お城に出る妖怪を退治だ! 小学生34人が忍者修行 / 2010年04月05日(月)
 福知山市の福知山城公園一帯で4日、光秀忍たま武道大会(実行委員会主催)が開かれ、小学生たちの扮する忍者が吹き矢、手裏剣、水走りなどの修行に励んだ。

 福知山お城まつりに合わせたイベントで、市民ボランティアで組織する実行委員会が毎年催している。今年で10回目を迎えた。
 
 忍たま(子ども忍者)が、明智光秀の命を受け、福知山城に出没する妖怪退治に向かうというストーリー。
 
 城の本丸広場に集まった34人の小学生たちは、福知山の歴史や忍者の心得を学び、吹き矢と手裏剣投げに挑戦したあと親水公園に下り、メンバーが扮する河童が現れる法川で、水走りを体験。浮き輪で中継地点まで渡り、そこから、川に浮いた柔らかい板上を走り抜けた。対岸に無事着くと見守る父母らから拍手が起きていた。 4月5日15時2分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000301-rtn-l26
 
   
Posted at 16:11/ この記事のURL
著名写真家が撮り下ろす21世紀モッズカルチャー−ライカ銀座で写真展 /東京 / 2010年04月05日(月)
 ライカ銀座店(中央区銀座6、TEL 03-6215-7070)で4月9日、ホルスト・A・フリードリッヒさんの写真展「I’m One:21st Century Mods」の開催が始まる。(銀座経済新聞)

 ファイン・アート・フォトグラファーとして受賞歴のある国際的に著名な写真家フリードリッヒさん。1966年、フランクフルトで生まれ、ミュンヘンで写真を学んだ後、ニューヨーク・タイムズやインデペンデント・マガジンなどのフリーフォトジャーナリストとして活躍してきた。これまでに世界中を旅し作品を撮り続け、現在はロンドンを拠点として活動する。

 同展ではフリードリッヒさんが昨年8月に出版した写真集「I’m One:21st Century Mods」から作品14点を紹介。同写真集は10年以上を費やして現代の英国のモッズ・コミュニティーを記録し、24時間パーティー、スクーター・クルーズ、ダンス・コンテストなどの取材から生まれた写真集で、「21世紀のモッズ・シーンの隆盛ぶりを示す」(同社)。

 モッズカルチャーは60年代に誕生し、80年代にリバイバル。現代ではザ・ホラーズ、ジ・エナミー、ダフィー、ザ・ライフルズなどのコンテンポラリー・アーティストたちが代表的な信奉者となっている。

 同社広報担当の岸本さんは「モッズファンのみならず英国の音楽とファッションを愛する方にはお楽しみいただけるのでは」と話す。

 開催時間は11時〜19時。月曜定休。6月13日まで。

【4月5日15時42分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000029-minkei-l13
 
   
Posted at 16:11/ この記事のURL
マイクロソフト、パートナー8社と中小企業向けのWindows 7移行支援策を展開 / 2010年04月05日(月)
 マイクロソフトは4月1日より、中小企業を対象にWindows 7の導入促進を目的とした施策「Windows 7へお手軽引っ越しキャンペーン」を開始した。ソフトウェア/ハードウェアベンダー8社がWindows 7の移行ソフトや搭載PCを割安で販売、同社がキャンペーン告知や営業活動のサポートなどを行う。

 マイクロソフトによると、中堅・中小企業におけるWindows 7の導入は順調に進んでいるものの、移行時のデータ移行やハードの買い替えに課題を抱えているという。そこで同社は、データ移行ソフトを扱うソフトベンダーと協力して、ソフトウェアの割り引き販売キャンペーンを展開。またハードベンダーとも組んで、Windows 7搭載PCの特別価格での提供など買い替えキャンペーンを支援する各種施策を打ち、中小企業におけるスムーズな環境移行を図る。

 キャンペーンを実施するソフトベンダーは、AOSテクノロジーズ、ジャングル、ソースネクストの3社。ハードベンダーは、NEC、エプソンダイレクト、日本ヒューレット・パッカード、富士通、レノボ・ジャパンの5社。 4月3日19時1分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000016-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 16:08/ この記事のURL
デジカメのデジタル家電化はどこまで進むか / 2010年04月05日(月)
 デジカメにおける顔検出やシーン認識などは一般化し、最近ではGPSや無線LANなどデジタル家電的な機能やサービスに対応する製品も増えた。そうした流れはどこまで行くのか?【斎藤健二】

【前編:2010年、デジカメのデジタル的進歩とは何か】

ITmedia: 前編ではデジタルカメラのデジタル的進化について聞きました。アナログカメラではあり得なかった、デジカメならではの付加機能というものがあります。最近ではそうした付加機能もカメラ的な機能ではなく、GSP搭載によるジオタグ付加や無線LAN内蔵/対応など、デジタル家電的な機能を搭載した製品が増えているように思えます。

渡邊(ITmedia デジカメプラス編集長): ニワトリと卵の話になってしまうのですが、需要のないところにデジカメというマスプロダクトは作れません。とはいっても需要は作っていかなくてはならない。それのせめぎ合いです。

 無線LANでいえば、スタジオ用トランスミッタは定番製品ですし、コンパクトデジタルカメラでも内蔵した製品は以前よりあります。GSP内蔵製品も既に存在しています。ですが、無線LANをカメラに内蔵すれば消費電力の増大を招きますし、磁石の塊ともいえるズームレンズとGPSを1の筐体に納めるためには防磁設計とアンテナ感度の両立という課題に取り組まなくてはなりません。

 こうした付加機能は最終製品の価格に反映されてしまいますが、ソニー「DSC-HVX5V」はGPS搭載にあたって「かなりのコスト的な無理」をしたそうです。無理をしてでも機能として搭載すれば、新たな利用者を獲得できると踏んでのことでしょう。

 ただこうしたデジタル家電的な機能は、カメラだけでは完結しないことが多々あります。ネットワークがない場所での無線LAN搭載機は何ら意味を持ちませんし、GPSを搭載して撮影画像へジオタグを埋め込めても、それを表示するアプリケーションやネットワークサービスがなければ、機能を搭載しただけのオモチャに過ぎません。そうした意味では、まだまだ、搭載したというレベルの製品が多いように見えます。

ITmedia: カメラで完結しない部分、今後の流れはどんな方向にいくんでしょう。

渡邊: 悲観する必要はないな、というのが個人的な感触です。デジカメの何が楽しいですか?という問いに対して、市場が立ち上がりはじめた当初は撮ったその場で写真が見えますという「即時性」が、その後にプリントやネットをつかった閲覧サービスなど「共有」がアピールされ、利用者の支持を得ました。

 そして2009年には、デジタルフォトフレームの販売数が100万台を超えました。デジタルフォトフレームは基本的に単純な機能しか持たない「写真立て」ですが、「デジタル時代の写真立て」としての利便性で市場に受け入れられました。「デジタルならでは」として提案する機能や楽しさ、サービスが消費者の心をつかめば、市場が成立するともいえるでしょう。

 近々にモノになりそうなのは、無線LANではないかと思います。無線LANというインフラの普及率がそれなりに高いことが理由のひとつ、無線LAN内蔵メモリーSDカード「Eye-Fi」の影響も大きいですね。ニコン、カシオ、サンヨー、キヤノンなどで標準対応する機種も増えています。これらの利用者が増えていけば、時間はかかっても市場ができあがると予想しています。

●撮った後どうするか。写真共有サービスと動画の関係

ITmedia: 私の母親が、先日「写真撮ってフォト蔵というサービスを使うとみんなですぐに見られるのよ。便利」といっていました。ITリテラシーが高い人ではありませんが、デジタルデータとしての写真をネットで共有する楽しみを満喫している。ここにはまだニーズがあるようにも感じているんのですが。

渡邊: 写真共有サービスは、「見せる」という目的は同じでも、紙という物質にしないので、どうしても分かりにくさが残ります。そのあたりは課題です。オンラインサービスはデジカメプラスでも積極的に取り扱う予定ですので、目を通していただけるとうれしいです。

ITmedia デジタル一眼でも当たり前のように撮れるようになってきた動画ですが、機能としては以前から存在しているためか、目新しい差別化要素になっているかというと、そうでもないように感じます。今後、どのように普及していくのか、そのあたりの考え方を教えてください。

渡邊: そもそも素人の動画を見て楽しいか? というのがあると思います。テレビに代表されるプロフェッショナルの映像に親しんでいるなかで、素人が撮った映像を果たして見たいか。UGCの代表格といわれるYouTubeにしても、膨大なアーカイブから万人が楽しめる映像を探すには一苦労です。一方で「この前の送別会のスピーチを動画で撮ったよ。15秒だよ」といったら見てくれるとも思います。

 ホームビデオは家族の成長記録をアーカイブする手段として定着し、イコールビデオカメラ市場として存在していますが、別の市場としてスナップ写真を撮るように動画を撮って人に見せる、というコミュケーションツールとしての使い方・楽しみ方はこれから伸びていくのではないかとも感じています。

ITmedia: 海外ではビデオブロガーというような人たちがいて、MP4カメラといわれる「FlipVideo」や「Bloggie」などを使って、静止画のかわりに動画を撮ってブログに使っているといわれますが、日本ではどうでしょう。

渡邊: スナップ動画でいいなら、“カメラ”で撮る必要はない気もします。映像を残すだけならばiPhoneなどでも構いませんよね。じゃあ、カメラならではの映像とはなんでしょうか。一義には映像のキレイさを挙げられますが、ならばビデオカメラのほうが優位な点が多いです。「カメラの動画」には、映像のキレイさと取り回しの軽快さ、そのバランスが求められるように思います。ですが、そのバランスはどこにあるかというと、カメラの動画に対するニーズが固まっていないために、定まっていないというのが現状ではないでしょうか。

 ハイビジョン動画がデジカメで撮れます、というのは各社製品がアピールしていますが、撮った後にどう楽しむかまではきちんと打ち出し切れていません。強いて言えば総合家電メーカーであるパナソニックがSDメモリーカードを軸にした提案を行っているぐらいです。ですが、HDMI端子を備えたカメラも増えていますから、この領域についてはこれからの進歩に期待したいですね。

 写真でも動画でも、各社とも「撮ったものをカメラの中に閉じ込めてほしくない」という思いがあります。ただ悲しいかな、カメラ専業メーカーが多いので、「見る」「編集する」「共有する」など、撮影した写真と動画の活用までトータルで作り込んで提案できているメーカーはほぼありません。そう考えると、ソニーによる、動画共有サイト「eyeVio」売却は残念だったなあと思います。

●コンパクトデジカメはどうなる

ITmedia: コンパクトデジカメの市場規模が縮小しているという統計結果が出ました(2009年度CIPA統計調査では、レンズ一体式デジタルカメラの総出荷数は前年比70.9%の約11億6200万台。2008年は前年比101.4%の約16億3900万台)。景気動向に左右される側面があるともいえますが、次第にエントリー層も取り込みつつあるデジタル一眼レフ、高画素化・高機能化が進むケータイカメラ。上から下から攻められ、コンパクトデジカメの市場はなくなってしまうのでしょうか?

渡邊: レンズを一体化したコンパクトデジカメの本質は「手軽にきれいな写真が撮れる」単機能さにあります。一般的にシンプルな道具へのニーズが尽きることはありませんから、コンパクトデジカメへのニーズもなくなることはないと思っています。

 デジタル一眼との比較でいえば、レンズと本体が一体化しているからこそできることがたくさんあります。手のひらサイズの超高倍率ズーム機といった小型化や、防水耐衝撃などのタフネスさ、AFを含めた高速処理などはコンパクトデジカメの特徴を生かしたからこそ実現した性能・機能です。

 コンパクトデジカメには、シンプルさに特化した道具としての道が1つ。写真を撮って、それを活用するという先鋭的なデバイスとしての道がもう1つ。これだけデジカメが普及している今だからこそ、背面液晶で見るだけではなく、ネットワークを介して見てもらう、共有するなど、撮影したデータを活用することがより重要になるでしょう。

 デジカメプラスでは、カメラをコミュニケーションの手段であったり、家族の成長の記録であったり、自分の生活を豊かにするプラスαの要素として考える人に向けて中身を作っていきたいと思っています。

ITmedia: カメラがある生活、という感じでしょうか?

渡邊: カメラが生活、ではなく横にカメラがある生活を応援します、というイメージです。カメラ単体の話題ではなく、どんなふうに撮影するのか、撮った写真をどう活用していくのか。そうした観点から、カメラのある生活を紹介、提案していきます。デジカメプラスを楽しみにしていてください。

(デジカメプラス) 4月5日12時27分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000020-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 16:06/ この記事のURL
ソニー、「唐草模様」を施した女性向けのサイバーショット / 2010年04月05日(月)
 ソニーは5日、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」の新製品として、「DSC-W350D」を発表。23日から発売を開始する。予想実売価格は27,000円前後。

ジュエルピンク、プレシャスホワイトの詳細画像

 同製品は、有効画素数1,410万画素、広角26mm(35mm判換算)、光学4倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「DSC-W350」をベースに、女性向けに華やかなデザインを施したプレミアムデザインモデル。「日頃から持ち歩く小型デジタルカメラをファッションアイテムの1つとして捉えてもらいたい」というコンセプトのもと、企画・開発・マーケティングは、女性メンバーを中心にしたという。

 カラーはジュエルピンク、プレシャスホワイトの2色。ジュエルピンクは淡めの色を採用し、本体前部には角度によって現れたり、消し込まれたりするようなボタニカルパターン(唐草模様)をデザインとして施した。プレシャスホワイトは、ドットパターン/ラインストーンを組み合わせたデザインパターンを採用。双方、レンズリングにも装飾を施し、アクセサリー的なイメージを高めたという。

 別売りアクセサリーとして、本体デザインと調和したカメラケース「LCS-WJ」(予想実売価格は3,360円)を用意。カメラ本体とのトータルコーディネートが楽しめるという。

 撮像素子は1/2.3型総画素数約1,450万Super HAD CCD。レンズはカールツァイス製の「バリオ・テッサー」を採用し、F値はF2.7(ワイド)〜F5.7(テレ)。焦点距離はf=26〜105mm(35mm判換算)、液晶ディスプレイは2.7型。内蔵メモリは約45MBで、外部対応メディアはメモリースティック/SD/SDHC。対応フォーマットは静止画がJPEG、動画がMP4(MPEG-4)で、動画は最大ハイビジョン(720p)撮影が可能。インターフェースはUSB/AV出力。本体サイズは幅90.7×高さ51.5×奥行き19.4mm、重さは120g(バッテリ、カード含む)。

【4月5日15時49分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000019-rbb-sci
 
   
Posted at 16:05/ この記事のURL
プリンスアイスワールド追加公演決定。ゲストに浅田真央が出演! / 2010年04月05日(月)
5月1日(土)から3日(月・祝)に新横浜スケートセンターで開催されるアイスショー『プリンスアイスワールド2010 横浜公演』の追加公演が決定した。追加公演は4日(火・祝)と5日(水・祝)。ゲストに先日の世界フィギュアで2年ぶりに優勝した浅田真央の出演が決定した。浅田のほかにも荒川静香や本田武史、八木沼純子らが出演する。チケットは4月4日(日)より一般発売開始。

浅田真央以外の出演者の写真

また、1日から3日に開催される本公演には、高橋大輔に加え鈴木明子の出演も新たに決定した。本公演のチケットは現在発売中。

出演者は以下のとおり

<5月1日〜3日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、高橋大輔、鈴木明子
<5月4日・5日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、浅田真央


【4月1日15時16分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 16:04/ この記事のURL
ドリームゲート王者YAMATOがまさかの初戦敗退=DRAGON GATE / 2010年04月05日(月)
 DRAGON GATE シングル・ナンバーワンを決定するトーナメント「KING OF GATE 2010」が、4月3日神戸サンボーホール大会で開幕した。今大会には、総勢16選手がエントリー。翌4日の京都・KBSホール大会と合わせ、トーナメント1回戦の全8試合が行われた。

 1回戦の注目カードは、現オープン・ザ・ドリームゲート王者のYAMATOと、第2回大会の優勝者でもあり、3・22の両国国技館大会では伝説のアブドーラ・ザ・ブッチャーからフォール勝ちして勢いにのるDRAGON GATE最年長選手の望月成晃の一戦。
 試合は、王者の意地を見せるYAMATOが有利に進めるも、後半に入り望月が巻き返す一進一退の攻防に。最後は望月が、YAMATOの得意技“ギャラリア”を切り返し、新技となる“裏ツイスター”をさく裂させて勝利を収めた。
 ドリームゲート王者として、優勝候補の一角と目されていたYAMATOはまさかの初戦敗退。試合後、「汚名を返上するためにも、KING OF GATEの優勝者を(ドリームゲート王座の)次期挑戦者として迎え撃ちたい」と、タイトルマッチでの雪辱を誓った。

 また、前大会の優勝者であり、前ドリームゲート王者の土井成樹や、CIMAも1回戦で敗退。トーナメントはいきなり波乱の展開となった。
 勝ち上がった8名は、4月9日(金)の岐阜大会、10日(土)の浜松大会でトーナメント2回戦に挑む。

■DRAGON GATE「KING OF GATE 2010 トーナメント2回戦カード」

4月9日(金)岐阜・飛騨世界生活センター

【Bブロック】

堀口元気
鷹木信悟

B×Bハルク
K−ness.

4月10日(土)静岡・アクトシティ浜松

【Aブロック】

Gamma
ドラゴン・キッド

吉野正人
望月成晃

■DRAGON GATE「KING OF GATE 2010 〜開幕戦〜」

4月3日(土)兵庫・神戸サンボーホール 開始18:00 観衆:1200人(超満員札止め)

<第7試合 30分1本勝負 KING OF GATE 2010 トーナメント1回戦・Aブロック>
●YAMATO
(20分19秒 片エビ固め→裏ツイスター)
○望月成晃

<第6試合 30分1本勝負 KING OF GATE 2010 トーナメント1回戦・Aブロック>
○吉野正人
(18分25秒 ソル・ナシエンテ)
●CIMA

<第5試合 30分1本勝負>
●谷嵜なおき、B×Bハルク
(11分48秒 MEDE IN JAPAN→エビ固め)
サイバー・コング、○鷹木信悟

<第4試合 30分1本勝負 KING OF GATE 2010 トーナメント1回戦・Aブロック>
●土井成樹
(13分26秒 G《ガンマ》9クラッチ)
○Gamma

<第3試合 30分1本勝負 KING OF GATE 2010 トーナメント1回戦・Aブロック>
○ドラゴン・キッド
(10分29秒 バイブル)
●KAGETORA

<第2試合 20分1本勝負>
○K−ness.、横須賀享
(9分54秒 青き光)
●超神龍、戸澤陽

<第1試合 20分1本勝負>
●堀口元気、スペル・シーサー、ドン・フジイ
(14分26秒 十三不塔→片エビ固め)
Kzy、○菅原拓也、新井健一郎

■DRAGON GATE「KING OF GATE 2010」
4月4日(日)京都・KBSホール 開始17:00 観衆:750人(満員)

<第6試合 30分1本勝負 KING OF GATE 2010 トーナメント1回戦・Bブロック>
●横須賀享
(21分49秒 ダークネス・バスター→片エビ固め)
○K−ness.

<第5試合 30分1本勝負 KING OF GATE 2010 トーナメント1回戦・Bブロック>
○B×Bハルク
(5分46秒 ファースト・フラッシュ→片エビ固め)
●サイバー・コング

<第4試合 30分1本勝負>
谷嵜なおき、○吉野正人、土井成樹
(16分20秒 トルベジーノ十字固め)
ドラゴン・キッド、●Gamma、CIMA

<第3試合 30分1本勝負 KING OF GATE 2010 トーナメント1回戦・Bブロック>
○鷹木信悟
(パンピング・ボンバー→片エビ固め)
●菅原拓也

<第2試合 30分1本勝負 KING OF GATE 2010 トーナメント1回戦・Bブロック>
○堀口元気
(9分23秒 バックスライド・フロム・ヘブン)
●ドン・フジイ

<第1試合 20分1本勝負>
戸澤陽、KAGETORA、○YAMATO
(13分55秒 変形ダブルニーロック)
●アンソニー・W・森、スペル・シーサー、望月成晃

<第0試合 10分1本勝負> ※試合開始前に行われた
●琴香、超神龍
(8分25秒 韻波句徒→体固め)
○Kzy、新井健一郎

【4月5日14時2分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000014-spnavi-fight
 
   
Posted at 16:02/ この記事のURL
カジノ日本青年館にRioやリナ、ミントたちが舞い降りた「Rio Super Carnival」 / 2010年04月05日(月)
 テクモの人気キャラクター、美少女ディーラー「Rio」の初イベント、Rio Super Carnivalが2月14日、日本青年館で開催された。

【拡大画像や他の出演者たちの画像】

 当日はRio(リオ・ロリンズ・タチバナ)役の井上麻里奈さん、ミント・クラーク役の竹達彩奈さん、リナ役のたかはし智秋さん、ローザ・キャニオン役の清水香里さん、リンダ役の日笠陽子さん、アーニャ役の福井裕佳梨さん、Risa役の井上喜久子さん(昼の部のみ)、ティファニー役の中島沙樹さん(夜の部のみ)、イベントの司会に鷲崎健さんが駆けつけた。以下はその「夜の部」のレポートである。

●今日の日本青年館はカジノの装い

 イベントは井上さん、竹達さん、たかはしさんが歌う「Lucky-Go-Round」に乗せて井上さんが「ようこそカジノ日本青年館へ! 今日は思いっきり楽しんでいってね!!」と挨拶してスタート。

 そのままRioシリーズの歴史を簡単に振り返った後はドラマ「日本カジノ化計画進行中!? 前編」へ。日本でのカジノ建設にあたって視察に来たRioとリナを手伝うべくミント、リンダ、アーニャ、ローザが合流して……という物語が生アフレコで演じられた。さすがベテラン勢が揃っているだけあって、身振り手振りを交えながらコミカルに演じて観客を笑わせ、イベントはライブパートに入る。

 ライブではリンダらしい元気いっぱいの「ハリケーン・ガール」、アーニャの可愛らしさを前面に押し出した「夢はスーパースター☆」、大人の魅力満点のローザの「Feel so nice !」といったキャラクターにピッタリの楽曲で、会場はヒートアップしていく。

●ブラックジャックでRioに圧勝!

 ライブの熱気が消えることなく始まった「バレンタインデー・ブラックジャック」では、iPhoneアプリの「Rio BlackJack」でRioと竹達さん、たかはしさん、日笠さんが勝負! 初陣を飾る竹達さんはいきなりのブラックジャックで会場を沸かせる。続いてのたかはしさんと日笠さんも20を引き当てて勝利し、勝利の女神が出演者たちに微笑んだところで、続いて「日本カジノ化計画進行中!? 後編」が始まる。

 カジノ日本青年館のディーラー(観客)の腕前をチェックすべくステージに登場したRio、ローザ、ティファニー、アーニャがアドリブ満載ドラマを演じ、観客爆笑の渦の中、最終的にはステージの4人が観客へ投げキスのバレンタインデー・プレゼントを贈ってドラマの幕が閉じた。

●PSPでもRioと会えるように

 ドラマの後には、遂に「DEAD OR ALIVE」の世界にRioが登場する、PSP用ソフト「DEAD OR ALIVE Paradice」の紹介。本作のボイス収録はクリスマスに行われ、井上さんはマイクが暖房の音を拾わないように暖房を切った寒い部屋で、常夏のバカンスを演じたそうだ。

 イベントもラストスパートに入り、再びキャラクターソングのライブパートへ。竹達さん、中島さん、たかはしさん、井上さんが抜群の歌唱力でクライマックスを盛り上げる。さらに、Rioがテレビアニメ化されるというサプライズ発表もあって会場が歓喜する中、アンコールではキャスト全員がLucky-Go-Roundをフルコーラスで歌いきり、大満足のうちにイベントが終了した。

【4月5日14時52分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000037-zdn_g-game
 
   
Posted at 16:00/ この記事のURL
GACKT初主演舞台『眠狂四郎無頼控』、全国102公演に / 2010年04月05日(月)
GACKTが初主演する舞台『眠狂四郎無頼控』の記者会見が2日に都内で開かれ、出演キャストが発表になった。剣豪・眠狂四郎を演じるGACKTは「軟弱な男子がはびこっている現代に『こんな男もいるんだ』と、素敵な男像、素敵なヒーローをこの時代に復活させたい」と意気込んだ。

GACKT初主演舞台『眠狂四郎無頼控』記者会見の写真

本作は、原作・柴田錬三郎により1956年に週刊新潮に掲載され話題となり、1963年には市川雷蔵主演で映画化され空前のヒットを記録した時代劇。今回、柴田錬三郎のご遺族、そして新潮社の後押しもあり、GACKTが華々しく眠狂四郎を復活させる。7都市102公演におよぶ全国公演が決定。

初主演のGACKTは「侍とはどういうものかずっと考えて過ごしてきました。1日5時間のトレーニングをし続け、肉体的には80%の仕上がり。食生活も制限して、今は野菜しか食べてない」とストイックな生活を明かした。過去には市川雷蔵や田村正和が演じてきた眠狂四郎、「プレッシャーが全くないかといえば嘘になるが、表現に対して自分ができることすべてを注ぎたい」と力強く語った。自分と眠狂四郎の共通点については「自分の生き方を信じ、周りに流されることなく、信念を常に持ち続ける。ときに人を導く月のような存在というのが自分の人生の生き方。そういうの部分を眠狂四郎にも強く感じる」と話した。

東京公演のみ共演する南野陽子は、「今日初めてお会いしたんですが、スターってこうあるべきなんだなぁって、忘れてたものを思い出させてもらいました」と話し、会場の笑いを誘った。会見にはほかに杏さゆり、辰巳奈都子、田中健、横内正、堤大二郎、嶋田久作、徳山秀典、古堂たや、古本新乃輔が出席した。

舞台は、5月14日(金)〜28日(金)の東京・日生劇場を皮切りに、大阪公演9月28日(火)〜10月20日(水)、名古屋公演11月20日(土)〜12月3日(金)、福岡公演12月7日(火)〜12月10日(金)、札幌公演12月19日(日)〜23日(木・祝)、広島公演2011年1月10日(月・祝)〜15日(土)、仙台公演2011年1月20日(木)〜25日(火)まで展開。9月28日(火)からの大阪公演は新歌舞伎座のこけら落とし公演として上演される。東京公演のチケットは発売中。

【4月2日19時34分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000003-pia-ent
 
   
Posted at 15:59/ この記事のURL
米国 空港での入国審査強化策を発表 / 2010年04月05日(月)
ワシントン(CNN) 米政府当局が空港での入国審査時の検査を強化する。航空各社や他国政府当局に対して、潜在的なテロリストに関する「脅威に基づくリアルタイムの情報」を提供するという。昨年12月25日に起きたノースウエスト機での爆破テロ未遂事件を受けて、安全管理策の強化が検討されていた。

今回導入される施策では、これまでのイスラム諸国を中心とした14カ国の搭乗者に対する追加的な入国検査を廃止し、米運輸保安庁(TSA)が潜在的なテロリストの名前やパスポート番号の一部、これまでの渡航情報などを航空会社や他国当局に提供し、必要に応じて詳細検査を実施することが予定されている。搭乗禁止者リストの使用や、ランダムに選出した乗客に対する追加的検査といった現行の制度は継続される。

国土安全保障省のジャネット・ナポリターノ長官は、「一次検査以上に詳細な検査を実施する必要があるかどうかを判断するうえでは、新方式が有効だ」と説明している。

米情報機関は、脅威に基づく情報を基に、追加検査を実施する乗客を選び出す。当局関係者によれば、追加検査の対象者を特定するうえで、人種は材料とはなるが、具体的な特徴に加えて信頼性の高い情報が入手できている場合にのみ参考するという。

新しい方式では、航空会社や他国政府機関の協力が不可欠で、規定を遵守しない場合には罰則規定が適応されるという。だが、米当局関係者は、「飛行安全性の確保はむしろ航空会社や他国政府機関にとって有益なこと」と述べ、とくに懸念はないとしている。

ナポリターノ氏によれば、国連機関の国際民間航空機関(ICAO)がすべての国際空港を対象とした安全規約を定め、安全管理分野での連携が強化される可能性があるという。 4月4日19時30分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000011-cnn-int
 
   
Posted at 15:58/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!