和食を中心としたグルメについて思っていること 

June 11 [Tue], 2013, 10:04
従来から、テレビ番組や雑誌などを中心として、グルメものの内容について目にする機会が多くあるのではないかと思います。


グルメと呼ばれるものにも、世界中には実にさまざまな内容のものが存在しておりますが、やはり日本人にとって和食のグルメというのは、そこから外して考えることのできないものではないかと言うことができます。


近頃、日本の国内ではさまざまな意味で食の安全性が問われていたり、あるいは輸入食料品が増えてくるような傾向がある中で、日本国内で生産され食卓に登場してくるような食材を使った、和のグルメの存在というのはますます貴重になってきているのではないかと考えることができます。




やはりグルメにとって大切な要素のひとつとして、食材の新鮮さや品質というものが挙げられるのではないかと思います。


料理の腕前というのも、もちろん重要なのですが、食べる側も料理する側も納得のゆくような食材というものは、やはりグルメと切っても切れない仲にあるのではないかと考えることができます。


それだけに食育などの考え方も含めて、和の食材、国内で生産される食材について、もっと意識を高めることも大切なのではないかと考えています。


グルメというのは、食べることが中心なのですが、やはりそれらがどのようにして成り立っているのかまで考えることも時には大切なのではないのでしょうか。