西島秀俊さん、結婚

November 19 [Wed], 2014, 15:09
俳優の西島秀俊さんが結婚を発表しました。
お相手は16歳年下の27歳の元会社員。
3年ほど交際を経て、結婚に至ったそうで、近々入籍予定だそうです。



今最高にかっこいい40代男性のひとりである西島さん。
あすなろ白書で見た頃のイメージとはずいぶん変わりましたが、
とてもいい年の取り方をしている男性だな、と感じます。

16歳差というと、けっこう大きいと思うのですが、
最近あまり珍しくないからか、大きな驚きはありませんね。
ただ、やっぱり若い子がいいのね、とちょっとショックを受けているアラフォー以上の女性は多いと思います。

でも、きっと西島さんだからいいのでしょうね。
世間一般の40代は、20歳前半の女性から見たら、やはり間違いなくおじさんでしょうからね。

伊藤英明さんも先日結婚されましたし、
あと残る40代の素敵な独身男性は福山雅治さんでしょうか。
幸せなお相手が見つかってほしいような、一生独身を貫いて欲しいような・・・。

不妊から妊娠へ

November 13 [Thu], 2014, 14:55
とても子供好きな私の大好きな先輩。
一昨年、結婚し今年めでたく子供を出産することができたのですが、
ここに至るまでは彼女もかなり辛い思いをしてきたようでした。

彼女は高校を卒業後短大に進み、その後就職をしましたが、
やはり昔からの子供と関わる仕事をしたいという思いが捨てきれず、
その後30歳という節目の歳に、専門学校に入学しました。
まわりは若い子だらけでしたが、持ち前の明るさで、すぐに友人もたくさんでき、
無事に卒業することができました。

夢だった幼稚園教諭。
もちろん楽しいことばかりではなく、大変なこともたくさんあるのですが、
好きなことを仕事にできて本当に毎日が充実していると語る彼女の目は
とてもキラキラしていて、素直にとても憧れの女性だと感じます。

そして素敵な男性と巡り合い、結婚。
結婚が35歳と遅めだったということもあり、彼女はすぐにでも子供がほしいと思っていました。
その気持ちはご主人も一緒でしたから、しばらくしたら子供を授かるだろうと思っていたのです。

ですが、現実はそう甘いものではありませんでした。
普通に夫婦生活を送っているにもかかわらず、妊娠にいたらず1年が過ぎました。
彼女はだんだんと不安と焦りのようなもので苦しい気持ちになってきました。
まわりでは続々と友人が子供を産み、二人目、三人目という友人も珍しくありませんでした。
子供の話をみんなが楽しそうに話しているとき、
性格上、明るくはふるまって話を聞いているのですが、
心のなかではどこか胸がしめつけられる思いだったといいます。

近所にに不妊治療で有名なこまえクリニックという病院があり、
彼女はご主人と一緒に受診することを決めました。
検査の結果は何も問題なし。彼女は子供のいない生活のことも考えるようになっていました。
でも、それが逆にからだをリラックスさせたのかもしれません。
念願の妊娠となり、今彼女は最高に楽しい子育ての真っ最中です。

羽生選手

November 10 [Mon], 2014, 12:01
フィギュアスケートグランプリシリーズ男子、フリー。
直前の6分間練習で信じられないアクシデントが起こってしまいました。
中国の選手と衝突し、頭と顎から流血してしまうという状況をテレビで目にし、
ただただ心配で震えがとまりませんでした。
誰もがフリーは棄権だろう、きっとそう思ったと思うのですが、
羽生選手本人にそんな思いはなかったようです。
とても滑れる状態ではないような血の気のない顔。
それでも、彼は不屈の精神でフリーの演技を行ったのです。



顎は7針縫う怪我、足は軽い肉離れ。
ストレッチャーに乗せられてリンクサイドから去った彼を見て涙が止まりませんでした。
ただ、本人がいくら出たいと強い主張をしていたとしても、
あの状況で出場を止めなかったコーチや上層部には、少し疑問も感じてしまったのが本音です。
帰国後、精密検査とのことですが、もしなにか異常でもあったりしたら・・・と思うと。

たしかにあの状況で滑って2位という結果を出した羽生選手はやはり凄いと思います。
あの状態で棄権したとしても、誰も彼を咎める人はいないと思います。
選手の命が第一です。

不妊症に付け込まないで

November 06 [Thu], 2014, 13:09
半透明のサプリメントを毎食後に飲んでいました。
不妊症に効果があると言っているもので藁をも縋る思いで飲んでいたのです。
このサプリメントは卵子の質が格段に上がるらしいと言われていて
高額だけども出費して飲んでいたのですが…。

夫からはサプリメントに効果はない、
それよりもクリニックの医師以外からの
訳の分からない薬みたいなものを飲むのは危険すぎると怒られました。

怒られてサプリメントを飲むのを止めましたが
とにかくすぐにでも妊娠出産したいので眉唾である色々な物に手を出してしまうのです。

妊娠して出産したら子供に対してやってあげたいことは膨大にあります。

その夢の中の一つですが赤ちゃんには既製品の服を着せるのではなく、
自分で一から作った服を着せてあげたいです。
他にはベビーカーを押して散歩にも行きたいです。
ベビーカーを見る度に押したいなと思っていました。

サプリメント以外にも妊娠に効くという商品を色々試しましたね。
まずはハラマキです、神社のお祓いを受けているから
子供が出来やすいといかにも怪しげなハラマキを一時使っていました。
出来たのは子供ではなく湿疹だけでしたが。
その他にも入浴剤やお茶なども試しましたが妊娠まではしませんでした。
効果がないと分っていてもつい手に取ってしまうのですよね。
不妊治療で出費をしなければならないのに
こういったつまらない商品に無駄遣いをしている自分を止めなければとも思うのですが難しいです。

妊娠したい不妊症患者の心理に付け込んだ業者もいますから、
もしこういったおかしな商品を買おうとしている人は気を付けてくださいね。

受け入れることが大切

October 28 [Tue], 2014, 14:15
不妊治療を受けようとする前に、
妻から自分が原因で、将来子供を望めないかもしれないと謝罪されました。
一体何のことか分かりませんでしたが、子供がなかなか出来ないことを
自分のせいだと自己嫌悪に陥っていたみたいです。

自分では子供がいないことをあまり気にしていなかったので、妻に謝罪する必要はないと言いました。
子供は天からの授かり物であると思っていますので、子供が出来ないのであれば
夫婦二人で仲良く生きていきなさいという神様からのお告げなのだろうなとも思います。

でも妻の考えはまた違うみたいで、不妊治療を受けてでも子供を妊娠したいので
一緒に病院へ通院してほしいとお願いされました。
病院で治療をするのも妻の希望が叶えられていいのかなと思っていたら、驚くことに自分が不妊症でした。

医師は精子がおとなしいと困った表情で答えていました。

自分が問題で、子供が欲しいという妻の希望が叶えられない事実を知ってからは地獄でした。
子供なんて出来なくともいいやと思っていたけれども、
自分が原因である不妊症となると視点がガラリと変わり、罪悪感と離婚のことで頭がたくさんでした。

不妊治療には人工授精などもあると医師からは言われたけれども、
高額な費用を不妊治療に支払うよりも、妻に慰謝料として渡す方がいいのではないかとも考えました。

不妊治療をするには妻に大きな負担がかかりますから、
離婚をすべきなのだと再三妻に言うのですが聞いてくれません。

男性不妊であると診断した医師も、自分を非難しても不妊症が解決する訳でもないし
誰も幸せにならないから受け入れて不妊治療を進めていくことが大切であると言っています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kyokyo1024
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる