薬による高血圧対策

December 23 [Wed], 2015, 10:18
高血圧対策には、薬を服用するという方法もあります。具体的に言いますと、降圧剤と呼ばれる薬を服用したら血圧(喫煙や過度の飲酒で上がってしまいます)を下げる事ができるでしょう。

飲むだけで血圧(収縮期血圧:最高血圧と拡張期血圧:最低血圧を測定して、健康状態を確認します)を下げられる便利な薬とはいえ、できうる限り飲まなくてもいい状況を作らないといけないでしょう。

あくまでも一時的に血圧(収縮期血圧:最高血圧と拡張期血圧:最低血圧を測定して、健康状態を確認します)を下げるだけですので、根本的な治療(有効な方法が確立されてないことも少なくないでしょう)にはならず、飲まないとまた血圧(通常は、動脈において血管壁にかかる圧力を言います)が上がるんです。

降圧剤だけに頼っていては、根本から治す事ができないので注意が必要です。それに、降圧剤には副作用があるんですね。

動悸(心疾患や肺疾患、感染症、精神疾患といった疾患の他、脱水症状などが原因でも起こります)やめまい、頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な疾患の症状であることもあります)、発熱、手足のしびれ、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)、意識障害などいろんな副作用があるため、血圧が安定しても、次は薬の副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)に悩まされることも少なくないでしょう。

もし副作用が酷いようであれば、飲むのを中止して、速やかに医師に相談するべきです。

こういうデメリット(物事には多かれ少なかれつきまとうものです)がありますから、始めてすぐは薬に頼らずに高血圧(一種の生活習慣病といわれているんですね)を治す努力をなさって下さい。

生活習慣(健康のために良くする場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)や食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)を見直すだけでも高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことです)は改善できるはずです。

特に、ためしてガッテンでも紹介された玉ねぎは血液サラサラ効果がありますので、積極的に食べるようにしたいところですね。

ただし、医師から降圧剤を処方されているのであれば、ちゃんと飲むようになさってくださいね。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はるかkz2tipig
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる