運動で糖尿病を改善すれば、薬・注射なしで大丈夫

February 27 [Thu], 2014, 23:43


運動療法を行えば、薬や注射なしで糖尿病を改善することが可能です。

その際、運動のコツがいくつかあります。まず1つは、食後に運動を行うことです。

食後すぐに動くと内蔵に負担がかかるために、1時間ほどしてから運動を開始します。

遅すぎると効果が低くなってしまうので、このタイミングがベストです。

食事によって上昇した血糖値を、運動によるブドウ糖消費で安定させることができます。また、運動の種類は、有酸素運動が効果的です。

目安としては、息が上がらない程度の運動、30分ほど継続し、長期間継続できる運動です。

具体的なものをあげれば、ウォーキング、サイクリング、水泳などがあります。血糖値の安定の他、肥満解消によってインスリンの働きを向上させることができます。

また、無理のない運動が肝心です。

運動療法は、1ヶ月単位で継続することが大切です。

体の機能を改善させるためには、最低でも2ヶ月ほどかかります。ですから、継続できないきつい運動から始めるのではなく、軽めの運動を週に1回でも行った方がうまくいきます。

運動療法を上手く取り入れて、薬や注射なしで症状を改善できるようにしましょう。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とっておき君
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kusuridekaizen/index1_0.rdf