小学校教員資格認定試験の傾向と対策

December 17 [Wed], 2008, 0:41
小学校教員資格認定試験は30問の出題で合格ラインは6割です。つまり18問正解すれば合格なので簡単に合格できそうなんですけど、そういうわけにはいきません。30問中10問は超難問で事前の受験対策などできるはずない問題が出題されます。残り20問で18問正解しなければならないということは、実質9割の正解率が必要ということになる非常に厳しい試験です。出題のレベルは教員採用試験よりも厳しいようで、特に教職に関する科目ではより専門的に深いところまで出題されています。また、大学(短期大学を含む)を卒業していれば、一般教養科目は免除されますが、それ以外の受験者は一般教養科目も受験科目となります。一般教養科目受験者の合格率は免除者に比べて極端に低いのが現状です。教職科目を勉強した経験がある人ならば3か月程度、勉強経験のない人でも半年あれば十分合格圏に入れます。なお、基本的には教職課程を受けていない人のための認定試験のはずなのに、受験者の中には、教育学部系の学生など本来の趣旨から逸脱した受験者も多数みられるようです。

小学校教員資格認定試験の受験対策は過去問が最適です

December 17 [Wed], 2008, 0:39
小学校教員資格認定試験に限らず資格試験の受験対策としては、過去問題集を使うのが近道とされています。過去問を攻略することは認定資格試験の傾向と対策を知ることにもなりますので、積極的に過去問題集を活用しましょう。過去問の探し方としては色々ありますがインターネットで検索するのが簡単で最短です。資格試験の合格情報はインターネットで検索するといくらでも出てきますよ。また、小学校教員資格認定試験対策講座を開設している専門学校もありますから、調べてみてはいかがでしょうか?小学校教員資格認定試験が一般社会人を学校教育へ呼び込むため、大学などの教員養成コース(教職課程等)を履修しなくても教員になれる道として設けられた制度である以上、受験者の学力等が大学又は短期大学などの小学校教員養成のコースを卒業して小学校教諭の二種免許状を取得した者と同等の水準に達しているかどうかが合格するための基準となります。一般教養科目だけではなく教職に官関する科目も受験科目ですので、しっかりとした講座で学習すれば合格できるはずですよ。

小学校教員資格認定試験ってどういう試験?

December 17 [Wed], 2008, 0:34
ズバリ!小学校教員免許が一発で取れます!普通、学校の教師になろうとおもったら、大学の教育学部などに行って、大学の教育過程にある単位数を修得しなければなりません。しかし、この小学校教員資格認定試験に合格すると二種教員免許が取得できます。小学校教員資格認定試験に合格して都道府県の教育委員会に申請をすれば二種教員免許が貰えるということです。教員免許には種免許と二種免許がありますが、一種も二種も給料や勤務体制はなんにもかわりありません。二種であっても堂々と学校の教壇に立てるのです。ただし、簡単に合格できるかというとそうではありません。合格率は年々下がってきていて、最近の認定試験では10%程度と言われています。 この試験制度は、一般社会人を学校教育へ呼び込むため、大学などの教員養成コース(教職課程等)を履修しなくても教員になれる道として設けられた制度です。ということは、それなりの知識と教養がないといけないということになっています。受験資格は厳しいものではないのでクリアできると思いますが、何年も受験から離れていると勘を取り戻すまでに時間がかかることもあります。最近では小学校教員資格認定試験対策向けのスクールもありますので、そのような受験予備校も参考にしてはいかがでしょうか?