ペットのキャリーバックの種類は豊富! 

2009年01月26日(月) 18時02分
キャリーバッグには、犬や猫やうさぎなどのペット用もあり、電車やバスでお出かけする時に便利です。
ちなみにペットを入れるキャリーバックは、ドックキャリーバックと呼ばれています。

ペットが居ると、遠出はできないとあきらめていた方もキャリーバッグを利用すればどこへでも出かけられます。
キャリーバッグに入れてペットと移動する場合、JRでは運賃として¥270が必要です。
証明書をもらい、キャリーバッグに付けて乗車します。
ペットの重量は10キロ以内、キャリバッグの大きさは70cm×90cm以内と言う規定もあるので注意して下さい。

バスや地下鉄ではキャリーバッグ使用なら無料で乗車出来る場合もありますが、事前確認は必要です。
基本的には会社によって違いがあります。

ペット用のキャリーバッグは、カート付きの引きずるタイプのハードキャリーバックをイメージしがちですが、ショルダータイプやリュック、斜め掛けタイプやボストンバッグや2WAYキャリーバックなど種類も豊富にあります。
使わない時は、折りたためるタイプのペットキャリーバッグなら、場所も取らないので便利です。
素材もさまざまあるので、用途に合わせて選ぶといいですね!
中でも肩掛けタイプは持ちやすく、手頃な値段で可愛いデザインのキャリーバッグやおしゃれなキャリーバッグもたくさん販売されていますので人気があります。

安いキャリーバッグで3,000円〜ブランドの高いキャリーバッグは、40,000〜50,000円ぐらいするからびっくりです。
小型犬用キャリーバッグが種類も豊富です。

キャリーバッグは、デザインやブランドなど見た目も気になりますが、犬や猫やうさぎなどのペットにとって快適で、飼い主にとっても使いやすいものを選びましょう。
飼い主なら誰でも可愛いペットといつでも一緒にいたいものです。
色々なシーンで活躍してくれる、そんなドッグキャリーバッグに出会ってくださいね!

旅行に便利なキャリーバッグ 

2009年01月26日(月) 2時28分
キャリーバッグは、今では旅行には欠かせない便利なバッグになっています。
帰りにはお土産荷物が増えることも考えて、キャリーバッグを持っていく方も多いようです。

海外旅行や長期の旅行には、ハードタイプの外側がしっかりしたキャリーバッグをがオススメです。
バッグを預けたりする場合は、乱暴に扱われる事も考えてハードキャリーバッグを使用した方がよいでしょう。
荷物が増えて重たくなってもキャリーバッグなら楽に持ち歩けます。

最近はキャリーバッグの機内持ち込みサイズが、3辺寸法115cmというのが多いようですが、航空機会社によっても異なります。
その点ハードキャリーバッグなら安心して預けられます。

めったに使わないと思う方は、キャリーバッグのレンタルもいいかもしれません。

機内持ち込み用として、キッズ用のソフトキャリーバッグでハローキティやスヌーピーやミッキーマウスのディズニーの柄などの可愛いキャリーバッグならお子さんも大喜びで運んでくれます。

頻繁に旅行に使うのでなければコムサのキャリーバッグやreisenthel やナイキやadidas(アディダス)やroxyやswimmer やサムソナイトやアメリカンツーリスターなどからもおしゃれなキャリーバッグが発売されています。

折りたたみできるキャリーバッグや無印良品や激安のキャリーバッグやボストンタイプやリュックタイプもネットで販売しています。

キャリーバッグは、用途に合わせて 

2009年01月26日(月) 1時49分
キャリーバッグは旅行やお買い物に大活躍のとっても便利なバッグです。
底に付いたキャスターが、重い荷物も楽々運んでくれます。

キャリーバッグは、飛行機にフライトする際にキャビンアテンダントが持ち始めたのがキッカケで、仕事用だけでなくその便利さに注目が集まりました。
特にハードキャリーバッグは、スーツケース同様ロックもかかり丈夫な為、多くの方が海外旅行用として利用しています。

ただしキャリーバッグは、現在では機内持ち込みの規制もあり、またテロ防止策を考え、ほとんどが機内に持ち込めなくなっています。
キャリーバッグを預けるには、大きさに規制があるので、事前に問い合わせをしておきましょう。
機内に持ち込んだとしても手元には置けないので気を付けて下さい。

キャリーバッグは、それでも仕事で出張の多い方や重たい荷物の移動には、収納力や使い勝手の良さを考えると是非ひとつ持っておきたいアイティムです。

キャリーバッグは、ただキャリーと呼ばれたり、ピギ−バッグ、トローリーケース、などとも呼ばれます。
キャリーバッグは高齢の方でもちょっとした荷物を運べますし、用途に合わせてソフトキャリーバッグとハードキャリーバッグを使い分けすることで大変便利に使えます。

ハードキャリーバッグってどうよ! 

2009年01月26日(月) 1時16分
キャリーバッグの主流は、ソフトキャリーバックかもしれません。
でも海外旅行に持っていくなら、安全面を考えると鍵もしっかりかかる、ハードキャリーバッグが安心です。
そして少数派ですが、ハードキャリーバッグの根強いファンもいます。

ハードキャリーバッグのボディの素材は、樹脂素材(ABS樹脂・ ポリカーボネート樹脂)と金属素材(アルミ合金)があります。
樹脂・金属いずれも外殻を構成する硬質素材であるため、安全性にとても優れているため、外からの衝撃に強く、飛行機に乗る際も安心して預ける事ができます。
防水性が高く、雨の日も気軽に使用でき、キャスターは2個付きと4個付きの好きなタイプが選べます。
またロックシステムがしっかりしているので、セキュリティ面でも安心です。
そして、ハードキャリーバッグは、国内ブランドが主なので日本人に合うサイズやカラーがいろいろ選べる所も魅力です。

デメリットとしては、ハードキャリーバッグは大変頑丈な造りで、海外旅行には役立つスーツケースですが、しっかりしている分、どうしてもソフトキャリーバッグよりは、重たくなります。
また外側にはポケットも付いていない為、機能性では今ひとつかもしれません。

ハードキャリーバッグを選ぶ際は、できるだけ軽い素材を選ぶと使いやすいと思います。
また2輪と4輪のどちらか、自分に合う方を選んで下さい。
ハードキャリーバッグにはフレーム付き、フレーム無し、ファスナータイプなど色々と種類もあります。
海外旅行は、おみやげの購入などどうしても旅の途中で荷物は増えてしまいます。
ハードキャリーバッグを選ぶ際は、2〜3割程度空きスペースができるぐらいのサイズ選びがいいですよ!

ソフトキャリーバッグってどうよ! 

2009年01月26日(月) 0時39分
キャリーバッグにはソフトタイプとハードタイプがあり、日本では90年代以降ソフトタイプに人気が集まっています。

ソフトキャリーバッグは旅行用、特に海外旅行用として使用されています。
ソフトキャリーバッグは、軽くて収納力も抜群で内部もとても機能的に作られています。

素材はバリスティックナイロンと言って軽くて丈夫な素材です。
外側にもたくさんのポケットが付いていて旅行用の必需品を入れるのにはとても便利です。
ソフトキャリーバッグは、柔らかく作られているのでハードタイプよりもビックリするほどの収納力があり、いくらでも詰め込むことができます。
仕事用や出張に持っていくにはガーメントバッグと組み合わせて持ち歩くと便利ですよ。

とても便利で軽いソフトキャリーバッグですが、デメリットもあります。
それは、水に弱いという点です。
また中に割れ物などを入れた場合は気を付けないと壊れてしまう可能性もあります。
そして外側が柔らかいので、衝撃には弱いという弱点も!

ソフトキャリーバッグを選ぶ時のポイントは、収納力、キャスターの動きのやすさ、ハンドルの長さなどに注意するとよいでしょう。

キャリーバッグってどんなバック? 

2009年01月26日(月) 0時35分
キャリーバッグは、2個または4個の車輪が付いた四角いバッグです。

キャリーバッグは、旅行だけでなくお買い物にも軽量で便利な人気のバッグです。
持ち手が伸縮するので持って歩く事もできます。
車輪も自由自在に回るので、キャリーバッグはとても使い勝手のよいアイテムです。
重い荷物を運んだり旅行用に使ったり大変便利です。
4車輪のキャリーバッグは、斜めにバッグを傾けて引いて歩くと楽に使えます。
最近では、旅行や移動に使う犬などのペット用キャリーバックもよく見かけます。

ただし車輪の音が、砂利道やアスファルトの上ではうるさく響きますので少し注意が必要です。
また段差のある所や階段では持ち上げなくてはなりません。

キャリーバッグが、コロコロやガラガラと呼ばれるのはこの車輪の音からきています。
海外旅行にも便利なキャリーバッグですが、乱暴に扱われる事もあるのでハードタイプのキャリーバッグがおすすめです。
ハードタイプのキャリーバッグはスーツケース同様、外からの衝撃から中身を守ってくれます。

鍵付きでハードタイプのキャリーバッグなら機内持ち込みよりも預けた方がいいでしょう。