相続した狭小地にピッタリな活用方法を見つけるには? 

December 11 [Sun], 2016, 13:21
親が所有していた20坪ほどの狭小地を相続。

自分たちがそこに家を建て、住むことは考えていないけれど、
もしかしたら2人いる子どものうちのどちらかが、
将来結婚して家庭を持つときにでも、役に立つかもしれない。



そう思うと、今すぐ売ってしまうのも躊躇するし、
かといって、子どもたちが大人になるまで
ただ税金を払うだけなのもバカらしい気がする。

そんなふうに、親から相続した土地のことで、
頭を痛めている方もいらっしゃることかと思います。


◆狭小地だから土地活用なんてムリですか?

確かに、お子さんが家庭を持つような歳になるまで、
相続した土地を所有しようとしたら、
その間、固定資産税や都市計画税を払い続けなければなりません。

それらの税金を免れる方法はありません。

ただ、その土地を活用することで、納める税金の額を少なくしたり、
税金の何十倍もの収益を生むこともできる
のです。

もしかして、20坪程度の狭い土地で、
土地活用なんてムリだろうなんて、はなから諦めていませんか?

実は、20坪の土地でも、単身者用のマンションやアパートを
建てることは可能ですし、それが無理でも、
駐車場、バイク置き場、倉庫などにはできるかもしれません。

その他にも、貸し画廊、コインランドリーだって考えられますし、
移動式のランチワゴン車置き場や自動販売機置き場でしたら、
小さいうえに変形した土地であっても利用可能です。


◆どんなニーズがあるのかわからないから

狭い土地でも活用できることはわかったけれど、
あの土地の周りにどのような需要があるのかわからないから、
どう活用していいかわからない。

多くの方がそうおっしゃるかと思います。

そこで便利なのがネットを利用した土地活用一括比較です。

大手から地元密着の企業まで、土地活用のプロから、
あなたの相続した土地に最適な活用プランの提案が、
無料で受けられます。


なかでも「タウンライフ土地活用」なら、そういった提案が、
@土地活用経営プラン書A費用・見積書B収支計画書という、
3つの書類といった形式で、各社から無料で送られてきます。

そして、その書類をじっくりと比較検討することで、
あなたの土地の可能性や、見込める収益、そのためにかかる費用、
そういったことが、具体的にイメージできるようになります。

同じ固定資産税等を払うのでも、
そのことを知ったうえで払うのと、知らないで払うのとでは、
その意味も違ってくるのではないでしょうか。

あなたの相続した土地。

どうしたものかとお悩みなら、
まずはその土地にどのような可能性があるのかを
知ることからスタート
してみてはいかがですか?

わずか3分程度の簡単な記入で、
上記3つの書類を一括請求できます。

もっと詳しいことを知りたい方は、下記の画像をクリックして、
「タウンライフ土地活用」の公式ページをご覧になってください。

実際に土地活用された方の談話も載っています。
    ↓  ↓  ↓



あなたの想像すらしていなかった活用方法や、
思ってもいなかった収益の可能性が提案されるかもしれませんよ。