シミにさせないために表皮を剥いてはいけない

May 08 [Thu], 2014, 10:27
屋外で紫外線を浴びたときに極力ダメージを
小さくする方法を3つ。1.日焼けした場所を
冷却する2.普段より多くスキンケアローション
はたいて潤いを保つ3.シミにさせないために
表皮を剥いてはいけないのでそのままにしておく

頬など顔の弛みは老けて見られる原因に
なります。皮膚の張りや表情筋と呼ばれる
筋肉の老化が弛みへと繋がりますが、実を
言えば普段からおこなっているちょっとした
癖も誘因になるのです。

寝る時間が不足すると人の皮膚にどんな
ダメージをもたらしてしまうのでしょうか?その答えの
ひとつは皮ふのターンオーバー(新陳代謝)の
遅延です。

正常なら28日毎にある皮膚の生まれ変わる
速さが遅くなる原因になってしまうのです。

内臓の元気具合を数値化できる嬉しい
機械があります。『ノイロメーター』と名付け
られた医療機器で、自律神経の様子を調査して、
内臓の様子が把握できるというのです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あい
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる