桑の葉茶のお陰ですよね 

October 20 [Mon], 2008, 14:03
滋賀県 Kさん

20代の始めに体調を壊してから便秘がひどくなり,顔の吹き出物や口内炎も悩みの種でした。時々薬で無理やり出したりしていましたが,そうすると何日かは胃腸の調子が悪くなってしまいます。ある日,雑誌の特集で桑の葉の便通作用について読んで,すぐに試してみました。そうすると,ここ何年か体験したことのないスッキリ感を味わうことができました。ビックリです。便が体内に残る感じって,何ともいえなく気持ち悪いものですが,その時は久々の爽快感でした。ああ,凄くいいんだと思い,それからずっと続けています。

岡山県 網敷さん

去年の6月4日のことです。医者知らずの私が初めてと言ってもいいくらいに病院に行ったのは。急に頭がふらふらして,もうろうとしてきました。直感で,単なる疲れではないな,と思いました。その日の午後早い目に仕事を終えて病院で診てもらうと,「糖尿病」だと言われました。ここ5年で体重が10キロも増え,仕事が忙しくなるにつれ運動もできなくなっていたので,今思えば当然の結果だったかと思います。病院での検査の結果は,血糖値が275,中性脂肪も200を超えていました。さらに,脂肪肝であるとも言われてしまいました。それで,家内が見つけてきたので,毎日飲んでいたお茶を桑の葉茶に変えてみると,次の検査時には血糖値が下がっていたので,なかなかこれは良いな,と思った訳です。

今で4ヶ月続けていますが,順調に下がってきていますね。体重も5キロ減りました。これはウォーキングを始めたこともあるかと思いますが,全般的に健康になった気がします。

桑の葉茶でダイエット 

October 20 [Mon], 2008, 12:08
桑の葉茶とは?

桑は日本の各地で自生、または栽培されている落葉性の高木で、葉や実が健康づくりに利用されてきました。その桑の葉を乾燥・焙煎したのが、香り高い健康茶、ダイエット茶として知られる桑の葉茶です。

桑の葉の成分と効果

乾燥した桑の葉には、牛乳の約24倍のカルシウム、納豆の約15倍の鉄分が含まれています。また、桑の葉にはビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富です。 古くから、桑の葉は中国では漢方として血液の流れを良くしたり、ダイエットや美容に、せき止めや喘息、滋養強壮に良いといわれています。

日本では民間療法として供されてきました。また、桑の葉のみに含まれる有効成分「I-デオキシノジリマイシン(DNJ)」が、『低インシュリンダイエット』の作用をもたらすとして注目されています。

桑の葉茶ダイエットでおいしく体内脂肪を洗い流そう!

桑の葉茶には、「Iーデオキシノジリマイシン(DNJ)」という成分が含まれています。このDNJは、桑の葉茶の特有成分ながら人間の身体には大変有用な成分であり、αーグルコシダーゼ(二糖類分解酵素)の活性を阻害することによってブドウ糖の吸収を抑え、食後の血糖の上昇を抑制することができ、過度のインシュリン分泌を抑えます。

ホルモンの一種であるインシュリンには、消費されずに残った血中の糖質を中性脂肪として蓄える働きと、いったん蓄えたエネルギーを分解させないように制御する働きがあります。つまりインシュリンの分泌が増えると、脂肪がどんどん蓄えられ、代謝されにくくなり、太りやすくなります。常にインシュリンの分泌が多い食事、つまりごはんやパン、ラーメンなどの炭水化物や甘いものを好んで食す生活を送っている方は、それだけでやせずらい体にしているといっていいでしょう。

そこで桑の葉茶特有の成分DNJは、過度のインシュリンの分泌を抑え、体内に脂肪が蓄積されるのを防ぎ、糖質の代謝を促し、太りにくい体に改善します。これらの働きが、低インシュリン効果として、非常にダイエットに有効なのです。

また桑の葉茶が、血中コレステロールの増加も抑制する働きがあるという研究成果も確認されています。

さらに桑の葉茶には、健康維持に欠かせないカルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄などのミネラルや食物繊維、ビタミン、フラボノイドを豊富に含んでいます。なかでも、食物繊維は、血糖値の上昇を抑える補助を効果的に行います。

また、カリウムには利尿作用や、体内の水分バランスを整える作用があり、ダイエットの大敵である顔や下半身のむくみを改善し、小顔・引き締まった美脚が期待できます。 これら桑の葉茶のダイエット効果を活かすには、食前茶または食後茶として、おいしく摂るのがよいでしょう。
http://www.store-mix.com/ko-bai/product.php?afid=10810644&pid=109473&oid=5699&hid=172196&aftype=pct10

2ヵ月後くらいの検査で,血糖値が健康診断の時よりかなり下がっていました 

October 17 [Fri], 2008, 17:14
大阪府 遠藤さん
会社の健康診断で,医者から血糖値が高いので気をつけるようにと言われたのが,昨年の9月の中旬のことでした。夏場のビールが癖になってしまい例年より多く飲み過ぎていたので,検査の時心配していたのですが,やっぱりと思いました。何とかしないといけないと思っていた時に,この桑の葉茶 を知り飲み始めましたが,元々あまり期待していた訳ではありませんでした。正直。ビールを飲みたくなるのを抑えるために,何かあったらすぐにこの桑の葉茶を飲みました。お腹がいっぱいになると,そんなにビールも飲みたくなくなるものですね。

それから2ヵ月後くらいの検査で,血糖値が健康診断の時よりかなり下がっていました。180あったのが120ほどになっていたからです。相変わらずビールは飲んでいましたから,桑の葉茶のお陰ですよね,ヾ(@^(∞)^@)ノこれは。私みたいなのんべえにはお勧めではないでしょうかって,ビールをやめられたら一番良いんですけど……。

桑の葉茶は飲みやすい?そして、効果的な飲み方とは? 

October 17 [Fri], 2008, 16:54
桑の葉パワーは、お茶にすることで毎日取り入れることが出来ます。有用成分は、水に溶けやすく、100度程度の温度では壊れることもありません。食中、食後に飲むというのが特に効果的です。1日6回。1回量は湯のみに1杯(180cc)です。 

  ● 沸騰したお湯にティーバックを入れ、5分〜10分間浸して下さい。ティーバック1袋につきお湯500mLが目安です。

注) 香りがぬけるため煎じないで下さい。
○ 冷やしても美味しくお飲みいただけます。
○ ノンカフェインですので、就寝前にも安心してお飲みいただけます。
良品も多数あるでしょうが、オススメはこれです



桑は各種の薬草のなかでも不老長寿の妙薬として古くより言い伝えられています。また、桑にはその用いる部位によって血圧降下、利尿、滋養強壮などのさまざまな薬効が知られています。
 しかし、なぜそのような効果があるのかについてはよくわかっていません。
でした。最近の研究によって桑葉には成人病の予防に効果のあることが次第にあきらかになり、今後の有望な食品素材として注目されるようになっています。
 今まではカイコの食べる唯一の食物として知られていた桑葉は、現在の高齢化社会の進展や食生活の変化などに伴って増えつつある成人病に対して予防的な役割を果たすものとして期待されています。

http://www.store-mix.com/ko-bai/product.php?afid=10810644&pid=109473&oid=5699&hid=172196&aftype=pct10

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kuwahacya
読者になる
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる