安くつくることが 

2009年10月09日(金) 13時25分
マイケル・ベイ監督は、超大作「トランスフォーマー」シリーズを手がける一方で、低予算ホラーで現在の不況に対抗する。ベイ監督のホラー作品製作会社プラティナム・デューンズは、パラマウント・ピクチャーズとファーストルック契約を結んだことを発表した。プラティナム・デューンズは、2001年の創設以来、 「テキサス・チェーンソー」(03)、「悪魔の棲む家」(05)、「ヒッチャー」(07)、「13日の金曜日」(09)など、ホラーのリメイク作品を主に製作してきた。

 ベイ監督は、「不況下では低予算で製作して、スタジオに良いサービスを提供するよ。我々はたくさんの成功例を持っているしね」と語る。共同創業者のブラッド・フラーも、「安くつくることがカギ」と口を揃える。

 同社製作の「テキサス・チェーンソー」は、1000万ドル以下の製作費に対し米興行収入8000万ドルを記録。「13日の金曜日」に至っては、製作費2000万ドル以下に対して興収6500万ドルと十分な利益をあげている。

 同社とパラマウントの契約による最初の作品は、「ザ・ブッチャーハウス・クロニクルス(原題)」となり、「THE JUON/呪怨」(清水崇監督)のスティーブン・サスコが脚本を担当する。 デリヘル 池袋 パイパン 今後は、アクションやスリラー作品も製作していく意向だ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kvjdfpsn
読者になる
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる