どうしよう 

July 30 [Sat], 2005, 23:53
やっぱり、どうしたって、
私はあの夏が忘れられない。

たった二時間、あの夏が帰ってくるかもしれないって思っただけで、
もうそれだけで泣きたくなる。

姫野が始まるときは死ぬほど悔しかったのに

田中が、プチデブが、安田が、花村さんが、だってあそこにいたんだよ。
ねえ、あの二人も、高原さんも、元気ですか。

あの夏から逃げた私は、
それでもあの夏を忘れられない。

つらつら2 

June 07 [Tue], 2005, 1:39
大人か子供かの判断基準の一つとして私の中で、過剰反応、という行動をするかどうかというのがあるのですが。
これは良くも悪くもアレなので過剰反応しなきゃ良い、てわけじゃないんだけど、まあ。

何でこんな話を出したかって、基本的に私何でもどうでも良い人間なんだけどやっぱり嫌い、どうしてもやだ、てのがあるなって思った。から。
今日キムさま出演のげつくドラマを見てね。別にキムさまはどうでも良いんですがあの、女の人の言った、そうだよね辛いよね苦しいよね、だったかなんかの台詞に物凄く気持ち悪くなってチャンネルを変えた。過剰反応した。何がしたくて見てたわけでもなかったんだけど。あの台詞は小さい子達に話し掛けるための台詞だったって分かってんだけど。
私ああいう喋り方と相手に同調しようとするという行動が凄く嫌だ。
ドラマだけじゃなく実際現実でも、どんなに相手が私を思ってくれてても、心配してなんとか慰めようと持ち上げようと頑張ってくれてるって分かってても、それでもやっぱりダメだアレ。比喩でも冗談でもなくぶっ飛ばしたくなる。
ほんと死ぬほど思うんだ、ほっといてくれって。すきな人もきらいな人も関係なくなる。もーみんな私に構わないで私は土です壁です、て。
ほっとかれるのが一番幸せ、て普通じゃないの分かってるよ、でも私自分がされて嫌なこと人に出来るほど性格曲がってないんだよ困ったことに(笑)
笑えねえっつの。


うーん 

June 07 [Tue], 2005, 1:39
いいなーと思ってた人と付き合うことになりました。でも私抱きついたり抱きしめられたりするのは凄いすきなんだけどエッチは好きじゃないのです。どうも思考が子供のままのようで。どうあしようかなーとちょっと本気で悩んでいる所。
基本的に自分が特に求めていない人は避けたい人間なんですが、欲しいと思ったら物凄く甘えたくなる。唯甘えるだけ。それこそ抱きつくとか、凄く幼稚な方法でのみの。その上に極度の落ち込み癖が重なるので私恋愛時はホント鬱状態になりやすくなります。自信持てないとネガティブな方向にばっか思考が向くから。だからホントは多分身体によくない(笑)でも相手に依存してるのばれるのが恐ろしくて極端にそっけなくしちゃうのな。だって適度な距離がわかんないんだー。

ごがつだからとかそういう 

June 07 [Tue], 2005, 1:37
遅ればせながら5月病突入の予感。
んなモンなってる場合じゃないんだってばよ。AJCC頑張るんだろ、私。
去年は酷かったから、今年はマシだと思うんだけど。さて金という動力源は何処まで私を動かせるかな。

そういえばこないだもけっこうやばめで軽く死ねる感じだったんですけどもね、死にゃしねーけどさ、でもその日4時間だけだったから頑張っていこうと思ってさ、行ったわけですよ。
したらカウンターと厨房両方で超重要なオーダーの映る画面と注文入力する機械が一気にぶっ壊れてね。そしてそういうときに限ってハードクレーマーが来たり厳しい株主の方が来店なさったり(マジで恐ろしかった怖かった)
死ぬほど忙しいのに平日の夜なモンで人が足りなくて結局5時間ですよ。ていうか5時間半か。まあ5時間立ちっパなんかはザラだから良いんですけど、問題はそこじゃなくね。増えたということがまずダメージって言うか。
悪いことって続くものですね。まあでも終わった時にはむしろソレが楽しかったって思えるぐらいにはなったから良かったけど。
クルーの人たち皆良い人でホント涙出る。優しくて元気で、素敵な人ばっか。
嗚呼ホント、
うん、頑張れるな。
頑張れるよ、私。

よし、がんばる。楽しむぜ。

あー 

June 07 [Tue], 2005, 1:37
あーまずい。
全部ブッチしたい。
ほっといてくれーかまわんでくれー
ウン分かってる、知ってる、心配してくれてんの分かってんだよ、あんたらが優しいの分かってんだ、お前らがちゃんと私を好いてくれてるんだって分かってんだよ、
でもだからよけいキッツイつーのー
もーなーグラグラしてる時に自分が最低なの再確認したくないんだってば
お前らの好意踏んで潰して上を通り過ぎたくて堪らん自分なんか見たくない
だからお願いちょっとほっといて
あとちょっと、もう少ししたら元に戻るから戻すから

つらつら 

June 07 [Tue], 2005, 1:35
だって無視なんか出来ないんだ。
自分を育ててくれた親の言葉だ。
自分の大切な人が自分を思って言ってくれているかもしれない言葉だ。
例えソレが親の望みでしかなかったとしても、それでも無視できないんだ。
自分が、やりたいことが、あっても、でも。
自分は親に生かしてもらっている身で、親がいなくてはまだ生きられなくて。
でも、でも私には親のいない未来が待ってるんだ。

どうすればいいんだ。
どうしたい、ってのはわかってる。
でもそのどうしたい、が通らない、我侭言って通すわけには行かない時は、一体どうしたら。

満足できるかどうかなんて進んでみなきゃわかんない、
上手く行くかどうかなんて、諦めずに無理矢理にでも頑張る価値があるかどうかなんて、そんなことは
でも、でも怖いんだ。
自分は世界を知らない。親は自分よりは知ってる。
でも親だって間違うことは勿論有るし血のつながっている家族でも考え方なんて違う。価値観だって違う、それもわかってる。

満足できるかもしれない可能性に掛けるか、
無難で平穏が約束されてる道へ行くか、

そんな両極端な道を、
今この瞬間で決めるなんて、

しあわせなら、 

June 07 [Tue], 2005, 1:34
幸せなら手を叩こう
幸せなら手を叩こう
幸せなら態度で示そうよ
ほら皆で手を叩こう


言わないでもわかってよ、何で気付いてくれないの、て言葉はだいきらいだ。
残念ながら私は電波受信できる人間じゃないのよ。

善悪 

June 07 [Tue], 2005, 1:34
判断基準なんてのは人それぞれだから、何が良いか悪いかなんてことを納得できるように決めるのは自分だけしか出来ないはずだ。
そんでもし、自分の納得できる答えが世間一般の答えと違ったとしたら、それは間違ってるってことになるんだろうか。
んなことないと思うんだけど。
「一般的でない=正しくない」って、なんだかなあ。
皆が皆納得できる答えなんかあるわけないんだよね。
極端な話だと、人を殺すことはいけません、なんてのは大抵の人がそうだと思ってるわけだけど、もしかしたら己の中の確固たる判断としてそれがいけないことだと思わない人だっているかもしれないわけで。

可能性の話をしたらキリが無いけど、でも可能性ってのは確かに存在するもんなんだ。
絶対にありえないことなんて、無い。
絶対に有りえないことがある可能性も有るけど、無い可能性もある。

世界 

June 07 [Tue], 2005, 1:33
人ひとり失ったところで、世界は何も変わらない

これは確かに、間違っていない、と思う。私の中の判断基準としては。
ただ、世界って言うのはこの場合たくさんのたくさんの生き物、無機物、そんな大きな全てを包む世界の話であって、私という一人の人間が認識できていると思っている『世界』は、ものすごーく狭い、そんなことは当たり前。
ならば、その『世界』では確実に何か失われて、変わってしまってる。誰かを失ったその気持ちを他の誰かに押し付けるわけでもないのだから、落ち込んでみたり悲しんでみたり、そのくらいは良いじゃない、きっと。
ただ、人間は”忘れる”という手法を持って何かを失った傷を癒していく。どっかの誰かがそう言っていた。
そういう意味では、いつかはまた元に戻って”変わらない状態”に再びなるのだろうけど、その『世界』も。

大きな世界とか、大きな空とか、そんなもの基準にして自分を小さく思う必要なんて何も無いと思うんだ。
自分が認識できる中で、自分を精一杯感じて抱きかかえてそうして生きれば良い。
どんなにどんなにキツくても、私はそうやって何かに比べたらちょっとはマシ、なんて考え方したくない。

弱音も、 

June 07 [Tue], 2005, 1:30
弱音も本音の一部でしょ、という言葉を某サイトさんで拝見しました。
ああ、そう、なんだよなあ。
あんな弱音を吐いてた私は私じゃないとか、そう思って顔上げて前向いて、進むのも良いけど。
でもちょっと余裕が出来たら、振り返ってその弱音、それもホントの言葉だったねって認めてあげたいな。自分を。自分に一番優しく出来るのは、自分が何されれば嬉しいかわかってる自分だから。そんなのわかったの最近だけども。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kutibara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる