【 更新情報 】

スポンサードリンク

京都のお蔵に眠っていたレシピ


京都市の真ん中に、シュークリーム専門のお店があります。

京都御所の南西を少し下がったところにある

クレーム デラ クレームです。



秋は、栗をつかったケーキのような大きなシュークリームが

本当に美味しいんです。

渋川の栗の味を生かした高級シュークリームがあって、

毎年いただくのを楽しみにしているのですが、

去年はまた、新作がありました。

マロンクリームがとにかく美味しいです。


秋限定です。

私はスーリーという白いねずみの形をした

シュークリームが大好きなのですが、

お店のオーナーさんから、今回

お蔵に眠っていたレシピのことを聞いて、

このねずみは、シュークリームのレシピが眠っていた

お蔵に住んでいたネズミに違いないと、

思っています。


この日は私の欲しかったお菓子はなくて、

抹茶ムースにつぶあんの入ったクリームのシュークリームを

買いました。

すると、閉店前なのでと、おまけに

「大正かすたぁどシュー」というのをいただきました。


ちょっとかわった小ぶりのシュークリームだったので、

聞いてみると、

なんでも、「大正かすたぁどシュー」といって、

先代さんがシュークリーム作りが趣味だったそうなのですが、

先代さんが大正時代につくっていた

お蔵に眠っていた、シュークリームのレシピを研究して

この「大正かすたぁど」を作り上げたのだそうです。

もっちり感のあるシューと、濃厚なカスタードクリームが

うれしい、レトロな食感です。

なんでも、自然の『あかざとう』を使っているということで、

ほのかに赤みを感じるカスタードクリームです。

他では味わえない逸品です。


栗の和菓子なら京都の喜久屋「栗の子」

9月になると、そろそろ栗のスイーツが

店頭並ぶようになりますね。

美味しい栗のスイーツはいろいろありますが、


知る人ぞ知る、喜久屋(キクヤ)の『栗の子』は

予約注文で購入できるという、

京都丹波の栗を使った、

栗の持つ風味と味にこだわりのある、和菓子です。


見た目より、お味。というスイーツです。

見た目は素朴な感じです。

昔ながらの目立たないお店で

おじいさんとおばあさんが作ってられて、

買いに行くと、

『これはおいしい!』と丹波の栗の話をしてくれます。

毎年栗の子は、9月8日から12月23日までの販売です。

今年もおそらく同じだと思いますが。。。

この、栗の子はお勧めです。

また、この喜久屋さんの
『れもんの葛湯』というのがありますが、

これもいいです。ここにしかないお味です。

さわやかなレモンの香り、とほどよい甘さが忘れられません。







吉田山荘の京懐石

元東伏見宮別邸、吉田山荘にいってきました。

懐石料理をいただきました。

門をくぐり抜けて、手入れの行き届いたお庭に目をやりながら、

ゆっくり坂を登っていくと正面に真古館。

ここは、昨年できた予約なしでお茶をいただくことができる

ティーサロンです。

その手前に本館があり、玄関に入ると

左手にステンドグラスがあります。

床の間には、夏のきれいなお花があり、涼しげでした。

これは美味しい!

と感じる品が多く、ひと品ひと品がいいお味でした。





中でも、貝の煮凝り(さざえかな・・)

いちじくの生ハム、あなご寿司、

うなぎの煮物、

わたしは、アナゴ大好きなんです。

ひらめのお造りは、薄造りじゃないんですよ!

ひらめ。。☆食べ応えのあるひらめ。。

。。言葉なんかないです。(≧▽≦)

それから、太刀魚の塩焼きも、格別でした。

珍しいものと言えば、





ブルーベリーほどの大きさのちっちゃなトマト。

これは甘かったです。

そして、うみぶどう。

わたしは初めていただきましたが、

夏にぴったりの、さわやかな食感でした。

・・・しあわせな日でした。。:.ヽ(*´∀`)ノ.:。

「夏越川」は夏の美味です。

「夏越川」は、じつに京都らしい銘菓です。

表千家のお茶の先生にいただいて、

わたしも初めて頂いた、感動のお菓子でした。



ちょうど、我が家にお客人が来られたので、

お茶うけにお出したのですが、

その方も、大そう気に入られて

さっそく、

鶴屋吉信の「夏越川」を買いに行かれたそうなんですが、

期間限定だとか、手に入らなかったようです。

透明の琥珀糖が、見た目にも涼しげで、

上品で、京都らしい銘菓です。





お味はというと、口に入れると、シャリッというゼリーのような

寒天の食感と共に、ほのかに甘さが口の中全体に広がって、

なんとも言えない

「夏の美味」を感じることができる

最高に贅沢な一品です。

宝石のような、忘れられない銘菓です。



わたしは、和菓子も洋菓子も大好きで、

家にいると、美味しいものにはついつい

手が出てしまいます。


誘惑にはなかなか勝てません!

夏なのに・・・これ以上体重を増やさないようにしなくては。笑

健康とダイエットにも、気を使う毎日です。  




☆:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜。.:*:・'゜☆。



京の社では、夏を無事に過ごすことを祈願して、

夏越の神事(大祓)を行っています。

「なごし」は「和し」の意味もあるそうです。



また、京都の下鴨神社の夏越の祓は

立秋の前夜に、御手洗川でおこなわれる習わしです。



P R