【 更新情報 】

スポンサードリンク

危険予知訓練(KYT)の事例資料

危険予知訓練(KYT)、それは建築業や工事や工場などでの製造業などで働いている方たちが作業場などで起きそうな事故や災害を想定し、仕事中における事故や災害の起きる可能性を減らしていき、対処がしやすいようにしていこうとする訓練のことです。

危険予知訓練(KYT)は毎朝仕事を開始する前や、仕事中に細かいところや難しいところを進めていく前に仲間同士で確認を取り、起こりうる事故を想定し、対処法を確認してから行動していくことで事故の起きる可能性を最小限に抑え、作業をはかどらせることができます。

危険予知訓練は(KYT)、まずこれからあたる作業に対してどのような部分に事故の起きる場所があるか、その部分で起きそうな事故を想定し、そして自分ならどう対処するか考え、最後に仲間と話し合って対処法と予防策を決めます。

このような危険予知訓練(KYT)を、会社によってはシートに記入しているところもあります。

日々いつもと変わらない単純作業を繰り返していると思っていても、気を抜いたり、その日の体調や環境の微細な変化でも大きな事故や災害を引き起こしてしまう可能性は0ではありません。

なので日々起こりうる事故や災害を考慮し、対策を練っていく危険予知訓練(KYT)は重要です。

危険予知訓練のイラストが載っているところがありますが、あれは危険予知訓練の順序ややり方が分かりやすく、業種別の危険予知法が載っているので、かなり参考になるので探してみるといいかもしれません。
P R