お茶村の神仙桑抹茶ゴールドってな〜に?

May 17 [Tue], 2016, 14:53
今の日本は、健康志向の人たちばかりで、いわゆる健康ブームの真っただ中です。

そんな中で、神仙桑抹茶ゴールドと言うような桑抹茶が注目を集めています。

その理由として、日本人の中高年の間で糖尿病やメタボなどの生活習慣病が社会問題になっているからだと思います。

神仙桑抹茶ゴールドは、実は福岡県の製茶業を営む会社「株式会社お茶村」が製造販売している健康食品です。

製茶の技術に長けているお茶村さんが、抹茶を製造する技術を用いて、桑の葉、シモン、緑茶をミックスしてパウダー状にしたのが「神仙桑抹茶ゴールド」です。

桑の葉と言うのは、養蚕業の蚕のエサだというイメージが強いのですが、実は、中国の漢方でも健康に良いと言われていました。

神仙桑抹茶ゴールドを試した感想について

May 17 [Tue], 2016, 14:46
神仙桑抹茶ゴールドは、今までご紹介してきたことからもお分かりのように、桑の葉の青汁になります。

ケールの青汁のように、苦味がありませんので、他の青汁が飲み難いのに比べれば、比較的、飲みやすい青汁ですね。

素材に、抹茶が入っているのが、美味しさを増しているように感じます。

ただし、水には溶けにくい感じがします。

どうして溶けにくいのかと言えば、素材は、桑の葉、抹茶、シモンの3種類のパウダーだけを用いていて、添加物は全く含まれていないからです。

溶けにくいのは、無添加だからと思えば、逆に、安心して飲めますね。

それでも、シェーカーを使えば、水に簡単に溶けちゃいますので、心配はご無用です。

<オススメ青汁のご紹介>
神仙桑抹茶ゴールド(お茶村)の口コミ・評判と体験談レビュー:神仙桑抹茶ゴールドを詳しく紹介しているサイト

私のオススメの飲み方は、神仙桑抹茶ゴールドは、牛乳や豆乳に混ぜて飲むやり方です。
牛乳や豆乳の甘さとまろやかさによって、更に美味しく飲めるようになりますよ〜!

毎日、水ばかりで溶かして飲んでいると飽きてしまいますので、ご自分でいろいろとお試ししてみると良いですね。

桑の葉の成分について

April 19 [Tue], 2016, 0:25
神仙桑抹茶ゴールドに使われている素材は、桑の葉、緑茶、シモンの3つです。

そのうち、桑の葉がメインの素材として採用されています。

桑の葉に含まれている栄養成分は非常にバラエティに富んでいます。

例えば、ミネラル成分は鉄分、カルシウム、カリウムなどなど・・・。

そしてビタミン成分は、ビタミンB1、B2、C、カロテイン・・・。

更にDNJ(デオキシノジマイシン)や食物繊維などなど・・・。

ミネラル成分やビタミン成分は、こんな感じですが、もっと注目すべきなのは、やはり糖尿病予防やメタボ予防に有効なDNJ(デオキシノジマイシン)ですね。

中年を過ぎてくると、ポッコリお腹が気になってきますし、糖尿病も要注意ですね。

そんな方は、やはり神仙桑抹茶ゴールドを飲む習慣を作るのが良いと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kuwachan
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kuwa9/index1_0.rdf