ゴルフ肩が回らない

January 24 [Tue], 2017, 13:38
ロングアイアンの精度がとにかく悪くて、50ヤード切らないとまともにアプローチが決まらなかったとしても、
みんなに見せびらかしたくなるスコアカードを仕上げるゴルフレッスン方法がこちら



あなたもみっともないスイングとスコアを連発するのはさっさと終わりにして、下のようになりたいと思いませんか?


面白いようにスコアが伸びていく

仲間が増え尊敬されるようになる

目標がさらに高度になっていく

強烈な加速力を持ったスイングができる


他のどのスポーツと比べても、ゴルフに関する情報は豊富に手に入ります。本屋さんに行けば、ゴルフで一つのコーナーが出来上がってしまいそうなくらいですよね。

何か知りたいこと・わからないことがあれば、ネットで検索しても、大量の情報をキャッチできるものの、実はこうした環境があなたの上達を妨げている可能性があります。



ゴルフスイングというのは、一連の動作をスムーズに連動させて始めて成立します。それなのに、ゴルフがなかなかうまくならない人たちは、一部分だけを最適化しようとしてしまうんです。

グリップの握り方、トップからの切り返しのタイミングなどなど、確かに重要なポイントではあるものの、一部分にフォーカスを当てて練習をしても、ゴルフスイングの安定感がうんと上がるわけではありません。



むしろ、断片的な練習を繰り返した結果、全体的な動作がぎくしゃくしてしまい、そのせいで、ミスショットが増えている可能性の方がずっと高くなります。

あちこちに問題を抱えるようになると、何が正しくて何が間違っているかの判断もつきにくくなり、正しくできている動作にあえて手を加えるようなことも起こりがちです。



こういった練習を繰り返していくうちに、スイングのリズムがどんどん崩れていってしまい、悪い癖が身につくという最悪の結果につながりがちです。

癖を治すためにまた余計な練習が必要となるので、下のような悩みが解決するどころか、自分から進んで泥沼に足を突っ込むようなことになります。


いつも「バタバタ」したラウンドばかり

ゆったりとラウンドできたためしがない

自分のスイングが窮屈になっている

ドライバーではボールが上がらない


桑田泉のクォーター理論では、正しいゴルフスイングとは?と言うゴールがまず最初に設定され、そこに近づくためにどんな練習が必要なのか?が体系的に組み立てられています。

そのため、まずはもっとも振り幅が狭く、もっとも使用頻度の多いパターから練習をスタートさせることになります。



練習メニューの最初の方は、ごく基本的な部分からの確認となっているので、ゴルフ初心者にはありがたいものの、経験者にとっては、さっさと次に行きたくなるところです。

ただ、ゴルフは「理解しているつもり・できているつもり」になってしまうのがすごく怖いスポーツです。自分の実力を過信しないで、初心に帰ってやり直してみてくださいね。



意外なところに上達を阻んでいた落とし穴が潜んでいたりするものですから、ゼロベースで練習を見直していくほうが、結果的に上達スピードが一気に速くなる可能性があります。

桑田泉のクォーター理論では、すでにどの練習をどんな順番でやるのが最適か?と言うのが徹底的に考えつくされているので、あなたは言われたことを順番通りにやっていくだけでOKなんです。



階段を一段ずつ丁寧に昇っていくように、徐々にスキルアップできるようになっています。今のあなたにとっては難しく見えることでも、一段ずつ先に進んでいけば、意外と簡単に再現できてしまうものなんです。

ゴルフは確かにセンスや才能で左右されてしまうものの、アマチュアレベルであれば、それ以上に、どんな練習をするか?によって伸び白が大きく変わってきますよ。

→→自分が先頭に立ってコースを回れるようになる桑田泉のクォーター理論を全額返金保証付きで試してみるにはこちら







http://www.vanhouten-uk.com/binyu/
http://hiroukakumeiz.jugem.jp/
http://yaplog.jp/triathlon/

ランニングアプローチの打ち方9番

January 24 [Tue], 2017, 13:35
ゴルフに限った話ではありませんが、スキルアップしたいと思ったらやはり練習は大切です。1分1秒でも長く、1球でも多くボールを打ったほうが上達の可能性は高くなります。

できるだけ日を空けずに毎日練習に取り組んだほうが良いものの、練習量に比例して上達するわけじゃりません。練習すれば必ずしも、ゴルフが上手くなるわけはじゃないんです。



バスケットボールの神様と言われるマイケルジョーダンも、「間違った練習をしているうちは、間違ったゴールに近づくだけだ。」と言っています。

彼は実は、学生時代にはベンチを温めるようなプレーヤーだったにもかかわらず、練習の質を高めることにこだわった結果、スポーツで成功をおさめた人物です。



練習量を確保することは確かに大切なことではあるんですが、それ以上に大切なことは、上達に直結する練習メニューをこなしていくことです。

余計な部分の多い練習を続けても時間を無駄にするだけだし、悪い癖を身に着けてしまい、そのせいで上達がさらに遅くなってしまうだけです。



ゴルフで100切りすらできずに自分には才能がないと肩を落としているかもしれませんが、それは、間違った練習をしてきた可能性がすごく高いんです。

今までやってきたことはいっそのことすっぱり忘れてしまい、ゼロから正しい練習をやり直してみると、案外すんなりと上達してしまう可能性がすごく高いんです。



桑田泉のクォーター理論で練習を始めるにあたって、注意をしなければいけないのは、DVDを見るだけで上手くなるような、そんな魔法のようなことは起きるわけがない点です。

実際に自分で体を動かしてみて、初めて桑田泉さんが伝えようとしていることの意味が分かるはずです。ある程度の練習量は絶対に必要となります。



なので、練習する暇が1ヶ月に1分も取れないのであれば、DVDを買っても持て余すことになるので、その点には注意をしてくださいね。

逆に言うと1週間に1時間だけでも、素振りができる時間を確保できれば、短期間でゴルフが上手くなる余地があります。



桑田泉のクォーター理論では、余計な練習に1分だって時間を奪われることはないので、1時間練習できれば100%すべてゴルフ上達につなげることができます。

より少ない打数でラウンドできるようになれば、17ホール・18ホール目を迎えるときにも、体力を温存させることができます。



体力を激しく消耗して、スイングが乱れることもなくなるので、後半に入ってもスコアを落とすことなく、いつも通りのプレーを続けられるようになりますよ。

理屈に合わない我流の練習を続けて、ますますスイングが乱れてしまう前に、
パット数を減らす3つの練習を活用して、パーオン率が上がりさらに2パット以内で上がれるようになりませんか?

ゴルフスイングの間違った思いこみは1日でも早く捨てて、大たたきしなくなりスコアが自己ベスト付近で安定するようになるにはこちら










http://xn--vekz00gsee783cq6ya.at.webry.info/
http://golf7obara.jugem.jp/
http://genkisupport.doorblog.jp/
P R


ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング


PVランキング