老人は修理ミシンゆらゆらされ男子7つのパーツ交換し

March 17 [Mon], 2014, 15:35

■当時家は2人の老人、騎虎の勢いの朱さんがお金を払ったしかない


■彼に布を補修費市場が、十分二台買った新しいミシン


修1台の旧式のミシン使った700円、この値段が完全に二台買った新しいミシン.最近、岳塘区曙光コミュニティの朱さんが食べただけのような人に言えない損失.11月6日、このことといえば、朱じいさんは非常に怒る.

p>と<修ミシン


は3年前、朱おじさんの連れ合いは患上した認知症、生活の日常生活は完全に朱爺さんが一人の世話をする.


前は家の服、布団は壊れては連れ合いを、私はこれらの針仕事.朱さんは家に台の前世紀の70年代の古いセクションミシン、4、年長くなっただけでなく、止め金が壊れた、ボトムライン時も出ないで、何年も前に使えなくなった.


朱さんとずっとそれを修理して、それで簡単な衣類を縫って、どこにメンテナンスを知らないが.


9月2日、朱様に岳塘区建設南路工業品市場野菜を買う.市場の入り口に、彼を十六七歳の女の子を一枚の修理ミシンの札.前に聞いてみると、出張修理520元さえすれば、そして朱さんが殘した電話も住所.


当日朱俺様を買い終わって料理が家に帰ったばかりで、40歳くらいの男性はかばんを背負って訪れる、彼は自称上海ミシン総工場の整備員.たまたまこの近くにユーザー修ミシン、ついでに上がってきて見てみよ.

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:空美
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kuubi/index1_0.rdf