両親のケアに忙しい!精神的負担軽減の知識

November 27 [Fri], 2015, 0:05
長い事親の介助・看護を継続している人は、愚痴を打ち明ける知人が近くにいないので辛い思いをするケースも珍しくありません。

これは同年代となると親しい人に似た境遇の人があまりいないことの他にも、現代の親族付き合いなどが細々としたものになりつつある事も理由ではないでしょうか。

親の介護問題に相対する際、先ず専門機関に助言を請うようにしましょう。また、担当相談役などがいない、そんな時は居住する市町村に設置されている在宅介護支援センターを頼るといいのではないでしょうか。
ケアサービスの送り迎えのためにもそれ用の車に買い替えるタイミングを見計らっています。

これは公共の機関である為無償で相談できます。民間企業の方からもケア事業に参画する法人が急増しており、保険が利用できる介護サービスのみならず、食事配送あるいは家政の援助といった柔軟なサービスまで、色々な顧客ニーズに応えた事業が沢山できているのが現状です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kxon0n7
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kxon0n7/index1_0.rdf