プリンス オブ ペルシャ

January 08 [Sat], 2011, 0:22
プリンス オブ ペルシャ
- 時間の砂 -
- PRINCE OF PERSIA -
- THE SANDS OF TIME -


制作→ジェリー・ブラッカイマー

評価:



パイレーツ オブ カリビアンシリーズのプロデューサーが製作した映画です。

時間を戻す事ができる短剣をモチーフにしています。

上映時間が115分というのは、かなりポイント高いです。
私は映画は2時間以内にして欲しい(笑)

短いので中だるみもなく、スピーディーなアクションムービーといった印象。
いい意味でディズニー映画。

主人公のジェイク・ギレンホールは男前な顔です。
たれ目ですが。
優しい感じがよく合ってました。

あんまり考えずに映像だけで楽しめる映画なので楽しかったです。
どうやら、ゲームの映画化だそうですね。
知りませんでした。

考えずに楽しむ映画としては十分じゃないですか?
キャストよく知らないけど、映画はキャストや監督の名に釣られて見るものじゃありません!

ディズニーファンタジー映画は、やっぱり無難にまとめていたこの映画にはハート3つ。

でも、確かにもう1回は観ないかな(笑)

←お世話になっています☆

ワルキューレ

April 13 [Mon], 2009, 11:46
ワルキューレ
- Operation Valkyrie -

主演→トム・クルーズ

評価:



ワルキューレ見てきました。
ワルキューレとは、劇中でも出てきますが、ワーグナーのオペラ代表作のひとつ。
実際は、ドイツ語読みでは「ヴァルキューレ」です。

ヒトラー暗殺計画は、少なくとも43回行われています。
ワルキューレは、史実に基づきつつ、ちょっぴり演出を加えた映画です。

失敗に終わるのが分かってる上で見ていても、ドキドキハラハラしました!

にしても、かなりいい線までいっていたんだなぁと思いました。
実際に、「ヴァルキューレ計画」は始動しました。
でも、すぐにヒトラーの生存が確認され、動かそうとした部隊によって一掃されてしまいました。

あとちょっとだったのに。
ヒトラーは間違いなく爆破現場にいたのですが。
いろいろな条件が重なって助かったことは、やはり悪運が高かった事を意味するのでしょうか。
あそこまで部隊が動いて、収集がつけられるヒトラーは、なんだかんだいって、まとめる力があったんだなぁって思いましたね。

ちなみに、シュタウフェンベルクの家族は、強制収容所に入る事になりますが、無事に出て長寿をまっとうされました。

最後に知っておいた方が楽しめるかもしれない、ワルキューレの全貌(!?)を書いておきました。

戦争映画というより、サスペンス映画ではありますが、結末を知りながらもハラハラしながら見れたこの映画にはハート3つ。

←お世話になっています☆

チェンジリング

February 28 [Sat], 2009, 15:21
チェンジリング
- CHANGELING -

監督・製作・音楽→クリント・イーストウッド
主演→アンジェリーナ・ジョリー

評価:



お久しぶりです。
かなりひさしぶりですが、かなり映画みまくってますので、そろそろ書こうかなと思います(笑)

主演女優賞獲得なるかと騒がれた、アンジー主演のチェンジリングを見てきました。

ノミネートされるだけある、すばらしい演技でした。
今までにない演技だったんじゃないでしょうか?
子供が突如いなくなった母親の、必死な演技に感動しました。

クリント・イーストウッドならでは。
実話を元にした悲惨な話です。

子供がいきなりいなくなって、子供が見つかったと思ったら、違う子供。
警察は、メンツの為に偽者の子供を本物の子供だ間違いないと、警察の間違いを認めない。
警察も頼れず、頭がおかしくなったと言われ、この母親は悲惨すぎますね。

男勝りな性格の役が多いと思うのですが、今回は女らしい役でした。
苦しみ抜いた果てに、彼女は救われたのでしょうか?

重い気持ちになりました。
しかも、アンジー主演女優賞逃したし(笑)

暗い映画が嫌いな人にはオススメしません。
でも、さすがクリント・イーストウッドと思わせる、景色と音楽とストーリーのよさでハート3つ。
相変わらず辛口ですか?(笑)

←お世話になっています☆

20世紀少年 第2章:最後の希望

February 15 [Sun], 2009, 17:17
20世紀少年
第2章:最後の希望

出演→唐沢寿明
    豊川悦司
    常盤貴子他

評価:



原作:浦沢直樹様の「20世紀少年 第二章」見てきました。
第一章もさる事ながら、第二章もやっぱりみんなそっくりでしたね。

さっそく感想です。

やはり、第二章といえば、「小泉響子」ですかね?
木南晴夏ちゃんが、ものすごくそっくり。
演技が漫画そのものです。

第二章は、ややストーリーがマンガと違います。
覚えている羅列します。

以下、ネタバレ的になるので、読みたくない人はやめて下さいね。

1つめ。
小泉響子がともだちランドに行く時。
いきなりカンナも行っちゃうんですね。
何回か小泉響子が行ってから、カンナが行ったはずなんですが。

2つめ。
ともだちが死ぬのはパレードですか?
原作では、理科室でヤマネに撃たれて死にますね。
理科室のくだりは、大事だと思うのですが。

3つめ。
ローマ法王はどこですか?
ローマ法王がテレビでしか登場しない為、いろんな部分が変わりました。
教会に行くのは法王であり、ともだちではありません。
パレードしながら立ち寄るなんてあんまりです。
ともだちが復活するのは、法王を守って復活します。
法王を守って復活するからこそ、さらに世界中が崇拝する事になるかと思うのですが。

ざっと3つあげてみました。

3章はどうやってまとめるんでしょうか。
かなり期待してしまいます。
やはり続編は、ちょっとトーンダウンしちゃいますね。
ともだちまで変わってしまったらどうしようかな(笑)

小泉響子の演技力には、出演者もみんな脱帽して、思わず作中カンナが帽子を取っちゃったのでハート5つ。

←お世話になっています☆

20世紀少年 第1章:始まりの終わり

January 19 [Mon], 2009, 16:38
20世紀少年
第1章:始まりの終わり

出演→唐沢寿明
    豊川悦司
    常盤貴子他

評価:



原作:浦沢直樹様の「20世紀少年 第一章」見てきました。
うっかりしてて、映画館での上映が終わっちゃってたんですが、もうすぐ第二章が始まるという事で、復習上映をやっている映画館を発見!
レイトショーで見ちゃいました。

さっそく感想を!

ここまで豪華メンバーというのは、めずらしいのかもしれません。
でも、もしかしたら豪華って勘違いだったりして??

何はともあれ、原作を読んでいるので、作中の人物が誰が誰だって全部分かる!
言われなくても分かる!!
だって、全員そっくりすぎます(笑)

登場人物がものすごい量いるのですが、全員そっくりって。
すごすぎますね。
マライヤちゃんが前田健てのは吹きました。。。
これもそっくり・・・。

ストーリーは、原作を読んでいる人なら分かるかしら。
まさに、「始まりの終わり」なので、ケンジが死ぬ(?)所までです。
マンガも全3章と言えますね。
くっきり分かれていますね。

唯一、ケンジの歌が、ロックではない点が気になる。
あれはロックではない。
フォークソングですね。

カンナ役の子役の子も、いい演技しておりました。
これは、ストーリーを語る必要があるでしょうか?
漫画どおりでした!

ケーンジくーん。
あそびましょ。

何をして遊びたいのでしょうね。

子供の遊びは奥が深いです。

評価は文句なしのハート5つ。
面白い映画サイコー!!

←お世話になっています☆

ミラーズ

January 01 [Thu], 2009, 15:54
ミラーズ
- MIRRORS -

主演→キーファー・サザーランド

評価:



2009年元旦が、こんなホラーで始まるなんて、誰が予想しましたでしょうか。。。

24で有名な、キーファー・サザーランド主演のホラー映画です。

元刑事の主人公が、火災事故で人がいっぱい死んだ、廃デパートの夜警をする事になった事から始まるストーリー。
刑事を辞めて、酒におぼれる主人公。
人を撃って殺してしまった事から、精神安定剤が手放せない。
しかも、働けない。
社会復帰の為に、選んだのが夜警の仕事だったんですね。
しかし、電気も通っていない使われていない廃屋に、なぜに警備が必要なのかがちょっぴり不明でした。

ストーリーは、ホラー映画の中ではA級と思わせてくれました。
題名からも分かるとおり、「鏡」が事件の謎を解く鍵ですね。
前置きである程度の登場人物の描写ができています。

ホラー映画というのは、
・精神病院(精神病)
が、なぜか大きなかかわりを持ちます。

そして、よく使われるのが、
・地下鉄(地下)
なぜか、地下鉄もよく出ますね。
今回は、地下道でしょうか?

どう考えても、ジャックバウアーです。
ジャックバウアーにしか見えません(笑)

総評としては、ミステリーになるのかな?
ところどころ、いろんな要素が織り交ぜられていて、途中
「監督は何が撮りたかったの?」
と、問いかけるところもしばしば。

それでも、ホラーの中では面白かったです。
ジャックバウアー万歳という事で(違う)ハート4つ。

←お世話になっています☆

トランスポーター2

June 11 [Sun], 2006, 16:05
トランスポーター2
- The Transporter 2 -

監督→リュック・ベッソン
主演→ジェイスン・ステイサム

評価:



まじかっこえええええ!!!!
トランスポーター2見てきました!

transportは、運送する
taransporterは、運送する人のことです。

そう。
主人公は、運び屋。
今回運ぶものは、6歳の少年。

が、しかし、誘拐に近い事になってしまうという。

この映画に出てくる車は、異常にピッカピカのすっごいすっごいかっこいい車ばっかり!!
その車でのカーアクションがほんっっというに熱い。
ベッソン監督は、おそらく撮りたい場面があったから、この映画を作ったんだと思われます。
なぜなら、ストーリーなんてどーでもいい感じです。

つっこみどころはものすごくたくさんあるものの、迫力だけが押し切っています、はい。
迫力勝ちです。
その潔さも、かっこいいと思います。(笑

意味のない場面はたっくさん出てきますが、関係ないくらいかっこいいです。

撮りたい場面を撮る為にこの映画を作ったので、スポンサーをとっても大事にしています。
今回、スポンサーは、アウディーとiPodだったかな。
アウディーには傷ひとつつかないくらいすばらしいドライバーテクニックを駆使し
さらにところどころでiPod大活躍です。

iPodをパソコンとつないで、データをやり取りしちゃいますが、ドライバの問題とかなんかいろいろ気になりますが、気にしたら負けなんだと思います。

とにかく、アクションシーンもすっごいかっこいい。
悪役美女も、スタイルめっちゃよすぎです。

なーんにも考えないで楽しめるこの映画は、本当になーんにも考えちゃいけない映画です。
でも、見ていてアクションシーンがすっきりします。
完全な男ってかっこいい(笑

バトルシーンでさえ、車にもフランクにも傷ひとつつかないこの映画にはハート3つ。

←お世話になっています☆

ダ・ヴィンチ・コード

May 21 [Sun], 2006, 15:19
ダ・ヴィンチ・コード
- The Da Vinci Code -

出演→トム・ハンクス
    ジャン・レノ

評価:



ダ・ヴィンチ・コード見ました。
私は、こういうキリスト教に喧嘩売るようなドキッとする映画が好きです(笑

最近、ずっと特番やらなんやらで、ダ・ヴィンチ・コードのあらまし的な話をドキュメントしてくれていたので、なんとなく分かった感じです。
原作は読んでいません。

ルーブル美術館が、初めて撮影を許可してくれたという事で、そっちの方が楽しみだったりしました。
言語は、フランス語と英語からなっています。

イエス・キリストが、実は人間であり、マグダラのマリアとの間に子供を身ごもっているという隠された事実が。。。
なーんて、それが事実かどうかは不明ですが。
それをネタとして見れてしまう私は、平和だと思います。

映像は、やはりキレイ。
作中に出てくる絵画は、実物であったり、偽者であったりします。
モナ・リザは、光を当てる事ができなかった為、複製を使っています。

やっぱり、私には分からない事ですが、そういう教団がいても不思議はないと思うし、いない事の方が不思議ですよね。
もし、裏の意味があったらと思うとわくわくします。
ちなみに、私の学校はプロテスタントだったので、キリスト教の授業がありました。
全く聞いていなかったのですが、(こら)、聖書は家にあります。
でも、あまりにも長いので読む気にはどうもなりませんねぇ。
おもしろいとは聞くんですがね。

各国の反応はやはり厳しいものがあるようです。

上映禁止になった国も多々あります。
イエスをキリストとして認めていないパキスタンでも上映禁止との事です。
ちなみに、パキスタンはイスラム教ですね。

原作者は、
「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている。」
と言い放っていますが、聖書を物語として考えたとき、ダ・ヴィンチ・コードはおもしろいなと思います。
でも、ちょっと無理やり縮めた感がいなめないのでハート2つ。
ちょっぴり原作を知らないと厳しいようです。

←お世話になっています☆

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

February 26 [Sun], 2006, 0:00
ナルニア国物語
第1章:ライオンと魔女
- The Chronicles Of Narnia -
- The Lion, The Witch And The Wardrobe -


出演→ウィリアム・モーズリー
    アナ・ポップルウェル
    スキャンダー・ケインズ
    ジョージー・ヘンリー

評価:



待ちに待ったナルニア物語1章が、ついに日本で公開!
ナルニア国物語は、UKなら小学校低学年で必ずと言っていいほど読んでいるような本です。
さすが、ファンタジー王国。

先行に行ってきました。
私は、原作読んでいたので、かなり期待。

さて。
いきなりの感想です。
ロード・オブ・ザリング未満、ハリーポッター未満といった所。

迫力不足。
そんな感想です。
戦争のシーンは、ロード・オブ・ザリング、キングダム・オブ・ヘブンを思い出させるような。

しかし、ストーリーは、原作に忠実。
原作から入った人なら、原作がそのまま映画化という印象になるのでは?
長年待ち焦がれた私にとっては、非常に感慨深い作品になりました。
キャラのイメージも原作通り。
そこは、監督のすばらしさですね。
シリーズ化が決定されているので、確実にファンが増え、さらに世界観に引き込まれていくことでしょう。

王道ファンタジー作品に仕上げられ、次回作も気になるこの作品にはハート3つ。
第2章は、2008年夏公開予定。

←お世話になっています☆

チキン・リトル

January 09 [Mon], 2006, 22:24
チキン・リトル
- Chicken Little -

評価:



ディズニーから新作です。
チキン・リトルを見に行ってきました。
ディズニーは、今までピクサーと手を組んで映画を作ってきたのですが、単独製作の1作目という事になります。

正直、映画館で見なくても・・・と思っていたんですが、映画館で見ても楽しめる作品でした。
中身は、非常に薄いんですが(苦笑)

ディズニーらしくないのですが、パロディがたくさん詰まっていて、それがとてもかわいく仕上がっていました。
「インディージョーンズ」「宇宙戦争」「キング・コング」etc...
また、有名な「恋のサバイバル」や、スパイス・ガールズのヒット曲をノリノリで歌っているのも、とてもかわいかったです。

子供が見たら、何も分からず純粋に面白いと思える映画に仕上がっていて
大人が見ると、知っている映画や音楽があちこちに出てくて、心躍る映画だと思います。

近くにいた外人さんが、席を前の方に移動して、ケタケタ笑っていたのが印象的なこの映画にはハート4つ。

←お世話になっています☆

★参加ランキング★
★ おしゃれkid’s
★ 人気ブログ

-----------------

★プロフィール★
★ 名前ゎイロイロあるんで、愛沢と呼んでくだせぇ。

★ 映画を見たらコメント書きます。
★ 基本的に公開中にみたものは、ネタバレしないように書いています。
★ 公開中じゃないものは、ネタバレしてる確率が高いです。
★ 写真は、作成国のDVDパッケージです。
★ 邦題の下に、原題書いてます。

★ 相互募集vVv

★ 見てくれてありがとう!!

-----------------

★リンク★
  angelic*smile★ハルさん

-----------------
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kyathy_s
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R

この広告を張るだけで、1000円もらえるよ!

コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
最新コメント
アイコン画像リンク
» ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 (2007年10月27日)
アイコン画像ジャミール
» スターウォーズ エピソード3 (2005年08月07日)
アイコン画像愛沢
» マジェスティック (2005年06月16日)
アイコン画像かんすけ(シアフレ.blog)
» マジェスティック (2005年06月15日)
アイコン画像うっち
» キングダム・オブ・ヘブン (2005年05月19日)
アイコン画像ハル
» コンスタンティン (2005年05月01日)
アイコン画像むし
» オペラ座の怪人 (2005年04月07日)