キャバ嬢の二日酔い対策 吐き気や頭痛を予防する方法とは?

キャバ嬢の仕事って、本当に大変ですよね。


「翌日、すぐに二日酔いになっちゃう」
「お酒に弱くて、吐き気や頭痛がひどい」
「お酒があまり飲めないから困ってる」


など、二日酔いに悩んでたり、
お酒に弱いことに悩んでませんか?


お酒に強くないと、売上にも響いてきちゃうし、
なんとかしたい!って思ってるキャバ嬢は
多いんじゃないかな?と思います。


お酒をもう少しガンガン飲めたら、
お客さんにも喜んでもらえるし、
お給料も弾むのに!って思っちゃいますよね(^^;)


そこで、二日酔いになる原因とその対策について
調べてみました。


よかったら、参考にしてくださいね。





◆ 二日酔いになる原因



二日酔いになる原因って、何かわかりますか?


簡単に言うと、肝臓がアルコールを処理しきれなくて
二日酔いになっちゃうんですね。


肝臓が代謝できるアルコール量を超えちゃうと、
アセトアルデヒドという毒性物質が
血液中に残ってしまうそうなんです。


これが、気持ち悪かったり、身体がだるかったり、
頭が痛かったりする原因なんですね。




◆ 二日酔いを予防する方法



二日酔いを予防するには、
お酒と同じ量の水を飲むといいと言われてます。


水と一緒に飲めば、
身体の中のアルコール濃度が薄まるんで、
二日酔いになりにくいんですね(^^)


でも!


キャバ嬢の仕事をしている時に、
お客さんと飲んでいる時に、
水ばかり飲むわけにもいかないですよね。


お客様を前に水ばかり飲むキャバ嬢・・・・・・


それはそれで面白いかもしれないけど(^^;)
お客さんは離れていっちゃいますよね。




◆ ウコンに含まれるクルクミン



そこで、水を飲む以外にも
二日酔い対策はないかどうか探してみました。


すると、ウコンに含まれるクルクミンが
二日酔いに効果的であることがわかったんです。


ハウスが行った臨床試験によると、クルクミンを摂取すると、
アルコールの代謝や排泄力に一定の効果が認められたそうです!


いいですか?


二日酔いを予防するには、
ウコンに含まれるクルクミンを摂取すればいいんですね。


水を大量に飲むのが難しいキャバ嬢には、
とても手軽に行える対策ですよね。




◆ クルクミンのサプリメント



とはいえ、ウコン自体は、食事から取るのは難しいですよね。


また、ハウスの臨床試験によると、
飲酒時に服用すると、より効果的だったようです。


ですので、ウコンに含まれるクルクミンは、
サプリメントで摂取するのがおすすめですよ。


手軽にクルクミンを摂取できるサプリに
『琉球ウコン』があります。


琉球ウコンは、無農薬栽培で育てられた
安心のウコンを使っています。


1日3粒で約60mgものクルクミンを摂取できます!


調べてみたら、CMでも有名な某ウコンドリンクよりも、
クルクミンの含有量が多かったですよ(^^)


小粒のサプリなので、
お仕事の前にサッと飲んでおけば安心ですよね。


「二日酔いをなんとかしたい」
「お酒に強くなってキャバ嬢の仕事を頑張りたい」


という場合は、よかったら、詳細を
チェックしてみてくださいね。

やわた 琉球ウコン

やわた 琉球ウコン

八幡物産株式会社 やわたの琉球ウコンは、
沖縄県奄美大島の無農薬栽培ウコンを使った
健康食品です。


ウコンには、クルクミンが豊富に含まれています。


カレーのスパイスにも使われるウコンですが、
クルクミンには、肝臓の解毒作用を強化してくれたり、
胆汁の分泌を良くしてくれたりする働きがあります。


そのため、二日酔い、コレステロール、美肌などへの
健康効果が期待できます。


やわたの琉球ウコンは、1粒にクルクミン約20mgを配合。


小粒で飲みやすいので、
毎日の健康サポートにうってつけです。

キャバ嬢として成功するためには

キャバ嬢で成功するためには何が必要なのか、
どうすればいいのか、
日々考えてしまいますよね。


細かなテクニックは色々ありますが、
大事なことは、お客様のために何ができるか?
を日々考えることかもしれません。


このご時世、お客さんは、わざわざ高いお金を払って
お酒を飲みにきてくれるわけです。


なぜ、高いお金を払ってまでお店に来てくれるのか?
何を望んでいるのか?
常に考えることが大切ではないかなと思います。


ですので、何とかしてお酒を飲ませようとか、
嘘をついて気に入られようとか、
そういった考えだと、失敗する可能性が高くなります。


それって、お客様のためじゃなくて自分のためですよね?


何でもそうだけど、自分本位で仕事をしていては、
キャバ嬢として成功するのは難しいと思います。


目の前のお客様は何を求めてお店に来ているのか、
それがわかったらとても嬉しいし、
キャバ嬢としても、一歩前に進める気がします。