障害者の就職活動のポイント

February 15 [Tue], 2011, 2:28
自分の状況をどのように企業に伝えるかが、
一つの障害者の就職活動におけるポイントのになるでしょう。

的確に、自分自身の障害をとらえることが重要です。

できるだけ明確に伝えたほうが良いのは、
自分には何ができて何ができないのか、
就職後に企業側に配慮をお願いしたいのはどのような点なのかということです。

会社側は、障害者に長く安定して働いてもらうためにも障害の症状を知った上で
就職してもらいたいと思っています。

医療事務の資格を取るために勉強していますが、
一度試験に失敗してしまいました。

自分の障害について話したくないと感じている人も、
障害者の中にはいるようです。

中にはくわしく障害を話すと
採用されにくくになってしまうのではないかと思っている人もいるようです。

障害について曖昧な説明ばかりでは、
企業側も障害者を判断することができずに結果として不採用になってしまうこともあるでしょう。

自己PRや自分に関する説明については事前に検討をして、
どう伝えれば効果的に相手に伝わるか考えておきましょう。

長時間の残業はできない、病院に定期検診に行く日は半休を取りたい、
といったことは大切なことです。

需要が多いとは言われていますが、
本当に病院で働けるのでしょうか?

面接時点で隠していても、実際就職後はそれを隠し通せるものではないといえます。

障害者と企業との条件が合うところを就職活動で探すことが、
互いに問題なく長期間働けるようにするには重要なのです。

障害者の就職活動のポイントは、障害の症状や配慮事項を伝えると共に、
職務経歴書や履歴書、自己PRなどを通じて自分のスキルや意気込みを積極的にアピールしていくことです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kyouwata
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kyouwata/index1_0.rdf