英語教材選びは難しい。

September 14 [Sat], 2013, 2:41
大学でTOEICテストを教えるときに、ひどく頭を悩ませるのが「英語教材選び」である。

先日、情報収集のために上京し、松家という名の銀座のバーで竹鶴ロックを飲みながら友人と語り合った。

大学向けの教材はどれもTOEICテストと内容が大きく異なるため不安を抱いてしまう。

ならば市販のものを・・・となるわけだが、

・答えも解説も載ってしまっている。
・難しすぎる。

といった問題が発生する。

難易度が適正化され、学生が自信を失わない程度の、基礎力と得点力が身に付く英語教材を友人が勧めてくれた。

英語を楽しく教えることは難しい。

楽しみながら覚えられるのはある一定のレヴェルまでである。

教材選びを間違えると、教える側も教わる側も苦しみを抱く。

最良の英語教材とは、最高のパートナーである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たらちゃん
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kyozai/index1_0.rdf