プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kuyiyzbcyaoplv
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
ARFで南北・米中対立、哨戒艦沈没めぐり / 2010年07月24日(土)
【ハノイ23日聯合ニュース】ベトナム・ハノイで23日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議で、韓国、北朝鮮、米国、中国が正面からぶつかった。
 韓米は韓国哨戒艦「天安」沈没に対する北朝鮮の謝罪を要求し、6カ国協議再開に先立ち非核化に向けた真の姿勢を示すよう促したのに対し、北朝鮮は強く反発。中国は6カ国協議早期再開を通じた局面の転換を主張した。

 この日午前に行われた自由討論で、韓国代表の外交通商部の柳明桓(ユ・ミョンファン)長官は、哨戒艦沈没の挑発行為を明確かつ心から認め謝罪するよう、北朝鮮に求めた。朝鮮半島の平和と安定を阻害するいかなる挑発行為も自制することを促すものだと強調した。また、北朝鮮は国際社会の要求を無視し核開発を続け、韓国に対する挑発と脅しも継続しているとしながら、北朝鮮核問題は6カ国協議を通じ包括的かつ根本的に解決するべきだと指摘。そのために北は朝鮮が非核化への姿勢を示すことが必要だと述べた。
 クリントン米国務長官は、「孤立し、好戦的な態度を見せている北朝鮮にいちいち対応しない」との姿勢を示した。北朝鮮が隣国に対する脅しや攻撃を中断し非核化を実現すれば、域内の責任ある国家として恵沢を得ることができると述べ、韓国の立場を支持した。
 一方、北朝鮮の朴宜春(パク・ウィチュン)外相は、韓国の謝罪要求に「盗人猛々しい」と反発した。沈没事件は完全に糾明されておらず、公正で客観的な調査をまず行うべきだと述べ、検閲団の派遣を要請したが韓米が拒否していると主張した。6カ国協議再開問題についても、「(制裁などのない)同等な協議を通じ、朝鮮半島核問題の解決に向け努力する」と強調。休戦協定という冷戦時代の遺物を早期に平和体制に変えるべきだと主張した。

 中国の楊潔チ外相は、国連安全保障理事会が議長声明を発表しただけに、哨戒艦沈没問題は「ページをめくらなければならない」と指摘し、6カ国協議早期再開の考えを示した。
 4時間余りにわたる討論で、27カ国・機関の相当数が哨戒艦沈没と北朝鮮核問題を取り上げた。ほとんどが安保理議長声明を支持し、韓国政府と国民に対する哀悼を評したと、外交当局者は伝えた。
 議長国のベトナムはこの日午前から議長声明草案を回覧した。現在最終調整が進められており、議長声明の採択は23日夜または24日午前になる見通しだ。
japanese@yna.co.kr 7月23日22時1分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000037-yonh-kr
 
   
Posted at 03:57/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!