キャッシングいついてあらゆる角度から検証します

2008年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
1週間無利息キャッシング「ノーローン」
パチスロ初心者は【攻略マニュアル】をチェック!
業界際注目のFX⇒「みんなのFX」
インターネットキャッシング・24時間受付中!
学生ローンの「本田ちよ」
キャッシング・ナカノ(創業37年!)
プロミスは実質年率『7.9〜17.8%!』
オンライン入会受付中!三井住友VISAカード
ネットで簡単、オンライン入会!DC VISA・マスターカード
◆最短10分審査◆ 上質を知る大人の一枚 【ダイナースクラブカード】
女性限定レディースローンドットコム
低金利キャッシング / 2008年10月20日(月)
ここまで、キャッシングサービスを提供している企業形態別にいくつか紹介してきました。

キャッシングは、企業形態の他にそのサービスの特性ごとに分類することができます。
これからいくつかのキャッシングについて紹介していきます。

まずは、低金利キャッシングというものについて見ていきたいと思います。
名称を聞いて何となくイメージができるかと思いますが、低金利キャッシングとは低い金利で利用できるキャッシングのことです。

金利を低く設定するということで、従来は審査を厳しく行い、個人の信用をよく調べてから融資を行う銀行系などが主に提供していましたが、最近では消費者金融系でも低金利の商品が提供されるようになってきました。

低金利キャッシングを利用すれば、支払利息の部分が少なくなりますので、毎月の返済額も低めに抑えることができます。
もちろん低金利で融資を受けるからには、それなりに厳しい審査が行われることになりますのでその点は認識しておく必要があります。
 
   
Posted at 22:05/ この記事のURL
IT系キャッシング / 2008年10月20日(月)
キャッシングサービスといえば銀行系キャッシングや消費者金融系キャッシングがまず頭に浮かぶと思いますが、実は最近はIT系キャッシングが勢力を伸ばしているのです。

IT系キャッシングとはその名のとおり、大手IT企業グループが提供しているキャッシングサービスです。
独自のテクノロジーやIT技術を大いに活用し、カード不要のキャッシングサービスやオンラインサービスを展開しています。

オンラインサービスの具体例としては、営業店舗を持たずにインターネット上のみで貸し手・借り手のやりとりを完結することができることなどが挙げられます。

このように店舗を持たず、インターネット上でのやりとりを実現することによって経費を抑えているので、金利が低めに設定されているのが借り手にとってのメリットであるといえます。
 
   
Posted at 22:03/ この記事のURL
信販系キャッシング / 2008年10月20日(月)
今まで見てきた消費者金融系キャッシング・銀行系キャッシングの他には信販系キャッシングというものがあります。

信販系キャッシングとは信販会社が提供しているキャッシングサービスのことです。
信販とは信用販売の略で、取引の際の決済を取引当事者同士の信用で行うということを意味しています。

信販系キャッシングは、消費者金融系を利用することに抵抗がある人に人気のサービスです。
信販会社もテレビコマーシャルなどでよく目にする企業が多く安心感を得ることができるので、初めてキャッシングを利用する人には利用しやすいといわれています。

信販系キャッシングでは、カードについているショッピングクレジット機能にキャッシング機能が付加されています。
金利・審査の特徴としては、消費者金融系と銀行系のちょうど中間の立場をとっています。

その他の特徴として、クレジットカードとセットになっているためにショッピングやポイントサービスなどの特典がついており大変利便性が高いといえるでしょう。
 
   
Posted at 22:01/ この記事のURL
銀行系キャッシング / 2008年10月20日(月)
キャッシングを提供している企業形態別に説明していますが、先に述べた消費者金融系キャッシングの他に、銀行系キャッシングというものがあります。

消費者金融系キャッシングはサービスの提供主は消費者金融でした。
銀行系キャッシングは、その名のとおり銀行が提供しているキャッシングサービスのことを指します。
銀行系キャッシングの最大の特徴は他のキャッシングと比較して金利が低めに設定されているところでしょう。

銀行によって差はありますが、だいたい13〜18%程度の金利が設定されているようです。
銀行という信用できる機関ということで、借り手側としても安心感を得ることができるというのも良い点です。

そのように低めの金利で融資を受けることができるため、融資を受ける際にはそれなりに厳しい審査が必要になります。

審査期間が長くなる傾向にありますので、緊急でお金を必要としている人よりは長期間の借入れを考えている人に向いています。
 
   
Posted at 22:00/ この記事のURL
消費者金融系キャッシング / 2008年10月20日(月)
ここまで、キャッシングのローンの種類について述べてきましたが、キャッシングの商品を提供している企業にはどのようなものがあるのでしょうか。
キャッシングは、提供している企業の形態によっていくつかに分類することができます。

まず、1つめに挙げられるのは消費者金融系キャッシングです。
消費者金融系キャッシングとは、消費者金融が提供しているキャッシングサービスです。
消費者金融でのキャッシングは、審査が大変スピーディーで、最短15分程度で完了するため、緊急に資金が必要になった場合には大変便利です。

審査がスピーディーであるというメリットがある反面、銀行融資等と比較して金利が高めに設定されているというデメリットがあります。
金利は高めですが、基本的に利息計算が日割りなので、借りてすぐに返済できる場合であればどこよりも金利が低くなります。
 
   
Posted at 22:00/ この記事のURL
不動産担保ローン / 2008年10月20日(月)
キャッシングのローンとして不動産担保ローンというものがあります。

これは、自己所有の不動産を担保として融資を受けるものです。
不動産担保ローンを利用すると、不動産を担保にすることで数十万円から数億円単位の高額な融資まで受けることができます。

担保にすることができる不動産の種類は、一般の戸建て住宅のみならずマンション・築古マンション・更地・共有持分・借地・底地・再建築不可・賃貸中など幅広く設定されている商品も多く提供されているようです。

不動産担保ローンの融資限度額は、担保とする不動産の評価額によって決定されるのが一般的です。
不動産評価額がいくら高額であったとしても、担保とする不動産を取り巻く環境によっては融資限度額が増減することがあります。
担保となる不動産が貸し手にとってリスクが高い場合には、融資額が減額されたり金利が高く設定される傾向があるようです。
 
   
Posted at 21:58/ この記事のURL
事業者ローン / 2008年09月30日(火)
キャッシングの目的ローンの1つに事業者ローンというものもあります。
これは、個人事業主や中小企業の経営者など商売をしている人を対象にしたビジネスローンのことをいいます。

このような商売をしていると、きちんと資金管理をしていたとしても、一時的にまとまった資金が必要になってしまうこともあります。

このような場合、銀行や公的機関から融資を受けようとしても審査期間がそれなりに長くなってしまうため、すぐに融資を受けることはできません。
そこで活躍するのが事業者ローンです。

事業者ローンは、無担保・第三者保証人不要・迅速な審査と融資というメリットがあります。
事業者ローンには、今すぐお金が必要という場合に融資を受けることができるものと、いざというときのための予備資金が欲しいという人のために、事前に資金枠を設定しておきその枠内であればいつでも借入れ・返済を行うことができるものがあります。
 
   
Posted at 23:25/ この記事のURL
自動車ローン / 2008年09月30日(火)
キャッシングの目的ローンには自動車ローンというものもあります。

これは使い道が自動車購入に限定されているローンのことです。
従来自動車ローンは自動車販売店経由で組むケースが一般的でしたが、最近は種類も増えてきており、銀行・信販会社・金融機関・損害保険会社など各金融機関にて商品の取り扱いがされています。

また、借入目的についても、当初は新車・中古車を新規に購入するということがメインでしたが、最近は新車・中古車の購入以外でも自動車ローンを組むことができるようになってきています。
例えば、車検・車の修理・自動車学校・個人売買・免許取得などが挙げられます。
金融機関によっては、これらの個々の利用目的ごとに車検ローン・修理ローン・自動車学校ローンというように商品が分かれているところもあります。

そのような場合には、新車購入のための借入れなら融資額が高めに設定されている商品、車検のための借入れであれば高額な融資は不要なので金利が低めに設定されている商品を選ぶなど用途に合わせて商品を選ぶ必要があります。
 
   
Posted at 22:38/ この記事のURL
住宅ローン / 2008年09月27日(土)
キャッシングの目的ローンの1つに挙げられる住宅ローンについて詳細を見てみましょう。

住宅ローンとは借り手が居住する住宅を取得するための資金について融資を受けるものです。
住宅の取得費用と言っても、新築の住宅を購入する費用のことだけを指すのではありません。

居住用の新築・中古の戸建て住宅やマンションを購入する費用、事務所・店舗・共同住宅などの併用住宅を購入する費用、住宅取得にかかる諸費用なども対象範囲と言えます。

住宅ローンは一般的に、他のローンよりも融資額が高額になります。
融資額が高額になるということは、総返済額やそれについてくる金利も高額になりますので、住宅ローンを利用する場合には、融資を受ける金額設定をしっかり考える必要があります。

住宅を購入する際には、頭金をできるだけ多く支払い、借入金額が自分の返済能力を超えてしまったりしないよう注意が必要です。
 
   
Posted at 22:21/ この記事のURL
トラベルローン / 2008年09月27日(土)
キャッシングの目的ローンの1商品であるトラベルローンについて詳しく見ていきます。

トラベルローンとは海外旅行や国内旅行の費用を借入れるためのローンのことです。
旅行に行く予定があるが、予算がオーバーしてしまって費用が準備できないというような時に、足りない分の費用を一時的に借りるためなどに利用されることが多いようです。

また、新婚旅行などまとまった費用が必要な時に利用されることもあります。
トラベルローンには、資金融資のほかに特典がついてくる商品も数多くあります。
利用する際には、便利な特典がついてくるような商品を選ぶと旅行先で役に立つでしょう。

たとえば、旅先で急にお金が必要になったときに、いつでも簡単に引き出しが可能なところなどは大変利便性が良く、いざと言う時に助かります。
 
   
Posted at 22:19/ この記事のURL
P R
メルマガ登録・解除
 
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!