ベンチャーに転職するリスク! 

March 25 [Thu], 2010, 23:50
ベンチャー企業転職をする際に覚えておいてほしいのが
ベンチャーでの新規開拓は、リスクばかりを見るのではなく行動を重ねることで
成果が生まれるという考え方だ。
失敗を極端に恐れる姿勢はその会社の戦力となるときの障壁となる。
ベンチャー転職/ベンチャー求人なら@ベンチャー社員
ベンチャ−求人/ベンチャー採用なら求人広告ベンチャー転職

 

 



株式・合同・LLPベンチャー企業設立ガイド


株式・合同・LLPベンチャー企業設立ガイド


古田&アソシエイツ法律事務所学陽書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2006年06月登録情報サイズ:単行本ページ数:266pISBN:9784313313637 【内容情報】(「BOOK」データベースより)フローチャートとケースメソッドでビジネスにあった企業形態が選べる!!取締役会設置株式会社、取締役会非設置株式会社、合同会社、有限責任事業組合、NPOのモデル定款と、申請手続に必要な書式例を多数収録。 【目次】(「BOOK」データベースより)第1編 起業する前に考えておくべきこと(事業計画書をつくる/ビジネスに最適な企業の「器」を選ぶ)/第2編 株式会社(株式会社をつくろう/ビジネスモデルにあった機関設計のしかた ほか)/第3編 合同会社・有限責任事業組合(それぞれの特徴/合同会社・LLPの組織 ほか)/第4編 その他の企業形態(特定非営利活動法人(NPO法人)/企業組合 ほか)/第5編 事業開始後の手続(税務関連の届出/労働および各種保険関係の届出)この商品の関連ジャンルです。 本 > 



飯塚が掲げる社訓、それは「朝令暮改」?。プロフェッショナル 仕事の流儀ベンチャー企業経営者 飯塚哲哉リスクを取らなきゃ人生は退屈だ【ポイント10倍!!】【10P16mar10eagles】


飯塚が掲げる社訓、それは「朝令暮改」?。プロフェッショナル 仕事の流儀ベンチャー企業経営者 飯塚哲哉リスクを取らなきゃ人生は退屈だ【ポイント10倍!!】【10P16mar10eagles】


東芝の超花形ポスト、半導体技術研究所・開発部長のポジションを投げ打ち、LSIの設計・企画に特化したファブレス企業をたった一人で立ち上げた飯塚哲哉。 他に必要なものがある時は、「持つ」のではなく「手を組む」ことで確保する。 飯塚が重視しているのはなによりも他の会社との提携戦略をとることで常に身軽な企業体を維持し、危機に備えておくこと。 どんな提携にも、リスクは常につきまとう。 数々の交渉の中から、飯塚がつかみ取ってきた流儀とは。 (2006年8月24日放送)本編約43分+特典約20分 ●各巻に特典映像収録!ゲスト未放送インタビューテーマ曲「Progress」紹介第II期・全10巻のラインナップ甘い言葉を吐くやつは信用できない。 金にこだわらないやつは本気でビジネスを考えていない。 信じられるのは、自分にも相手にも厳しい人間。 byベンチャー企業経営者・飯塚哲哉



プロフェッショナル 仕事の流儀 ベンチャー企業経営者 南場智子のの仕事 仕事でこ


プロフェッショナル 仕事の流儀 ベンチャー企業経営者 南場智子のの仕事 仕事でこ


ジャンル:その他アーティストカナ:アーティスト:商品名:プロフェッショナル 仕事の流儀 ベンチャー企業経営者 南場智子のの仕事 仕事でこそ、人は育つ品種:DVD発売日:2007/10/26 品番:NSDS-11507内容:出演:茂木健一郎/住吉美紀/南場智子 〈映像特典〉ゲスト未放送インタビュー/テーマ曲「Progress」紹介/第III期・全10巻のラインナップ仕様:\[画]ワイド [字]日説明:さまざまなジャンルの第一線で活躍するプロたちの仕事を掘り下げてみせるNHKのドキュメンタリー番組。 誰もが認めるプロフェッショナルたちは、どのように発想し、切り拓き、成功したのか。 その流儀に迫っていく。 このアーテイストの他の作品を見る



ベンチャー企業のための使える会社法


ベンチャー企業のための使える会社法


大村健/荒井邦彦税務経理協会この著者の新着メールを登録する発行年月:2005年11月登録情報サイズ:単行本ページ数:201pISBN:9784419046446 【内容情報】(「BOOK」データベースより)一般的なベンチャー企業の株式上場(IPO)前後までの過程における新会社法(平成17年6月29日成立、同年7月26日公布、平成18年5月施行予定)の解説及び実務について解説。 【目次】(「BOOK」データベースより)序章 はじめに/第1章 会社の設立/第2章 会社の機関/第3章 資金調達/第4章 株式/第5章 新株予約権/第6章 M&A/第7章 上場前にできる敵対的買収防衛策/第8章 その他【著者情報】(「BOOK」データベースより)大村健(オオムラタケシ)弁護士。 1974年生まれ。 96年司法試験合格。 97年中央大学法学部卒業。 99年弁護士登録。 02年独立行政法人雇用・能力開発機構 職業能力開発総合大学校 起業・新分野展開支援センター 起業等支援コンサルタント、04年財団法人横浜産業振興公社 横浜ビジネスエキスパート、05年財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 バイオアドバイザー各就任。 04年弁護士法人かすが総合社員弁護士就任。 05年第二東京弁護士会倒産法制検討委員会委員就任。 第二東京弁護士会会社法研究会所属。 日本知財学会・法とコンピュータ学会・エンターテインメントローヤーズネットワーク所属。 取扱分野:会社法を中心とした企業法務、ベンチャー企業の法的支援業務、M&A、企業再編・再生、知的財産権等荒井邦彦(アライクニヒコ)公認会計士/税理士。 1970年生まれ。 92年公認会計士2次試験合格。 93年太田昭和監査危人(現新日本監査法人)入社。 94年一橋大学商学部卒業。 96年公認会計士開業登録。 証券取引法・商法に基づく法定監査、株式公開のコンサルティング、M&A・金融機関の債権売却のデューディリジェンスなどを経験。 99年にM&A仲介・助言専門会社、株式会社ストライクを設立し、代表取締役に就任。 その後も複数の上場企業の社外役員を務めるなど、ベンチャー企業・中小企業の経営を支援している。 取扱分野:M&A仲介・助言、企業再編・再生、ベンチャー企業の上場支援業務等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 本 > 人文・思想・社会> 法律> 法律



質問内容
ベンチャー企業への就職についてです。4月から高3(工業高校)の男なのですが、高校卒業後ベンチャー企業への就職を考えております。それで、求人サイトなどを覗いてみたのですが、いまいち見方がわかりません。そして、給与や待遇や休日休暇(完全週休2日制など)など、どこの会社もすごく良いと感じるのは、私だけでしょうか?やはり、実際とは、極端に違ったりするのでしょうか?あと、高卒でベンチャー企業への就職は、よくあることなのでしょうか?将来は、グローバルに働く職種に就きたいと思っています。よろしくお願いします。



  • 回答数 : 1
  • カテゴリ : 職業とキャリア|就職、転職|就職活動
  • 投稿日付 : 2010/03/04 18:22:15

[続きを読む]



質問内容
この先、電子書籍は世に浸透すると思いますか?電子書籍を扱っているベンチャー企業などあれば、教えていただけませんか?



  • 回答数 : 1
  • カテゴリ : 職業とキャリア|職業|この仕事教えて
  • 投稿日付 : 2010/03/02 1:20:49

[続きを読む]



質問内容
経理の仕事を初めて三ヶ月ほどですが上司から財務諸論の本を渡されました。会社の規模としてはベンチャー企業で上場が近い会社です上場会社の経理に入社した新人は財務諸論を勉強するのですか?上司は元監査法人にいたみたいです



  • 回答数 : 3
  • カテゴリ : ビジネス、経済とお金|企業と経営|会計、経理、財務
  • 投稿日付 : 2010/03/01 22:57:47

[続きを読む]



質問内容
事務系の仕事に就職しました。ベンチャー系で、この田舎にしてはかなりの人数の社員がいます。常に求人が出ているような状態で、(実際業務拡大中です)しかし、辞めていく人もかなりいるのです。仕事はハードで、専門的でもあるので、入社後2、3ヶ月は研修という形で業務内容を覚え、それからひとり立ちするという感じです。しかし、早く戦力にしたいという方針のあまり、覚えることが本当に大変で、かなりみっちり勉強させられます。その途中で、結局ハードさについていけず退職したり、研修が終わりひとり立ちしても、見切り発車で仕事を任されたので、ストレスがたまったり、仕事ができなさそうと判断された人には周りもさめた目線を送る場合が多く、すぐやめてしまう人が本当に多いです。いくら人材募集として、来るもの拒まず・去るもの追わずではなく、多少時間がかかっても、飲み込みに時間がかかっても、じっくり人を育てたほうが、結局会社のためになるかと思うのですが、こういう考えはどう思いますか?


★ベストアンサー

ベンチャー企業は往々にしてそんな感じです。私の友人はネット系のベンチャーにいましたが、同じような感じでした。常に求人し続け、新卒も大量採用。ただし使えなければ一年ないし一年未満で退職勧奨、サヨウナラ。人を採用するのには困らないので、特に昨今は不景気で皆藁にもすがる思いでしょうし。じっくり育てる時間があれば育てるでしょうが、そんなことをしているうちにその企業のターンは終了します。そして、他のベンチャー企業のターンになり、そこがまた大量採用をしてところてんのように入れては出し、出しては入れます。どちらの方が大切かと言えば、質問者様のような視点だと思います。ただ、そんなことを言っていたら企業は成長のチャンスを逃し、残るのは育ったけど使い道のない社員だけです。



  • 回答数 : 1
  • カテゴリ : 職業とキャリア|就職、転職|転職活動、再就職相談
  • 投稿日付 : 2010/02/28 13:36:31

[続きを読む]

P R
最新コメント
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kyujin08
読者になる
Yapme!一覧
読者になる