祖母の葬儀で、東京に帰った 

December 10 [Mon], 2012, 19:06
「帰ったら、味噌煮込み、食おうぜ。今、東京駅だから新幹線に乗ったら連絡するから。」
「えっ、喪服じゃないの?」
「喪服のまま、新幹線乗るわけないじゃん。とっくに着替えてるよ。だいたいライブに直行するんだろ?」
「あ、そうか。じゃぁ私も準備しておく。」

そんな会話をしたのは1時間前、東京駅八重洲地下街にあるスタバでのことだ。
長いこと東京の施設で介護を受けていたばあちゃんがなくなった。
その葬儀のため、急に呼び戻されたのだ。
「あんたにも葬儀の準備とか、いろいろと手伝ってもらうことがあるから。」
そう言われたわりに何もやることがないまま、葬儀はすすめられ、無事に終わった。
今の葬儀はスタッフが全部行ってくれ、身内はやることがほとんどないらしい。

名古屋についたら味噌煮込みを食い、彼女と約束していたライブに行く。
今まで通りの生活だ。
介護施設でひっそりと死んでいったばあちゃんのことなんて、思い出しもしないだろう。

もっと孝行しとけば良かったかな。
バイバイ、ばあちゃん。

東京でのお葬儀

大阪市住之江区の家族葬は故人にあったスタイルの葬儀 

September 25 [Tue], 2012, 18:53
大阪市住之江区では、近年、家族葬が増えています。家族葬が増えた原因としては、主に高齢化が挙げられます。以前までは、会社勤めの現役中か、定年後まもなく、死亡することが多く、会社の同僚などが深く関わり、中心となって葬儀を行うのが普通でした。しかし、ここ数年では高齢化社会となり、定年後20年もたって死亡する事も珍しくなくなっています。そのため、現役を引退した故人を知る人がほとんどいないのです。また、東京を中心に都心部で暮らしている子供の所へ、身を寄せた地方出身の高齢者の場合は、近隣にさしたる付き合いもないことから、極一部の遺族だけで葬儀を行うケースが増えているのです。家族葬に限らず、故人の趣味や、人柄を、反映した葬儀を行う事ができる葬儀スタイルや、近親者や、親しい仲間だけでその人にふさわしい形で、行う葬儀のほとんどが、家族葬なのです。大阪市住之江区の葬儀社では、家族葬に力を入れています。少子高齢化の問題や、経済的な負担の軽減、それぞれの葬儀のスタイルの変化などから、大阪市住之江区の葬儀社では、家族葬が増えているのです。大阪市住之江区の葬儀社であれば、電話一本で、24時間365日、すぐに、病院に迎えがきます。これは、家族葬のプランの中に含まれている葬儀社が多く、さらに、諸事情で自宅に戻れない方に関しては、安置場所も完備している葬儀社もあります。また、大阪市住之江区の葬儀社では、家族葬ホールという式場があり、1日1件で貸切で葬儀を執り行う事が出来ます。葬儀社によって異なりますが、ホールのカギを貸してくれて自宅感覚の貸切スタイルでの家族葬が可能な葬儀社もあります。

購入場所を決めていない、「顕在層」を取り込むSEOとは・ 

May 23 [Wed], 2012, 18:55
購買意識の高いリピーター、「顧客層」を取り込むSEOとは・・・
SEOとは、インターネットで情報などのキーワードを使って検索した結果を表示順に上位に自分たちのWEBサイトが表示されるように工夫することをいいます。その際、登録されているキーワードに応じて表示しますが、表示順位はサーチエンジを自らSEOメニューを用意しているところもあります。このような検索順位を上げる技術や手法をSEOと呼んでいます。検索キーワードを種類別で行うことで、SEO効果は上がります。社名や、自社で取り扱っている商品を直接名前で検索するエリアがあります。このタイプは、明確な購買意識があり、自社サイトでのリピーターとなる確率の高い層になります。この場合のことを、「顧客層」と呼ばれています。この「顧客層」を取り込むSEOの特徴としては、サイト上に取り扱っている商品や、サービスについて細かく正しい情報を適切に記述することが必要です。例えば、顧客は、既に南国をイメージした、アジアン家具を買うなら、○○サイトで購入しよう。と決めてサイトを閲覧します。その顧客やリピーターの目的にあったページなどが充実してるのであれば、それらを検索エンジンの上位に表示されるようなSEOを行うことが大切になります。

社葬の社内、社外への通知方法 

April 24 [Tue], 2012, 18:26
社葬とは、一般的な葬儀にくらべ、会葬者も多く、大規模な葬儀で行われます。特に、企業のトップの方の死になると、企業全体や、その従業員にとっても大きな影響をもたらせるものであり、決して個人の死で終わらせることはできないのです。そのような場合は、企業の発展に尽くされた役員、業務遂行中に亡くなられた社員の場合でも、功績を讃えるために、企業が遺族の方々と一緒になって追悼する行事が社葬になります。社葬を行うにあたり、社内、社外への通知も迅速に対応しなければなりません。参列する可能性のある人数が多ければ多いほど、早い対応が要求されます。会社関係者への訃報連絡は、社内通達文書や、社内掲示にて全社員に通知します。最近では、さらに追加でメールでの通知も行う会社も多いかもしれません。社外への訃報連絡は、通知状による連絡が原則です。この通知状については、インターネットでも書き方などが掲載されています。社葬を行う、2週間前までには、社外宛ての通知は発送しておかなければなりません。

奈良市の家族葬 

December 14 [Wed], 2011, 17:26
これまで参列してくださる方々が多ければ多い程良いとされてきたお葬式ですが、近年では家族や親族、または故人に縁のあった方々でお見送りをする家族葬という形式が注目を浴びるようになり、次第にそれが一般的になってきました。奈良市の家族葬の場合、公営の斎場や寺院の会館など、家族葬に向いている施設が市内に多数ありますので、これらを利用してお葬式を執り行うことができます。また、前述の通り参列する方々が限られる為、小さな葬儀とも言われており、一般葬と比較すると斎場の規模が小さくて済むことや、香典返しの用意についてもそれほど数多くを必要としないところで経済的な負担を軽減できます。また、経済的な面ばかりではなく、参列者の多くが知っている方々ですので目端が利いて行き届いた対応をすることができるので、遺族にとって精神的負担も少なくて済みます。更に参列者同士も知らない方々ばかりでもない為、故人とのお別れを惜しみながらも、その思い出を語り合うことが出来る場になる点においても、家族葬への評価は高いものがあるようです。

奈良市の家族葬

家族葬を東住吉区でお探しならここがおすすめ 

November 28 [Mon], 2011, 12:49

、最近は、家族や親しい人のみで葬儀を行ないたい。そういう人が増えてます。そんなプライベートな家族葬をするなら、落ち着いた気持ちで大切な人を静かにお送りホールのチョイスが大事になってきます。
大阪市東住吉区で葬式・葬儀社をお探しの方におすすめの葬儀社をご紹介します。
肉親がなくなったらすぐに葬儀社を選ばないといけないお葬式。不幸があった場合は精神的に混乱してしまい、余裕をもって葬儀社を選ぶことが難しいですよね。それに、葬儀の形も故人の望むものではなく、お仕着せの葬儀になってしまうこともよくあることです。

私がお葬式を行なったホールはとても満足できるところでしたので、ご紹介しますね。
東住吉区で葬儀、家族葬、お葬式をするなら、大阪市阿倍野区にある昭和町ホール。同ホールは、そんな要望にぴったりとかなうホールです。

昭和町ホール(スタイル花壇)
大阪市阿倍野区昭和町1-2-20
0120-418-794

ホームページもありますので、東住吉区でお葬式をされる方で興味のある方は住吉区の家族葬ならここがおすすめを見てください。
故人を音楽の生演奏でお送りすることもできますし、リビングルームのようなインテリアなので、自宅でお葬式をしているように落ち着けますよ。


台東区の葬儀 

October 21 [Fri], 2011, 15:06
東京都台東区は上野、浅草に代表されるように、昔ながらの下町として訪れる方々の目を楽しませてくれます。時代と共に新しい文化が取り巻く中にいても、日本の伝統芸能が受け継がれ、工芸品等の生産も盛んな文化の街、また著名な文化人を輩出した街としても有名です。そんな伝統ある台東区の葬儀は、区と提携している寺院や会館を優先的に利用することができます。(利用に際しては細かな注意事項があります)或いは上野駅や浅草周辺に数多くある寺院の葬儀場や、セレモニーホールで執り行うことできます。近年は寺院の葬儀でも宗派を問わず、広く門戸を開けているところも増えてきました。台東区も区民葬儀制度がありますので、葬式にかかる費用を少しでも抑えたい場合、大変便利です。この制度で用意できないものについては、葬儀社さんとご相談しながら準備をすることになりますが、最近では家族葬が一般的になってきましたので、費用についても相談しやすくなっておりますので、ご納得のいく形でのお葬式を挙げることが出来るようになりました。

北区の葬儀 

October 14 [Fri], 2011, 16:30
北区は昔から街道の整備が進んでおり、現在でも都心や近隣地域へのアクセスが良いところです。特に路線が縦横無尽に走り、JRの駅が一番多い地域です。人口も30万人を上回り住環境の良い地域です。北区の葬儀は、区民斎場を利用することが出来ます。他にも葬儀場や斎場を併設した寺院などもあります。中には宗教や宗派などを問わないところもありますので、形式自由な争議を執り行うことが出来ます。最近では家族葬という言葉に代表されるように、各家の方々が納得いく形のお葬式に対し、理解が示されるようになりました。更に北区の区民葬儀制度を利用すると、祭壇、棺、霊柩車などの必要最低限の道具をある程度抑えた価格で準備できます。葬儀券が利用できるのは、北区指定の葬儀社さんにお申し込みをした場合に限ります。斎場などの使用料やお花、その他のことについては葬儀社さんと相談することになります。その際はどのような形式でお葬式を挙げたいかを伝えてみては如何でしょうか。故人にとってこの世を後にする最後の儀式ですので、納得のいく形で送り出してあげたいものです。

阿倍野区の葬儀社 

October 05 [Wed], 2011, 16:33
数日前に、中学時代からの友達のお母さんの葬儀に参列してきました。
葬儀の行なわれた会館がとても変わっていました。
自宅のリビングのような作りなんです。
お葬式の「式場」という風ではないので、なんか落ち着いた感じのお葬式になっていたと感じました。

うちもお祖父さんが病気で長年入院をしているので、いずれは考えないといけないので、友達に今回のことをたずねてみました。
友達のお母さんもかなり長い病気をわずらっていて、担当医から覚悟をしておくようにと告げられていたんだそうです。
なので、あらかじめ数社の葬儀社に当たってみて決めたんだそうです。

生前に相談をすれば、余裕を持っていろんなことを考えて葬儀社を比べることもできたそうです。
もちろん、どのようなお葬式にするか、ということも家族でじっくり相談することもできたそうです。
葬儀社は、相談しながら見積もりを作ってくれるので、いろいろ質問をして説明を受けたそうです。
それで、結局、生前の予約までしたそうです。

私も友達と同じ阿倍野区に住所がありますから、私もあらかじめこの阿倍野区の葬儀社に相談をしておこうと思っています。
万が一の時になってからですと、多分しっかりした葬儀社選びはできないだろうと思いますし、亡くなった後にはしないといけにことが多いので、なるだけ葬儀の準備をしておくのが良いんじゃなかいかと思います。
 

安心して社葬を任せられる葬儀社はここ 

August 30 [Tue], 2011, 17:20

社葬は会社の信頼が試される重要な儀式です。
参列者に対するサービスが行き届かなかったり、いろいろな準備が不十分だと、信頼を失ってしまいます。
ですから、是非とも安心して任せられる葬儀社を選ばないといけません。
失敗は絶対に許されないのが社葬でしょう。
自分が社葬を行った体験から、安心して社葬を任せられる葬儀社はここをお勧めします。
なんといっても長年の実績のありますし、社会的知名度もありますし、施行できる範囲も首都圏ならOKです。