フタの話

July 17 [Fri], 2009, 0:50


実はとっても機能的なのがこいつ。
『木のフタ』。
写真のフタは余っていたベニヤと角材で作りました。
100均で材料を買うと、おそらく300円。

まず、コバエが沸きません。
家の中に置くテラリウムにとってはとっても大事なポイントです。

水分調整がラク。
テラリウムに観葉植物なり、ミニ盆栽なりをほぼ必ず使うオイラとしては最重要ポイント。
水遣りを忘れて植物を枯らすことがほぼありません。過湿で枯らしてしまうこともあるので要注意。
ケージの曇りも少ないです。

ちなみに脱走は3年でオオクワ♂1頭。いままでこのタイプのフタで1頭も無かったのでついつい油断して、先月初の脱走者を出してしまいました。四隅をセロハンテープで留めると大丈夫だと思います。

デメリットはライティングするのにちょっと不便。

オオクワテラリウム

July 13 [Mon], 2009, 11:04


久しぶりに作ってみました。

テラリウムにはなかなかよさげな流木を拾ったので久しぶりにレイアウトを組んでみました。
折れた枝だと思いますが、幹の部分が洞状になっていてオオクワが住み着くにはもってこいな感じ。煮沸攻撃で殺虫&殺菌した後に配置します。配置と言っても、縦横300mm×300mmの水槽に収まるようにするには配置の仕方は限られてますけど。底は倒れないようにベニヤをビスで留めています。画像ではちょっと見難いですが、一緒に拾った枝で、地上にむき出しになった根も再現しています。



次に底床。おいらの基本は腐葉土です。なぜかというと、仕上がりが断然自然な雰囲気です。しかも昆虫マットだと植物が根付かないで枯れちゃうし。ちなみにダイソーで105円。そして植物はこいつ。ブナです!たまたま道の駅のフリーマーケットで発見。580円でした。



流木は流されてまだ日が浅いようで、状態も程よい感じで朽ちてるので、このまま産卵まで持っていけるかもしれません。樹種はブナと思われます。上流はブナの森だし。ん…産卵木としてしまうにはちょっともったいない気もしますが、オオクワだから多分産むんだろうなぁ。





元気モリモリ自己採集個体オオクワ

March 14 [Sat], 2009, 0:26


悲しいことに

自身初の自己採集個体オオクワ♀が☆となりました。
今年で4シーズン目を迎えるはずでしたが、
シーズン本番を迎える前に天にお帰りになりました。

ケージと止まり木の間に挟まって身動きがとれず、発見したときには、だいぶ弱っていたので、
レイアウトに問題があったのかもしれません。
注意が必要、反省です。

同じシーズンに捕獲したこいつはいたって元気。
指に乗せるとガシッと掴まっておりました。
長生きして欲しいものです。

冬も越冬させずにいると寿命が短くなると、何かで見た記憶がありますが、
わが家は北国。
昨日、今日の外気は日中で0℃前後なため、
寒さで落ちることのほうが心配で、
一日の気温が18度〜21度のエアコンの効いた部屋で
今年はで過ごして頂いております。


2008

December 31 [Wed], 2008, 23:46


最近のテラリウムをUP。
住人は自己採集のオオクワペア(♂49.5mm・♀38.0mm)。
娘が生まれた年に某所の街灯で採集したもの。
2009年には4シーズン目に突入です。

テラリウムのコンセプト

September 16 [Tue], 2008, 21:13



クワガタのテラリウムはいろんなサイトやブログでみることができます。それはそれは素晴らしい作品から、プラケースの成虫飼育にちょっと毛が生えたものまで様々です。屋内で観賞を目的としたものが多いのでしょうから、かなり手の込んだレイアウトのキレイなものが少なくありません。

しかーし!!!
ちょっと待てよ。クワガタってこんなところに住んでないよね。と思うものがなんと多いことか。

まあ人それぞれの楽しみ方があるので本人が満足ならそれでいいのですが。

ただ、自分がテラリウムを立ち上げるときに心がけているのは、いかに美しく、カッコよく、忠実に生息環境を再現できるかということです。
そんでもって、機能的。コバエが沸いたり、ケージ内が曇ってしまったり、せっかくのレイアウトを美しく保つのはなかなか大変。いつか満足のいく作品を作ってみたいと思います。

フィールドへ

August 04 [Mon], 2008, 23:45


 








 クワガタテラリウムのブログなわけですが、ネタ切れ気味。そこでネタを探しにフィールドへ出てみました。フィールドと言っても街灯回りなんですけど。場所はオオクワが採れることで有名なところ。運が良ければオオクワの写真をupできると言う訳です。夏休みということもあってか家族連れがかなりおりました。ライトトラップを張ってる方々も3カ所で目撃。街灯にも虫が群がっています。今日はカブトムシがやたら飛んでいました。それとノコ、アカアシ、ミヤマ、コクワの順で飛来数が多い感じです。カブトムシを採って小学校の低学年くらいの子が大喜びしています。でもホントはこの辺って、採っちゃいけないとこらしいんですけどね(汗)あまりそのことは知られてないらしい。てか、おいらも最近知りました。カブトムシ捕まえて喜んでる子に『ここで捕まえちゃダメなんだよ』なんて言えないっすわ。ちょっと前までは自分も採ってた訳で、大人の採集者だっていっぱいいるのに。
というわけで、オオクワはいませんでした。まあ予想通り。

何これ?

July 29 [Tue], 2008, 1:24



週末に海で撮影したものです。イルカか何かですかね〜。ちなみに、波打ち際にドロドロに溶けた状態でもう一匹同じ生物と思われるものがおりました。

オオコクワ産卵セット

June 28 [Sat], 2008, 14:11
テラリウム内のオオクワがガリガリやり始めたので産卵セットを組んでみました。あの交雑が懸念される個体です。どういう結果になることやら。100円ショップなのに200円したダイソーの産卵木と。こちらも200円の昆虫マット。マットは成虫・幼虫用一次発酵マットとなっておりましたが、だいぶ発酵が進んで、軽く2次発酵を超えてる感じです。オオクワの幼虫には厳しいかもしれませんね。ミヤマにはもってこいな感じです。産卵セット用なのでまあ関係ありませんが。




ついでにオオクワ産卵セットも組みました。産卵セットと言っても、60cm水槽に組んだテラリウム風の産卵セットです。携帯電話のカメラで撮影したものなので見苦しいかもしれません。ごめんなさい。




洞に定着

June 09 [Mon], 2008, 23:06



企画書ばかり書いていたので、ブログの更新がすっかり疎かになってしまいました。こんなブログでも見てくださってる方もいるようなので久々にちょいと書いてみます。だんだん夏らしい季節になってきましたが、朝晩はまだ肌寒い我が家。3シーズン目を迎えたオオクワペアは気温が上がる日中によく活動しています。逆にこの春レイアウトを組んだ新成虫のペアは夜に元気に動き回っているようです。高さのあるケージに入れているせいか、♀はノコやミヤマなみによく飛んでます。オオクワもけっこう飛ぶのね。そろそろ産卵セット組まないとまずいかな。交雑のことも気になるし(汗)

交雑が!!!!

April 03 [Thu], 2008, 21:15



 このテラリウムの住人はオオクワガタ♂♀とコクワガタ♂の3匹です。まさかとは思いましたがこんなことになっちゃってました。この♀に産卵させたらオオコクワが産まれちゃったりするんでしょうか。



コクワ♂49mmとオオクワ♀38mm
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:kuwakitikuwami
読者になる
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
POKKUN@職場
» 交雑が!!!! (2008年04月10日)
腰痛アドバイザー
» 植物の成長 (2008年03月20日)
POKKUN
» 植物 (2008年02月29日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
■■■【ケージ】■■■
■■■ 形やサイズが 色々選べてお薦めです ■■■
■■■【ミニ観葉/ミニ盆栽】■■■
■■■ 自然環境をリアルに再現させたいなら■■■
誕生日や記念日に「月の土地」を買おう!!
http://yaplog.jp/kuwakitikuwami/index1_0.rdf