生命保険は大きな買い物

July 17 [Wed], 2013, 19:07
100年に一度の不況時代と言われる現在、リストラにあった人はもちろんのこと、仮に会社に居座ることができたとしても、残業カット昼勤のみなどでそれまでのような収入は得られない家庭が多くなっています。
小麦粉を始め多くの食材が価格アップをしたこともあり、不景気やリストラの影響がサラリーマン家庭をより圧迫していることは目に見えて明らかです。
こうなると限られた収入の中で徹底的に生活費をスリム化するための対策が必要となってきます。
クビは切られなかったが残業も各種手当てもカットされた人、リストラにあって失業給付を受け取っている人、いずれにしても以前より収入は激減していることでしょう。

こんな不況時代を乗り切るには、今の生活費を徹底的に見直し、無駄はどんどん省いていかなくてはなりません。
人生で一番大きな買い物はマイホームだと言いますが、意外に私たちの家計を圧迫しているのが民間の生命保険なのです。
例えば毎月5万円の保険料を30年間払い続けたとしたら、1800万円にもなります。
マイホームは熟考に熟考を不登校 通信制高校重ねてローンを組んで支払っていきますが、保険に関しては保障内容も詳細までは理解せずに契約してしまう人が多いようです。
住宅ローンと同じように長く払い続けていくものですから、高い買い物と思ってよく考えてから契約すべきです。

確かに保険は万が一の事態に備えて必要なものです。
しかし未来の安心のために現在の家計が回らなくなってしまっては、将来への何の対策にもなりません。
退職を機会に今一度、自分の契約している保険証券を確認して、内容と保険料を再検討してみましょう。
いくつもかけもちして契約している場合、保障内容にダブリがあれば一つに絞ればかなりの節約効果があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かえでxeo9
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kx1cnyls/index1_0.rdf