来るのだと思うし大切なことだと思います。

どれだけ自分を犠牲にしてでも友達や家族のために行動して行けるのだろうと考えたときに自分は動けないと思います。

けれど恋人は本当に必要なときにはちゃんと真っ先に行動してその困っている人を助けることが出来るので見習いたいと思いました。

彼氏が出会いサイトをやめていませんでした

June 29 [Sun], 2014, 16:13
見つけてしまいました。
2人で飲んで帰ってきて、私がお風呂に入っているうちに彼が先に寝てしまっていたんです。
枕の上に携帯があって邪魔だったんでどかしうと手にしたらモニタの電源が入って・・。
ニコニコメールのページでした。

もともと私と彼もニコニコメール 安全で知り合ったのですが、私とやりとりしていたときの登録は消して、あらたに違う名前で登録していました。
まあ自分たちもニコニコメールからなので、しかたないっちゃ仕方ないんですけど・・ちょっと中身を見てしまってびっくりしました。

なにがひどいって、さっき私とデートして飲み屋にいた時間に他の女にニコニコメールからメールしてるんです。
それも、お気に入りリストに入っている人の数が100人!携帯はそのままの画面にしておき、朝起きて「携帯ついてたよー」と声をかけたら、即座に彼は謝り先方にでました。
ちょっとした浮気心がでただけだ、本当にごめん、と。
まあそのときは許したけど、結局はたくさん女をかかえていることが発覚して別れました。
ニコニコメールって中毒性があるから、ニコニコメールで出会った人は注意してください。
彼、またやってるかも・・。

庭の雑草の生命力に完敗

June 29 [Sun], 2014, 16:13
この季節、何が嫌って。庭の雑草君たち、ものすごい生命力&繁殖力なんです。
この間も草むしりしたのに、もうにょきにょきとコンニチハーですよ。
自治会の清掃活動で草むしりがあったんですが、あまりにも我が家の庭がひどいもんで、
さすがに恥ずかしくて清掃活動前に慌てて庭の草むしりをして、あえなく筋肉痛・・・。
その筋肉痛を抱えて近所の皆さんと共にむしりまくりましたよ、雑草を!!
恐ろしいのは、たかが雑草と侮るなかれ。年々パワーアップしてるんです。
種子、ってやつですな。
どこからか飛んできた種子が庭に降り立ち、根付き、花咲かせ・・・種子を振りまく、と。
そして次の年からは、まあハツカネズミも真っ青なつよーい生命力を携えた雑草わさわさな庭の
出来上がり。
サボテンすら枯らす女なのにどうして庭の雑草はこんなに元気なんだろう。惜しい。
真夏になればさすがに元気がなくなって、猛暑日が続くと枯れたりもするんですが、そんなの待ってたら
ジャングルですので。仕方なしに草むしりに精を出します。どうせまたすぐにコンニチハーです。
温暖化対策と考えれば、とっても優良な庭ですけどね。

非常に残念すぎる結果

June 29 [Sun], 2014, 16:13
W杯予選リーグ日本最終戦日本VSコロンビア。
朝5時のキックオフでしたがもちろん早起きして観戦しました。

可能性は低いがまだ決勝トーナメントへの希望があったので奇跡を信じて応援していました。
PKで点は決められてしまいましたが、日本はものすごく攻めていたのでそこまで落胆はしませんでした。
何度もチャンスがあったのですが、なかなか決める事ができずにいるのを見ていたら、これが世界のエースになると決めてるんだろうなーと辛口な事を思いつつ、ゴールを待ちました。
前半終了間際で岡崎選手の同点ゴール!思いっきりテンションがあがりました。
奇跡が起こるかもと期待の後半。
何回シュートを打っても決まらない状況が続きました。
柿谷選手が出てきて、これで柿谷選手が点を決めてくれたら…と期待が膨らみました。
しかし結局はゴールが決まるどころか、終わってみればボロ負けという結果でしかもギリシャは勝ち、決勝トーナメントへ進むという最悪な結果でした。
これで日本が勝っていれば、決勝へ行けたと思うと悔しい思いでいっぱいでした。
結局終わってみれば一勝をあげることもできず残念な結果で日本のW杯が終わりました。
選手の皆さんは頑張って頂いたのだと思います。
お疲れ様でしたという気持ちはありますが、あまりにも期待外れな結果に何とも言えない気持ちです。
もう4年後という話が出ていますが、そんなに早く気持ちは切りかわらないもので…
まだモヤモヤが続いています。

夢を実現した友人に会ってきた話

June 29 [Sun], 2014, 16:13
友人がお店をオープンさせたという事で、ランチに食事に行ってきました。
お店は小さな駅のそばにある、屋根のかかったアーケードの一角にありました。
オープンして1ヶ月弱という事で、店内はまだほとんどピカピカの状態でした。
ハンバーグとオムライスがメインで、席数は全部で20席位の気軽に入れる洋食屋さんという感じで、味も好感をもてました。

ランチタイムが終わって、一旦お店を閉めた時に、店主の友人と話をしてきたのですが、彼は前から自分の店を持つことが夢だったらしく、料理学校を出てから何件かの店で修業して、ようやく出したお店だそうです。
小さいお店ですから、現在は奥さんと二人でやっているそうですが、軌道に乗ってきたら誰かを雇って、奥さんには子育てに専念してもらいたいと言っていました。

夢を実現したした彼が、とてもうらやましかったです。
飲食業は競争も激しく、彼自身も先々のことは心配だと言っていましたが、自分で決めた道で頑張れる満足感からか、彼の笑顔はとても清々しかったです。

晴れだというからたくさん洗濯したのに。

June 29 [Sun], 2014, 16:12
最近天気予報が当たらないよー!晴れ、27度、降水確率10パーセントと聞けばこれはベッド周りのリネンをお洗濯するしか無いでしょう!ということで、
夫婦&子どもたちベッドのシーツから、枕カバーや何から3回に渡って洗濯して気分爽快。
早めのランチは一人で近くのカフェにいったんです。頑張った自分にちょっと贅沢ランチを堪能していたら、カフェから見える空の様子はかなりどんより。
しかもなんだか肌寒く、嫌な予感、、、見事的中しました。
雨は降らなかったものの、夕方になっても乾いてないー!結局粘りに粘って7時まで干してたんですが、すべてが生乾き。
結局4回に分けて乾燥機に掛けたんですよ。さらには粘りに粘ったことが裏目に出て、夕飯の時間にバッティング。
こんなことなら早めにあきらめて乾燥機に掛けるべきだったー(涙)なんて思いながらハンバーグをこねる。
ハンバーグはかなり美味しかった♪でも今日はちょっと食べ過ぎたかも。ちょっとは運動しなくてはダメだね。

外人旅行者へのおもてなし

May 16 [Fri], 2014, 17:13
大阪の銭湯経営団体が、旅行で訪れる、外人客相手に、銭湯の正しい入り方の講座を開催したと知りました。
開催を考えたのは、マナーを知らずに湯に入り、他のお客さんに迷惑がかかるという事からのようですが、外人からみれば、作法を知る事が出来て、日本人の素晴らしいおもてなしとの評価をえたようで、これは、今後、外国からの旅行客を増加させる為にも、継続していく価値が大いにあると思いますし、大阪のみならず、国内の温泉界でも、日本料理のおもてなしに加えて、入浴法パンフ等の配布や、簡単な実演等、各々が考案したやり方で実施していくと良いと思いました。
他にも、外人相手に、一般家庭でも、和風だしの作り方の講座が開かれたりもしているようですが、今以上に、日本を知って貰うような、例えば、人力車を引く体験や、1日だけの関西弁講座、豆腐手作り講座等、各地の住民と旅行社との連携を強化した企画でのおもてなしができれば、旅行社、旅行者、地域住民・各々にとって、プラスになるのではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l1q3ifn
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/l1q3ifn/index1_0.rdf