本当に勘違いしているのは誰だろう?

April 30 [Sat], 2011, 23:34
のような存在をなんと呼べばいいのだろうニュースブログ連名ブログいまや、スゴレンを凌ぐ勢いで酷い記事を配信し続けているの中でも、外国すまひは外さないですねぇ。そもそもが外国と言いながら、ネタはアメリカしかないんだけど、外国人と言っても身の回りくらいの話なんだな。一般的に、ニュースブログ系はそういった批判をかわすために、たいていは海外の記事をパクって引用することによって、裏付けらしきものを担保するわけだし、外国すまひも例外ではないんだけど、モーガン彩の場合は無謀にも、自分の夫と身の回りの一般化を図るわけ。外国人の夫優しいは大きな勘違い他の日記でもタイトルからして、オマエの盗撮動画夫が全外国人を代浮オないだろと突っ込まれているけど、ここまで酷い文章はあまりないですよね。国際結婚旦那さん優しいでしょう決まって言われるのがこのセリフ。確かに日本人の中には、欧米人男性は家庭的という共通認識があります。だから、こう言う人が多いのは想像に難くないんだけど、じゃあ、よく知らない人の配偶者に対して他にどんな言いようがあるというのか国際結婚旦那さんナニが大きいでしょうと訊きたくても、フツーは訊けないでしょ外国人の夫は優しいという固定観念。どうやらレディファースト優しい人だと思われてしまうようです。それほど深い考えがあっての話じゃないでしょ。ーか、優しくない配偶者と結婚する人って、多くないよねまり、ご主人、男性でしょとか、ご主人、人間でしょという話と大差ない話だよね。でも、本当にそうでしょうか夫をよく知らない知人に、闇雲に夫を褒められるたび、なんだかモヤモヤとした気分になるのは理由があります。要するに、本人の勘違い。というか、褒めてないでしょご主人、男性でしょいやぁ、そうなんですけど、あまり褒めないでくださいよ。なんて会話はありえないし。日本人の中にはレディファーストに慣れていないため、ドアを開けてもらったり、優先的に道を通してもらったりすると、必要以上に感激してしまう人もいるかもしれません。しかし、欧米ではそれが一般常識であり暗黙の了解である、いたって普通の行為であることはご存じの通り。近年は日本の男性も意識が高くなり浸透しありますが、まだまだ定着しているとはいいがたいですよね。そうなのまだまだ定着しているとはいいがたいってところですけど。それこそ、モーガン彩の身の回りの話でしょ日本の男性も意識が高くなりって、モーガン彩がどんなお育ちか知りませんけど、私の個人的な体験で言えば、私の田舎も含め年以上前から人を押し退けてドアを通ったりする人はいないし、お互いに道を譲り合ったり、開けたドアを人の為に押さえたりというのはごく普通のことだったと思うのですよ。それこそ、日本では女性に限った話じゃなくて。だからといってレディーファーストをする者が、しない者よりも優しい気持ちを持ち合わせているかといえば、まったくそういうわけではありません。こうして言葉にしてみると当然だと思われそうですが、実際いも誤解されるので妻としては複雑な気分になるのです。だれも、レディーファーストが優しいとは言ってないよねというか、単なるプロトコルでしょ日本家屋の玄関では靴を脱ぐ、トイレに入ったらパンツをおろす、女性は口説くと同じ感覚の、決まり事ですよね。よく知りもしない人に国際結婚外人のセックスって即物的だよねなんてことをいきなり言う人はいないでしょレディーファーストに拘ってるのはモーガン彩だけじゃないのかな。外では色々と気遣ってくれる夫ですが、家の中ではレディーファーストとは言い難いところが多々あります。例えば、家事を一切やらないという点。我が家では、妻に対して女だから、家にいるからと家事を求められることはないのですが、いざ何かをするときはなかなか手伝ってくれません。もちろん僕がやるよ、一緒にやろうと言う、本当に優しく思いやりのある外国人のご主人もいらっしゃるようですが、基本的に家事の手伝いなどは、レディーファーストの対象には入らないと考える男性が多いようです。いまは日本でも、レディーファーストに限らず、家事のワークシェアは一般的なんじゃないですか要するに、国際結婚だろうとなかろうと、モーガン彩はハズレってことだよね。基本的に家事の手伝いなどは、レディーファーストの対象には入らないと考える男性が多いのは当たり前で、レディーファーストとは無関係に思いやりの問題でしょ。特にアメリカの場合、家事と言っても料理を作る、掃除、買い物くらいじゃん。たいていの家には食洗機、洗濯機、乾燥機があるから、後はアイロン掛けいざ何かをするって、何をするのレディファーストが出来るかどうか優しいかどうかというのは、当然ながらそれぞれの育った家庭環境や躾によるもの。両親が何でもやってくれて、子供たちに手伝いをさせないような家庭で育ったうちの夫のような場合は、なかなか手伝ってはくれません。夫のお育ちをアレコレ言う程度の女性には、それなりのお相手ってことですよね。両親が何でもやってくれて、子供たちに手伝いをさせないような家庭というのが何を言いたいのか分からないけど、子どもは親を見て育わけでしょ。一方イギリス人の友達と駅のホームを歩いていたときのこと。サッと線路側に行く彼にこんなことを普通に出来るなんて素敵ね。小さい頃から教わるのと聞くと両親にそうするよう言われたよとのこと。言われなきゃ分からない人というのも、レベルが低いですよね。うちの夫はレディファーストすらあやしいのに甘やかされて育った息子と結婚した代償なのでしょうか。ーか、アメリカ人は野蛮だけど、イギリス人は紳士だと言いたいのかたとえ親に教えられなくても、成長の過程で本当の優しさが何であるかを自力で悟るべきではないだろうかと、我が夫のことながら残念になります。少々愚痴が入ってしまいましたが、外国人の男性がレディーファーストをしてくれるからといって、それが本当の優しさからきているかどうかというのは、まったく別問題だということがお分かり頂けましたでしょうか。在米期間がどのくらいか分からないけど、日本人を完全にバカにしてますよねレディファースト優しいなんてステレオタイプに考えている人はそんなに多くないと思うんだけどな。分かってないのはモーガン彩だけなんじゃないまあ、欧米の場合、何処に危険があるか分からないから、愛情のなくなった奥さんを先に行かせるというのもありだと思いますけどね。いずれにしても、個人の感想はブログに書けば良いと思うんだよな。海外在住モーガン彩文責文責って、書かれている内容に責任を持ってことですよねこういう、単なる個人の感想は配信しない、というのも文責だと思うんだけど、にはそういう常識も通用しないんだろうな。ーか、が配信しなきゃモーガン彩の勘違いも助長されないし、こうした勘違いを指摘できる人がいないのに文責を騙るって一番の勘違いだと思う。外国人の夫優しいは大きな勘違い外国すまひ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kvd66alpwf
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kvd66alpwf/index1_0.rdf