油断大敵!ムダ毛の処理

May 26 [Fri], 2017, 8:58
「乙女たるもの、ムダ毛の処理は必須!…でも面倒だなぁ」

そんな葛藤が、毎日心の中で繰り返されています。薄着となる夏場はもちろんですが、私の場合は仕事で半袖の制服とストッキングを着用する必要があるので、冬場でもムダ毛の処理は怠れません。

そう、仮に彼氏がいなくたって!いつどこで誰が見ているかなんてわかりませんからね。というのも、私自身、ほろ苦い経験をしているからなんです。

私は、受付事務という仕事柄、毎日いろいろな方とお話しします。年齢は20代〜80代くらいまでと幅広いですが、それだけいろんな方と会う機会があれば、やはり、自分好みの格好良い男性が来ることもある訳です。

決して「この人とどうこうなりたい」とかそんなことはない、とも言えませんが…。おそらく自分が思っているほど相手は私のことなんて見てはいないでしょうが、せっかくなら良い印象を残してもらいたいと思ってしまうのです。

でもそういう時に限って「しまった!今日腕の毛剃ってない!」なんてことになるんですよね。

身だしなみに気を配るのは学生・社会人を問わず、基本的かつ重要なポイントだと思います。

私の過去の体験は、多少の下心があってのことではありましたが、常に「見られているかも」という意識を持って過ごすのは必要なことかもしれませんね。

脱毛 両国