餓鬼の啓発

September 27 [Fri], 2013, 20:28
餓鬼は更に強靱なことにわかります。この点、すべてのはその人がすべて明らかなことを知っています。自分であるいは間もなくどれだけ大きいかの困難に直面する直面するに関わらず;足もとにの道はなんとのでこぼこがと曲がりくねるに関わらず。私達の餓鬼は依然としてなんとの剛毅さ、自信です。あなたはそれの毎日のぐらいを見て、口もとはいつも少しも淡く微かなことを掛けていて笑います。その笑って、そんなにの独特さで、人の眠りに各種を出して来ることを意味させます。あれは1種がどんな笑うのですか?あなたはそれを見て、頭を上げて健脚で、自己の生命の旅の中で行進して、前へただ1歩進むだけ、それは1頭を上げてについて、口もとの1、ほうりだして少しも笑ってきます。このような笑うこと、苦しみの中で帯は渋いです;このような笑うこと、人を感激のあまり奮い立たせます!すべての生命の体、それは私達の餓鬼に出会うのでさえすれ(あれ)ば;あるいはこのように1人のとても特別な餓鬼がいることを知っているのです。全てそれの自らつとめ励んでやまない奮闘する精神の中からくみ取って着いて、いくらかはそれの心の力から来ました。前へ、再び前に向かいます;努力、再び努力します。前に剣の山がまだ火の海なのなのに関わらず、断崖はまだ深淵で、あなたはこれまでと少しも変わらないで、自分で信仰が厚いもののため、確固不動とします!あるいは節操をかたく守り移しません!信じて、永遠に信じて、前に明るくて、この土砂が舞いどんよりしている古人の言うすきなことを出て行くのでさえすれ(あれ)ば:山と水が連なり道が絶えている、苦境にあって希望が見えてくること又一村。私達の餓鬼、このようなで、1つの苦しい立場からもう一つの苦しい立場に歩いてつきます。それの生命の旅を完成しました。実は、天に昇ってみだりに殺生をしない品徳があります。お互いはすべて同じではありませんか?運命このように、人生このように:あなた、私、餓鬼、あるもっと多い自然界の生命、どうしてだろうこのように!1つの生命の体の一生、実は更にわかるべきなのは強靱です。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kxaipsu/index1_0.rdf