日本人の心得〜裁判員になったら読む本〜のご紹介 

June 08 [Mon], 2009, 19:17
株式会社東京リーガルマインド代表取締役社長・弁護士の反町勝夫より、皆様に良書のご紹介です


日本人の心得〜裁判員になったら読む本〜著:岩井重一氏

(CKパブリッシング)



法律を学ぶ皆様には「釈迦に説法」ですが
日本は、国民が主権者(日本の国をどのような仕組みにするかを決める権限は国民にある)です。
そのために、立法・司法・行政という手段を私たちは作っています。

したがって、司法も、国民が作っている訳ですが、立法と行政のように、直接国民が裁判に関与することにより「司法の民主化」を実現することになりました。それが「裁判員制度」です。

日本人の心得〜裁判員になったら読む本〜著:岩井重一氏(CKパブリッシング)は、東京弁護士会会長として、また日本弁護士連合会副会長として、実際に裁判院生殿法律の法案に関与した岩井重一氏が、
自らの体験に基づいて書かれた書籍です。
他の類書と違って、血の通った心温まる書籍です。ご関心のある方はお読みください。

株式会社東京リーガルマインド代表取締役社長・弁護士 反町勝夫



上記書籍の販売はLEC窓口では行っておりませんが、見本をLEC各本校に設置しております
ご興味のある方はぜひ受付フロア設置の見本をご自由にご覧ください

LECでの販売取扱はございません。お近くの書店・各種オンラインストア(Amazon・Yahoo!ショッピング・楽天・livedoor・セブンアンドワイ等)でお買い求め下さい。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:l-tower
読者になる
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント