狭心症の発作

February 16 [Sat], 2013, 23:10
狭心症の発作が起きても助けを求めることが難しく、処方されいる薬を発作時に飲むのも困難な場合があります。一緒に生活をしている身内がいるケースでは安心だからといって、1人暮らしの人は近所の人に知らせておいたほうがいざという時に安心できると思います。

狭心症の発作は進行状態などによって、出現度や強さも畭なってくるのです。1人暮しの人の場合、狭心症の発作が起きた場合には、安静にしてうごかないようにすることが大事です。ニトログリセリンなどの狭心症用の薬を処方されているケースでは、時折様子をみてあげるなんかの配慮をしてあげましょう。狭心症の発作が頻繁に起こるようになったり、強い発作が起きた場合にはすぐに医院に行くようにしましょう。かかりつけの医院や緊急時の連絡先を見やすい所に貼っておくのもいいですね。

狭心症の療養法として外科的な手術を行う場合があります。冠動脈のバイパス手術を行うものです。冠動脈が塞がった状態の場合、バイパスを通して血の流れを良くし心臓の負担をなくします。狭心症は症状や進行状態などによっても療養法が異なる場合がある為、狭心症と診断されたらどんな療養をしていくのか、どんな生活をおくるのがよいのかを医師としっかり話し合っていくようにして下さい。
  • URL:http://yaplog.jp/kyousinnshou/archive/6
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kyousinnshou/index1_0.rdf