ママからの手紙 

2011年03月16日(水) 10時01分
長いこと、彼と関係を続けてきましたが、やっと気持ちの整理がついたので、改めておわびと真実をお話ししたいと思います。

彼から、多分おおかた話は聞いていると思いますが、なにせ自分に都合のいい話しかしていないと思うので、全部おはなししようと思います。
そうでなければフェアではないと思うんです。
一度別れた二人がヨリを戻すのだから、お互いに嘘はいけない。
つらいことでも真実をしっかり話して、それでも二人がお互いを必要とするなら続ければいいと思うのです。

まず、出会いはチケットの譲渡でした。アニキの芝居です。
その後、改めて合った時に関係を持ちました。その次に合ったときは彼が横浜のホテルを予約してくれて泊まりました。
それからは、私が彼の家に泊まったり、一週間おきに週末は家に来ていました。
そのころは全く、あなたの存在は知りませんでしたし、話もされませんでした。
私が妊娠するまでその関係はずっと続いていて、あの時の騒動はご存知ですよね。
その後、距離を置こうとしましたが、彼が私の職場に様子を見に来てばったりあってしまい、また復活してしまいました。
海の家を手伝っているときに「彼女と別れる」と言ってくれたのを真に受けて、実はもう一人子供を堕ろしました。(このことは誰も知りません。私と彼しか)

海の家のあと、二人で仕事をしようと話しあって立ち上げをしました。
私がいれば、収入が安定すると思ったから。毎月お台場で行なっている大会は私の企画です。きちんと収入が入れば、お父さんやお母さんも喜んでくれると思ったから。
そのためなら、自分の出来ること、出し惜しみなくやろうと決めました。
彼のためなら、誰にどう思われてもいいと思っていました。
あなたのこと、いつも引っかかってはいたけれど考えないようにしていました。
自分が挫けたら、この関係は終わりだから。
もちろん、たくさん喧嘩もしました。なんどももう終わりだって思いました。
でも。その度に、たくさん話して泣いて抱き合ってきました。絆はどんどん深まるばかりでした。

私のmixiを読んだと聞きましたが、あそこに書かれていないふたりだけの時間をたくさん過ごしてきました。合うたびにいつも抱き合っていました。だからずっとピルを飲んでいました。
それでも、私は我慢してきました。二回も生命の種を摘み取ったのですから。目の前の愛する人の為に。

今回のことがあって、お二人がお別れした夜、私は彼の家に行き「こんな情けない男だけどこれからよろしく」と言われました。嬉しさと放心状態でした。その二日後に天国から地獄へ落とされました。
それでも、私を失うのは辛いと彼は言いました。

この前の伊豆でも関係を持ちました。
それが最後ということではなく、これからも別れられないからこんどこそ誰にも悟られないようにしていこうという約束のもとでした。

今回気持ちの整理がつくまでにはいろいろあって、苦しんだし、悩んだし、泣きもしたし、今でもあまり眠れませんが、食事はだんだん出来るようになりました。

あなたには申し訳ない気持ちがたくさんあるのと同時に心配で。大きなお世話だとは思いますが、これからも多分、彼は同じ間違いをすると思います。相手は私じゃありませんが。
それでもその度に許すの?って。
ま、私が言うことではないですね。すみません。

誤解しないでいただきたいのは、二人を揉めさせようとしているわけではないです。
ただ、嘘をつかれたまま彼を許したら、次の嘘がバレたとき、また苦しむのはあなただから。
それだけが同じ女性としてどうしてもそのままに出来ませんでした。
自業自得だけど、私だって死にたくなるくらい苦しんだから。

最後にひとつだけ聞きたいです。
いままでもこれからも嘘をつき続けられても、彼を愛し続けることが出来ますか?
バレなければ大丈夫ですか?
だとしたら、あたしはまた同じことを繰り返すかもしれません。

それでも彼を信じていられますか?
幸せになれると思いますか?

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:空(くう・猫・♀)
  • アイコン画像 趣味:
    ・恋愛
    ・ペット
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像
» バレンタイン (2009年02月15日)
Yapme!一覧
読者になる