JALと日本IBM、IT運営体制の見直しで合意

January 06 [Thu], 2011, 19:39
日本航空インターナショナルと日本は月日、の経営再建に関連した運営体制の見直しにいて合意したと発表した。日本が保有するインフォテックの全株式をに譲渡するほか、業務に関する戦略的アウトソーシング契約を変更して年月まで延長する。インフォテックは、と日本の合弁会社で、株式のを日本、を、を日本情報産業が保有している。このうち日本が保有する全株式は月末にに譲渡される予定。日本によれば、株式譲渡はの再建計画を確実に進める上での判断だとしている。インフォテックがこれまで手掛けたグループ向けの業務アプリケーションの開発保守事業や、グループ外へのサービスは継続されるという。また社が締結している戦略的アウトソーシング契約では、が日本に委託していた業務のうちシステム運用業務を今後も継続する形で再契約することで合意した。新契約の期間は年月年月までの年カ月となる。社はシステム運用業務以外のアプリケーション開発保守などにいても、新たな協業の可能性を引き続き検討するとしている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l0req7ldka
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像まあ
» りんごの可能性 (2010年12月13日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/l0req7ldka/index1_0.rdf