「倫理的な検索エンジン」、宗教別に続々登場(9/19) 

October 15 [Sat], 2011, 9:00
◆「倫理的な検索エンジン」、宗教別に続々登場(AFPBB) 【9月19日 AFP】ポルノやアルコールなどから信者を遠ざけようと、キリスト教やユダヤ教、イスラム 教などの宗教的倫理観に即して検索結果を限定するフィルター的な役割をもつ検索エンジンがインター ネット上に続々登場している。  そのひとつ、オランダ・アムステルダムに拠点を置くイスラム・サイト、「アイム・ハラル(I'mHalal)」 の創設者、レザ・サルデハ(Reza Sardeha)氏(21)は次のように語る。「ほかの検索エンジンは『な んでもあり志向』が強すぎます。どぎついコンテンツや、ポルノグラフィーのような不道徳なウェブサ イトに出くわすことがない安全な検索ソリューションを提供したかったんです」  例えば「アイム・ハラル」で「アルコール」と入力して検索すると、飲酒に関するイスラムの観点を説く 検索結果が表示される。また「ポルノグラフィー」で検索すると、検索結果には何も表れない。  サルデハさんはクウェート出身。新サイトはパキスタン、インドネシア、マレーシア、アラブ首長国 連邦(UAE)といった国からのアクセスのほか、米国からもアクセスがあると言う。「実際には、このサ イトのユーザーはイスラム教徒だけではないんです。安全な検索エンジンで有害なコンテンツが出てく る心配もないから子どもに使わせている、といった内容のメールを、週に1度はイスラム教徒でない人 からもらいます」 ■キリスト教、ユダヤ教の信徒向け検索エンジンも  一方、米コロラド(Colorado)州コロラドスプリングズ(Colorado Springs)で、キリスト教の 検索サイト「シークファインド(SeekFind)」を立ち上げたシェイ・フードマン(Shea Houdmann)氏 は同サイトについて、「キリスト教福音主義の観点から、聖書や神学に関連するコンテンツを探したい人 のための検索ツールだ」と言う。  一見、グーグル(Google)に似た検索エンジン、「ジュオーグル(Jewogle)」はユダヤ教徒の利用を 念頭に置いたものだ。 (以下略) ◆依頼
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kyotokyoto
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる