あなたの肩に 

November 25 [Sat], 2006, 12:14
あなたと過ごした甘くて切ない時間・・・
ほんとうにしあわせでした。
去年と同じ場所で待ち合わせて
私はまた去年と同じように息が出来ないほど
緊張して手が震えていました。
いくら気持ちを抑えようとしてもやっぱりあなたじゃなきゃだめなの。
あなたの肩にもたれあなたのぬくもり感じるこの瞬間が
なにより私をしあわせにしてくれる。
手を伸ばせばすぐそこにあなたはいるのに
伸ばしてはいけないんだね・・・
いつか終わりがきてしまうことなんてわかっているはずなのに
とまらないこの思いをどうしていいかわからない。
私の目の前にいるあなたは他の誰でもなく
私の愛するあなただから・・・
このままずっとあなただけを見つめていたい。

もうすぐ・・・ 

November 18 [Sat], 2006, 0:07
もうすぐだね。またあなたとふたりだけの時間・・・
もう誘ってもらえないと本気で思ってひとり傷つき泣いていた。
あの日のことはあなたには内緒。。。
だって「バカだなぁ」って笑われるから。
いろんな噂があるけれど
私と一緒にいてくれるあなたが本物ならそれだけでいい。
他に何を望むの?
ただ あなたを愛してる・・・ただそれだけでいい。

輝いて・・・ 

July 10 [Mon], 2006, 21:06
もうすぐ私の誕生日だ。いくつになるなんてもう言えないけど・・・
あなたに会えることが何よりのプレゼント。
いつになればあきらめられるのかな。
この切ない恋・・・久しぶりのあなたの歌に涙がとまらなかった。
やっぱり私の心に響いてくるのはいつもあなたなんだな〜

よかった 

May 09 [Tue], 2006, 0:27
よかった。あなたが元気でいてくれて。
遠く離れても変わらずあなたを想い続けてる私はおかしいですか?
きっとあなたもあきれてるかな・・・
でもしょうがないよ。だって好きなんだもん。
あなたに嘘つかれたり相手にされなくなっても
嫌いになんてなれない。
だから今日もあなたがいてくれることにありがとう。
あなたのいるこの世界に生きてる私はしあわせなんだよね。

やさしいよる 

April 29 [Sat], 2006, 23:14
春の夜はやさしい匂いがする。
あなたのこと考えながら歩く夜道はとてもやさしくて・・・
やさしいよるの色は光った青色をしてる。
夜なのに辺りが明るく見える。
あなたはまた遠くへ行ってしまった。
今すぐ会いに行けないほど遠くに・・・
私は今日も夜空を見上げてあなたを想う。
今頃きっとあなたもやさしいよるに包まれているはずだよね。
今度はいつ会えるの?どのくらい一緒にいられるの?
あなたとやさしいよるをどこまでも手をつないで歩きたい・・・

あなたへ 

April 28 [Fri], 2006, 20:23
今月最後のあなたとの時間が昨日終わってしまった。
帰りの新幹線の窓に映る私は今にも泣きそうな顔してた。
ほんとはあなたが引き止めてくれるんじゃないかって
心のどこかで思ってた。
でもそんな奇跡は起こるはずもなく終着駅についてしまった。
あなたを思う気持ちを押させえきれなくてあふれてしまう。
次はいつあなたに会えるの?
聞きたいけど聞けない。
いつも次はもう無いんじゃないかって思ってしまって。
怖くて聞けない。
私はあなたにとってどのくらい・・・やっぱり聞けないよ。

休日 

April 04 [Tue], 2006, 12:25
今日は久しぶりのお休み
洗濯して掃除してあとは何しよう。
あなたの好きな歌を聴こうか、それともあなたの好きな映画を見ようかな〜
となりにあなたはいないけれどいつも私の心には
あなたがいてくれます。
届くはずなかった私の手があなたの手と重なったあの日から
あなたを近くに感じることが出来る瞬間とてもしあわせで
あなたを遠くに感じる時はとても切なくなります。


さくらの季節 

April 04 [Tue], 2006, 0:40
桜の花が長かった冬にやっとピリオドを打ってくれた。
もうすぐ大好きなあなたの誕生日。
たくさんのプレゼントやお花に囲まれたあなたの姿が目に浮かぶ。
今年はどんな風におめでとうを言おうかな〜
あなたがこの星に生まれてきてくれたこと、
そして私と出会ってくれたこと、あなたがいてくれて、
あなたに出会えてほんとによかった。
あなたというかけがえのない宝物みつけた。
お誕生日おめでとう。
そしてありがとう。


つないだ手 

March 29 [Wed], 2006, 0:22
昨日今年初めてのあなたとのデートでした。
あなたを待っている間心臓がドキドキして上手く息が出来ないほど。
あなたの白い車が見えて気分は最高潮!!
助手席からあなたの横顔がなかなかまともに見れなくて困った。
たくさんの時間をあなたにもらったのにまだまだ一緒にいたくてわがまま言った。
あなたがつないでくれた手のぬくもりはわたしだけのもので
あなたが抱きしめてくれた腕の強さもわたしだけのもの・・・
私の前で笑ってくれる優しいあなたは今私だけのもの。
わたしだけを見つめてくれる。
それでいい。それでいい。きっとそれだけでいい。
他のことは何も知らなくていいんだ。
あなたが誰より大好き。

心のどこかで・・・ 

March 17 [Fri], 2006, 23:08
3月3日今年初めてあなたに会えた!
あまりにも嬉しすぎて声がうまく出せないほどでした。
やっぱりあなたの輝きには勝てないなぁ〜
素敵すぎるもん。。。
遠い人とわかっていても好きにならずにいられない。
心のどこかであなたの女になりたいと思っている。
たぶんそう思っていること事態私の中ではすでにあなたの女なんだと思う。
他の誰かのことはどうでもいい・・・
わたしの目の前にいるあなたがわたしにはすべて。それ以上でもそれ以下でもない。
だからこのままの気持ちでいることをどうか許してください。
どんなものよりしあわせな気持ちしてくれるのはあなただから・・・・
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kyounosiawase
読者になる
Yapme!一覧
読者になる