法務について 

February 06 [Wed], 2013, 9:44
法務という仕事はどのようなものかと言うと、法律に関した知識などから会社の契約や特許の申請について、コンプライアンス、契約書の内容確認作業などの仕事を行うことになっています。

法務は総務と違うのは総務は会社の中のことで、組織とか事務用品とかの申請などです。

税理士が集まって法人形式をとると税理士法人となり、会計士の組織の場合には会計事務所と呼ばれ、公認会計士が集まり法人形式をとうると監査法人となります。

弁護士が組織として設立すると法律事務所となり、法務は司法書士が行うもので、組織の名称としては法務事務局などになります。

法務も会計士も個人事務所の求人先もありますし、個人で事務所の設立をすることもできます。

企業の法務部に就職したり、法務関係のマネージャー、特許技術者などの求人や、保険を扱っていた経験者とか、法務のスペシャリストなど、弁護士や司法書士などは専門職・技術職として求人では扱われています。

専門職というと医者やエンジニア、デザイナーなども入ります。


P R
カテゴリアーカイブ
最新記事