天地人 其の七 

February 21 [Sat], 2009, 2:21
直江様(景綱・宍戸錠)がお亡くなりになってしまいました。。
謙信は景綱こそ第一の家臣とねぎらいますが、ううう。謙信が
こんなことを言うなんて・・・

この機に直江様のことを調べていましたら、なななんと直江様、
川中島の合戦では武田信繁軍を敗走させたとありました!!
典厩殿を・・・それはかなりの剛勇な。

兼続は故郷の上田庄に戻り、雲洞庵で謹慎中なのですね。
そんなこんなのうちに、お船は直江信綱(山下真司)と結婚。
信綱との初対面の景勝がやけに渋い顔をしていたのが多少
笑えました。まあ・・初恋は実らないと申しますので。

弟の与七が、かねてから病弱であった兼続の母お藤(田中
美佐子)が危篤との知らせを兼続に伝えに来ます。意地をはる
兼続にはやきもきしてしまいました。。早く帰ってあげなよ・・

どうにか今際の際に間に合い、兼続の顔を見て母は息を
ひきとります。最期に言いかけた言葉が何だったのか・・・しかし
母は、弟や妹のことよりも、幼い頃に遠く離れた兼続のこと
ばかり心配して気にかけていますね。

これを機に、兼続は果たして成長するのでしょうか。。

天地人 其の六 

February 21 [Sat], 2009, 1:43
う〜む。。正直流してみてしまったので、今回は感想も短めです。

秀吉と勝家のやりとりの件がちょっと印象に残りました。信長の家臣
たちは、みんな大変だなあと。

さて。ようやく初陣の兼続ですが、戦地に出てはいても、なかなか
敵を斬ることができないようですね。確かに・・命乞いをする者を
斬れと言われても、わたしもムリです。覚悟の違い、なのでしょうか。
慣れることができることなのでしょうか・・ひどく葛藤します。

雲洞庵で共に育った上田衆の仲間達は、みな兼続よりも年長なので、
やはり慣れているように見受けられますね。戦国時代とはいえ、
戦うことに抵抗がなくなり、誇らしく思えるのは、何度目の戦場に
赴いた後のことでしょうか。誰しも初陣であれば同じような気持ちでは
ないかと。

兼続は景勝に「もう二度とあやまるな。強くなれ。」と言われてしまいます。

落ち込む兼続に、直江様(景綱)が声をかけてくださいます。
「決して生き急いではならぬ。上杉の行く末を、しかと頼んだぞ」と。
これは・・・もしや直江様、もう長くないのでは・・と思ったとたん、ぐらりと
倒れてしまいます。あわわわ直江様!!

上杉家臣団の筆頭である直江家の家督を継ぐために、お船に縁談の話が
もちあがります。お船の気持ちのわからぬ母お万(萬田久子)は、これで
娘も女らしくなるとばかりに喜んでいますが、さすがに仙桃院(高島礼子)
はするどいですね。

陣中で揉め事を起こしてしまった兼続は、上田に謹慎になってしまいます。
さてさて、どうなることでしょう。。

天地人 其の五 

February 01 [Sun], 2009, 23:01
第五話です。天正2年(1574年)5月、兼続は信長の使者
初音(長澤まさみ)に連れられ、信長の居城である岐阜城に。

確か岐阜城下には、宣教師フロイスによって「地上の天国」と
紹介された、南蛮様式を取り入れた四層の華麗な楼閣もあり、
そちらが信長の居館だったらしいのですが、兼続が滞在して
いたのは岐阜城内なのでしょうかね?こちらも、さすがに華美
で豪華!南蛮贔屓の信長好みにしつらえてありましたね!

八角形のテーブルに天球儀に、気になったのは初音が弾いて
いた鍵盤の楽器ですが、あれはピアノでしょうかね?

電気が作れるようになるまでは、パイプオルガンの空気は
人力で動かすふいごによって送られていたそうなのですが、
まさに人が何やらふいごを使っておりましたね!

秀吉のお世辞上手っぷり、そして洞察力、空気の読み方も
素晴らしかったですね。さすが秀吉・・・と思いながら、ひどく
気分屋であろう信長の、部下達の苦労を垣間見ました…^^;

信長と兼続が八角形の机に対面して、椅子に座ってワインを
飲んでいたときの、初音のポジションもかなり気にかかりました。
同座していた秀吉が椅子の下に控えているにもかかわらず、
初音は信長の横で椅子に座っていましたね!

真田幸村の姉という設定ということは、秀吉配下…ではないの
でしょうかね。むむ…この時点ではまだ長篠の戦いより前なので、
・・・あ、幸村はまだ父の真田昌幸と武田軍に居るはずですね!
う〜ん、しかしなぞの存在です、初音・・・信長に重用されていた
という設定なのでしょうね。。

秀吉に忠告してもらっていたにもかかわらず、信長にズケズケと
意見してしまった兼続は、あわや殺されそうになってしまいますが、
登場した石田佐吉(後の石田三成・小栗旬)に助けられます。
あ・・・三成の髪型はこの時点ではまだこんな感じなのですね、と
いうのは禁句でしょうか・・・(笑)

九死に一生を得たにもかかわらず、信長ってスゲースゲーって…
かなり単純な兼続・・・純粋ですね(笑)。でも、意見したときは
やっぱり怖かったんですね、可哀想な位震えていましたものね。

ここで天正3年。長篠の戦いです!設楽ヶ原が赤備えの亡骸に
埋もれています・・涙。無残にも折れた花菱の旗が切ないです。。

その後、信長攻めに踏み切れず苦悩する謙信…しかし亡き信玄
への義理立てなのか、「武田は攻めぬ」と。!!!
これ、聞きたかったです。さすがは義を重んじる謙信公!!涙。。
(すみません、ただ単に武田家臣団好きなのです・・・)

そして謙信が篭っている、毘沙門天の安置されている洞窟で、
まさかの景勝の大告白でしめくくりです。
あんなに無口で口下手な子が・・・兼続も感動のあまり涙して
おりましたね!ちょっと私も涙してしまいました。

義とは、人が人として在ることの美しさ・・・犠牲になる民のことを
想って苦悩する謙信に、義とは戦の口実でしかないと、そう
言い切る信長。しかし信長の所業も、戦のない世にするため。
信念とする核は随分と違いますが、どちらも孤高の存在であり、
重責を抱えて決断をしなくてはならない立場は同じですね。

そうそう、ここで景虎に道満丸が生まれていましたね。この子の
この先を想うと・・・幸せそうな光景がやけにつらく感じました。。

天地人 其の四 

January 26 [Mon], 2009, 2:18
さて第4話です。時は天正元年(1573年)。言動が若いなあと
思いながら見ていましたが、兼続はまだこのとき13歳ぐらい
なのですね。そう考えますと景勝も17歳ほどで、前回と今回の
初恋の初々しい感じにも納得です(笑)もっと、その年齢に合う
子役を使ってもよかったのではないかなとも思いますが…。

しかしお船は男勝りですね!男達の宴の席で、女ひとり豪快にも
酒をたらふく飲んでケロっとしておりますね。さすがは直江家の
あととり娘です!その時たまたま景勝の屋敷の外を通りかかった
直江景綱(お船の父)たちも、やたらへべれけに酔っ払っておった
ように見えましたが、謙信の重臣たちはよく集まって飲んでます
よね(笑)さすがは北国越後の人たちです!

謙信と姉の仙桃院も毎回セットでの登場ですね。今回はふたりで
恋の話までしており、この姉弟の仲良しっぷりにはいつも驚かされ
てしまいます。お悠(お船の姉)が謙信を慕っていることも仙桃院は
本人にズバっと言ってしまいますが、やはり上杉謙信はストイック
ですね!毘沙門天の化身なので、生涯独身を貫いたのですよね。
とても素敵です。

ここで過去話が入ります。雪の中、雲洞庵から抜け出した与六を、
喜平次が迎えに行く幼い頃のシーンなのですが、なんと!その時
与六が抜け出し家に帰ったことに気付いていたのは、喜平次だけ
ではなかったのですね!他の小姓たちの、喜平次への心の絆も
その時に芽生えていたとは!上田衆の皆の結束力の固さを実感
できた、とてもよいエピソードだったなあと思います。

感動的なお話がもうひとつ。病床に臥している兼続の母(お藤)が
昔幼い与六にもらった干菓子をお守り袋に入れて大切にしていた
シーンはじわりときました!田中美佐子…大好きです!どんどん
弱っている様子が、とても心配ですが。。そして兼続の弟・与七の
登場!小泉孝太郎、えらく可愛い演技ですね!…11歳ぐらいで
あろう与七に子役を使わないところは驚きますが、小泉孝太郎の
がんばりには拍手を送りたいです!

そういえば、お船と買い物に行った時の兼続の格好が、なんとも
可愛いかったですね!足出してますが、外出用にはああいう袴も
着るのですね!ああいうのって、もっと童とか身分の低い人が着る
イメージでしたので斬新でした〜^^ 

あとは、置いてけぼりの又五郎に笑ったり、初音(長澤まさみ)も
出てきましたが、さてさて。次回がまた楽しみですね。

天地人 其の三 

January 18 [Sun], 2009, 21:28
第三話です。既に、兼続が景勝に伴って謙信の居城春日山城
で生活をしているみたいですね。兼続が城下町を歩いたり、
お船のお屋敷を訪ねたり、謙信の家臣が集まって出陣を祝う
宴の席が催されたりと、お城内外の場面も出てきて面白いです!
(城下に、謙信とは別で景勝のお屋敷があるのでしょうかね?)

今回は景勝の初恋…なんと、お相手はお船なのですね!笑える
ぐらい恋煩いによって腑抜けになってしまって…(笑)
お船は与板城主の直江景綱の娘であり、兼続の従姉。随分
年が離れて見えますが、景綱は兼続の母・田中美佐子(お藤)
の兄上なのですね。景綱(宍戸 錠)の妻・お万が萬田久子。
萬田久子、なにかとよく出てきますよね^^

行儀見習いのために与板城から春日山に呼んだと景綱が言って
いますが、お船は気丈にも暴れ馬をおとなしくさせたりと勇ましく、
姫という感じではないですね^^ 直江家の家名を残すために、
ゆくゆくは兼続が婿に行きますが、ザ・姉さん女房!といった感じ
です。景勝も全く相手にされていないような…(笑)

景勝は、謙信主催の宴の席でも、軍議の間でも、景虎(玉山鉄二)
と比べられて、一城の主にしてはどうにも頼りないような、不器用
な感がするのですが、出陣前の兼続の大告白を見ていますと、
家臣の上田衆の皆には慕われているようですね。ちょっと安心
してしまいました〜^^ 最初ひどく心配そうな顔で兼続を見ていた
パパイヤ鈴木(甘糟 景継)が印象的でしたが、そういば、雲洞庵の
小姓時代にも、パパイヤ役の子役の子はよく兼続の動向を心配
そうな表情で見守っていましたね。

上田衆も仲良しですが、景勝と兼続も追いかけてお尻をたたこうと
したりと仲がよくて、ほんとうの兄弟のようでほほえましいです。
雲洞庵で幼い頃から共に育ったことが功を奏したようですね!
兄弟といえば、景勝の妹の華姫(相武紗季)もまた、母(高島礼子)
と共に春日山に住んでいるようですね。あんなに可愛い妹が居ながら
ひと目でお船(常盤貴子)に心奪われてしまう景勝にも笑えます。
(なんというか、北村一輝のあんな演技が見れるとは…笑)

そういえば、景虎はほんとに美しいだけでなく、聡明ですね!しかも
人もよさそうな…。御館の乱が近づくのが悲しいです。。そして、謙信
ですが、もう既に出家し僧形になっているようですね。さてさて来週も
楽しみです。予告では、初音(長澤まさみ)も出ていたようでしたが…
どうなるのでしょうね。
2009年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
何か御座いましたらコチラへどうぞ。

TITLE


MESSAGE